ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カガリ・ユラ・アスハ


ヨミ: カガリユラアスハ
掲示板をミル!
538カキコ!

カガリ・ユラ・アスハとは、機動戦士ガンダムSEED及び、その続編である機動戦士ガンダムSEED DESTINYの登場人物である。

CV:進藤尚美


概要


無印、運命双方の第一話から登場している実質的なレギュラーキャラクターにしてヒロインの1人。無印の中盤で判明したその正体は中立国家オーブ連邦首長代表、ウズミ・ナラ・アスハの。ウズミの実のというわけではなく、主人公であるキラ・ヤマトの実、ヴィア・ヒビキの要望で普通子供として生まれた双子である。因みにこの設定が当初から予定されていたものではかったのか、途中でプロフィールが変更されていたりする。

基本明るく男っぽい口調で喋り、他人と接する時の態度も砕けていて相手に媚びない強気な態度でいることが多い。しかし本人は男と勘違いされることを極度に嫌っており、作中でもキラアスランに女と認識されなかった際にはマジギレしている。一応一人称あたし(もしくは私)なのに・・・
といってもそれは無印中盤での立場上の問題(反ザフト軍のレジスタンスにおび参加)もあり、オーブ代表のとしてきちんとした正装をしている際にはちゃんと女らしくは見えている。

無印第一話で登場し、中盤でレジスタンス明けの砂漠メンバーとして近くに不時着したアークエンジェルとそのクルーであったキラと再会。その後は成り行きでお付きのキサカと共に押しかけ同然にアークエンジェルへと同乗する。ここからオーブへと戻る間にザフト兵であるアスラン・ザラと成り行きで遭遇し、互いに気になる相手として認識するようになる。

オーブ代表のとしての立場が露見し、オーブへと着いた後はアークエンジェルから降りることになる。その後はキラストライクを撃ったアスランと再会し「もうも死んで欲しくない」と思いを込めて、ハウメアの守り石を手渡す。

その後、生きていたキラやそれを追ってきたアスランとの三度の再会を経た後、地球連合によるオーブ進攻作戦に巻き込まれる。そして宇宙へと上がる直前にであるウズミから出生の秘密を明かされ、炎に焼かれるオーブの姿をそのに焼き付けることとなる。そして宇宙に上がった後は亡きの想いを胸に戦艦サナギクルーとして終戦まで戦い抜いた。

DESTINY時代は正式にオーブの代表となるも、年若い故にその立場のしがらみで苦悩する場面が多い。オーブ理念や前大戦の悲劇をの当たりにした人間として強すぎるの愚かさを説いていたが、デュランダル議長やシン・アスカといった人物たちの理解は得られなかった。

地上に降りた後はこれ以上オーブを戦渦に巻き込むわけにはいかないと自分の感情を抑えて、許嫁であるユウナ・ロマ・セイランとの婚約や、連合との同盟締結を認可するも、結婚式場に乱入してきたキラによって拉致される。その後はキラの説得を経てアークエンジェルに同行することになり、オーブ軍が戦闘行動を行うのを阻止する為に度々出撃した。

その後はデストロイガンダムベルリン侵攻戦防止やザフト軍によるエンジェルダウン作戦等を経てオーブに戻ってくる。ロゴス代表ロード・ジブリールの身柄を巡って再びオーブが戦火に焼かれようとしていた中、ウズミからの遺言と極秘MSであるアカツキを受け取り再び戦場へと戻る。そのドサクサ何故かユウナ国家反逆罪で捕らえ、自身がオーブ代表へと返り咲いた。

デュランダルによるデスティニープランの提唱時にはっ先に反対を表明し、今まで放浪の身であったアークエンジェルやラクス一行を正式にオーブ軍として編入する。自身はオーブ代表として混乱める為に地上へと残った。


ゲーム作品での扱い


要人物であるので種シリーズが参戦したゲームでの彼女の登場も多い。

スパロボ初参戦である第3次スーパーロボット大戦αではエヴァキャラクターとの絡みが多く、αナンバーズを素人呼ばわりしたりしたがシンジに軽くあしらわれたりアスランとの関係をアスカにからかわれたりもする。そしてネットでよくネタにされているかの名言 「そんなことはない!私だってアフリカでコーディネイターの砂漠の虎と戦っていたんだぞ!」を言ったのもこの作品。

スーパーロボット大戦Zにおいては残念ながらボイスなし、イベント参戦限定のNPCキャラとして登場することになる。登場当初はデュランダルの唱える異人勢の脅威を軽視したり、それがたかって後手に回ってしまったり、基本的に自分の身内以外にはやたらと攻撃的になったりなどの失態を見せるも、ランドルートでのガンダムXキャラクターであるエニル・エルから暗に戦場乱入する意味さを批判されたりして一回り成長。代表復帰後は∀ガンダムフィル・アッカマンミランレックス等の兵達を匿い、ディアナ・ソレルとの関係を円滑に進めるなどで活躍した。

スーパーロボット大戦WにおいてはタイトルがWなだけにガンダムWの面々とのかかわりが多く、に中盤にかけて色々と厳しい批判をされたりもするが、最終的に一を担う器として成長を期待されるようになる。

そしてカガリが最も有名なのは恐らくスーパーロボット大戦Kであろう。参戦作品キャラクターの関係から実質的な導者クラスの人物の1人と認識されており対外的な部隊に対する代表者として大活躍する。ラストには地球防衛隊を結成しその総に就任、全人類に向けた大演説を行う等、原作の未熟さからは考えつかないような活躍ぶりからKガリさんというあだ名で呼ばれ親しまれることに。


関連動画



■sm2909353[ニコ動]

■sm13303493[ニコ動]
 


関連商品


■azB0041Y7SS8
■azB0002T23ZO
■azB00067DTZK
■azB000EGD462


関連項目



最終更新日: 19/08/11 21:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ