ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カツラギエース


ヨミ: カツラギエース
掲示板をミル!
10カキコ!

カツラギエース(1980年4月24日-2000年7月3日)とは、日本競走馬1984年優駿賞最優秀5歳以上
日本調教として初めてジャパンカップ優勝した。

同世代にはクラシック三冠であるミスターシービーマイル王者のニホンピロウイナー1983年有馬記念優勝したリードホーユー、安田記念天皇賞(秋)優勝して様々なエピソードを持つギャロップダイナ南関東三冠馬のサンオーイ(後に中央移籍して、毎日王冠ミスターシービーやカツラギエースとも対戦)、1985年宝塚記念勝利したスズカコバンなどがいる。

齢は旧表記(数え年)で統一しております。


生い立ち


1980年4月24日、三石の片山太郎牧場で生まれる。がボイズィーボーイがタニノベンチャ。
ニノベンチャはカントリー牧場が見切りをつけ、セリに出したところを350万で購入したである。
この時に受胎していて生まれたが後の「カツラギエース」だったが、血統的にもそれほど見所はく、期待できる要素はほとんどだった。日高のセリに出されたカツラギエースは710万円で落札され、東の土門一美厩舎に入厩することになる。


デビュー


入厩したカツラギエースはダート調教の動きが悪く、やはり関係者の期待は高くなかった。
しかし阪神の芝1200mでデビューするや、2着に8身もの差をつけて圧勝し、関西ファンから注されることになる。
関西メジロモンスニー(後に皐月賞ダービーで2着)らと好勝負を演じ、4戦2勝、2着と3着が1回とまずまずのスタートで3歳を終えた。


4歳 勝てない春・ミスターシービーの登場


休養明け4歳初戦こそ惨敗したが、3月19日賞を勝利し、皐月賞に挑戦することになる。
しかしの影で苦手の不良馬場となり、大惨敗してしまう。ここで優勝したのは共同通信杯、弥生賞勝利し、名をあげていたミスターシービーだった。
この敗戦により賞加算しないとダービーに参加できなくなるため、当時のダービートライアルであるNHK杯に出走した。府中2000mで大外の不利にも関わらず後方からの差し切りを決め、再びダービー補になる。
しかし本番のダービーでもミスターシービーの6着と敗れ、その後に挑戦した中4歳特別をニホンピロウイナーの2着でシーズンを終えた。


秋 トライアル勝利と三冠馬誕生


に放牧から帰ってきたカツラギエースは神戸新聞杯で2着と敗れたが、次走の京都新聞杯で新しい上・西浦勝一(以後全てのレースで騎乗)を迎え、2着のリードホーユーに6身差をつけ優勝した。
を順調に越せていなかったミスターシービーは4着に敗れた。しかし、本番の菊花賞では2番人気に支持されたにも関わらず20着と大惨敗、ミスターシービー三冠達成でカツラギエースのクラシックは終了した。


古馬時代 遂に悲願のGⅠ制覇


初戦の鳴尾記念こそ4着に敗れるが、大阪杯京阪杯と重賞を連勝し、中距離では負けないことをアピールする。
そして距離不適から回避した天皇賞(春)組も加えたグランリレース・宝塚記念スズカコバンホリスキー、モンテファストらを完封優勝。遂にGⅠのタイトルを手にする。
しかしライバルミスターシービーを全休しており、シービー不在での勝利には不満が残るものであった。


5歳秋 ミスターシービーに勝利。しかしまた本番で…


初戦は毎日王冠から始動し、菊花賞以来の出走となるミスターシービー大井から移籍してきたサンオーイが出走し、三強対決と報道された。このレースでは積極的に先行し、最後の直線でしい叩き合いになったがミスターシービーをアタマ差で封じ勝利した。
しかし次の天皇賞(秋)で2番人気に支持され、中距離という得意舞台であったにも関わらず折り合いを欠き、またもやミスターシービーの5着と敗れてしまう。
「前戦では勝つのに本番ではミスターシービーに負ける」と揶揄され、もう本番ではシービーには勝てないのか…。そんなも囁かれた。


ジャパンカップ出走 2頭の三冠馬と外国馬に勝利


次走はジャパンカップが選ばれた。このレースはここまで日本勝利絶望的な状況で、外日本には歴然とした差があった。しかし昨年にキョウエイプロミスが自らの競走生命を犠牲にし2着となったことや、今年は前年の三冠馬ミスターシービーに加え、この年に敗で三冠を達成したシンボリルドルフが出走してきたこともあり、日本優勝が大いに期待された。
このレースでカツラギエース営は気性の悪い本に初めてブリカーを着用させ、さらに作戦にはスタートからハナに立つ逃げを選択。騎手西浦は手綱を通常より長く持ち、の行きたいようにいかせる長手綱を戦法として用いた。

カツラギエースは2400mでは距離実績がく、10番人気と低評価であった。レースではスタートハナに立ち気ままにレースを進め、10身以上2番手に差をつける大逃げを打った。最終コーナーで後続が追い上げて捕まりそうになる(この時フジテレビの盛山アナウンサーは「カツラギの逃げが鈍った!カツラギ鈍った!」と実況している)が、最後の直線で捕まりそうで捕まらず2着ベッドタイムに1 1/2身差をつけて勝利。3着にはシンボリルドルフが入り、初めての敗北を喫した。またミスターシービーは後方で位置取りが悪く10着と惨敗した。

勝利ジョッキーインタビュー西浦騎手現在の気持ちについて尋ねられ、「してやったり!」と名言を残した。


有馬記念 皇帝の逆襲~引退


ジャパンカップ優勝したカツラギエースは有馬記念を最後に年内で引退し、種入りすることが決定した。
シンボリルドルフ営としては、有馬記念でカツラギエースを倒さねば辱の機会はくなることになる。
この有馬記念は、シンボリルドルフミスターシービー、カツラギエースの三強対決となり、出走頭数が11頭と少ないグランリレースとなった。

このレースでも自ら逃げを打ち積極的な競馬をし、シンボリルドルフに常にマークされ最後の直線で交わされ2着に終わるも3着のミスターシービーには再び先着した。

入りしたカツラギエースの産駒にはダートの活躍が多く、大井競馬東京ダービーを勝ったアポロピンクや、サンスポ賞4歳牝馬特別勝利したヤマニンマリーンオークス予後不良)などがいる。
京都新聞杯メジロライアンの2着になったグロバルエースも本の産駒である。

2000年7月3日に、心不全のため死亡。墓は北海道日高郡新ひだか町沢牧場に建立されている。


関連動画



■sm120730[ニコ動]

■sm2756013[ニコ動]
■sm6790680[ニコ動]
■sm14814974[ニコ動]
 


関連商品


■azB000AQDHAY
■azB00005IX4P
 
■azB00005FUOU
■az4478950113


関連項目



外部リンク



最終更新日: 19/01/02 12:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ