ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カツラノハイセイコ


ヨミ: カツラノハイセイコ
掲示板をミル!
3カキコ!

カツラノハイセイコとは、1976年まれの日本の元競走馬・種である。

の果たせなかった夢をえた孝行息子


概要


ハイセイコーコウイチスタア、ジャヴリン70年代初頭に一大旋を巻き起こしたスターホース。カツラノハイセイコの世代が初年度産駒である。一方のは不受胎が続き、あわや繁殖失格となるところだったという。この年は元々タケホープをつけるつもりだったが、コウイチスタアが体の小さいだったので、体が大きくスピードのありそうな種ということで、中距離が得意で最大540kgでレースに出走した経歴を持つ巨だったハイセイコーを交配したのだという。ただ、生まれてきたカツラノハイセイコは体重450kg程度と小さかったため、ハイセイコーの種評価を貶める要因ともなった。

とは正反対の貧相な体と言う問題を抱えていたものの、初年度のハイセイコー産駒の中では較的期待されていた方だったカツラノハイセイコ。しかし、3歳(現2歳)時は6戦1勝と勝ダートの未勝利戦のみ。掲示板は外していなかったが、微妙な成績だった。なお、この時点での一の勝天才の誉れ高き福永洋一の騎乗時に達成している事から、上記の期待度合いも納得していただけよう。

それが1979年、4歳(現3歳)になると突如覚醒。落事故クラシック挑戦時の相棒となるはずだった福永が再起不能という大アクシデントがあったものの、年明けから軽々と3連勝し、スプリングSも2着。皐月賞への期待を抱かせたが、滞在した美トレセンの水道水を飲まずに調子を崩してしまいビンゴガルーの2着に敗れ、親子制覇の夢は潰えてしまった。

その後、関西に戻らず東京競馬場で調整。ここではしっかりも飲んだようで、体調を崩すことなくNHK杯の3着からダービーに出走。ビンゴガルーらを抑えて1番人気に推される。本番はインの10番手あたりでじっくりと進め、直線では群を割るように伸びてNHK杯の勝ちテルテンリュウを競り落とし先頭に立つ。そこへ8番人気リンドプルバンが不利を受けながら猛然と突っ込んできたが、ハナ差でねじ伏せ勝利タケホープにさらわれた夢をえた。そのタケホープは4歳中距離特別を勝ってダービーに臨んでおり、2着に突っ込んできたリンドプルバンも4歳中距離特別を勝ってダービーに臨んでいた。しかも、タケホープ騎手だった嶋田功を乗せて。不思議な運命も絡んだ、まさしく念をらす勝利となった。ちなみに、勝利1959年コマヒカリ以来20年ぶり。当時は、後に内産種の雄と言われる戦果を残すことになるトウショウボーイですら繁殖相手に苦慮するなど、内産種の評価が低い時代だった。
かしこの後カツラノハイセイコはの間に熱発を見舞われて体調を崩し、初戦の京都新聞杯で10着に惨敗。脚部不安や肺炎にも悩まされて結局菊花賞を回避。長期休養に入る。

1980年9月に復帰。体調不良松本に代わって当時関西ニューエースだった河内洋が手綱を取り、初戦のOP特別で2着、京都大賞典3着を経て目黒記念(当時は2回開催)で優勝。堂々1番人気天皇賞(秋)に乗り込むが、プリテイキャストの大逃げについていけないどころか後続にもズブズブ差され6着惨敗。有馬記念ホウヨウボーイに一度は全に差し切られながら根性で差し返そうとするもハナ差及ばず。結局この年は1勝に終わる。

1981年、6歳(現5歳)になっても現役を続行。初戦のマイラーズCでは1歳下のダービーオペックホースとの、しい「マイル重賞でのダービー対決(この次が2009年安田記念ウオッカVSディープスカイ)」をすんげー末脚で差し切り勝利。しかし続く大阪杯不良馬場にやられ6着と惨敗し、さらに体調を崩したという情報も入ったことで、天皇賞(春)はかつてのライバルリンドプルバンに1番人気を奪われてしまう。
レースでは中団群でしっかり脚を溜め、の坂を下りてペースが上がってもじっと慢。4を回った間に素く動き、群を割るように先頭に躍り出る。そこへ外から襲い掛かったのが、奇しくもハイセイコーと同じ大井出身のカツアール。勢いはカツアールが優位かと思われたが、カツラノハイセイコは驚異のりを見せ、全く先頭を譲らない。杉本清が「見てくれこの根性だ!」と叫ぶ中、カツラノハイセイコは200m近い叩き合いでついに一度も抜かれることなくクビ差振り切ってゴール。またもが敗れた舞台勝利して見せた。

この後宝塚記念ではカツアール辱を許すが、絶望的な位置から突っ込んで2着を確保。その後は脚部不安もあって出走せず、そのまま引退11月京都競馬場引退式を行った。その約1ヶ後、かつての相棒だった松本善登が48歳の若さで逝去。実はカツラノハイセイコに騎乗していた頃には既に肺がんを患っており、この年の2月から療養していたのであった。

ハイセイコーとは似ても似つかぬ小柄なステイヤー体形ながら、譲りの凄まじい根性で八大競走2勝を挙げたカツラノハイセイコ。この活躍で、貧相な体の産駒が多かったことが災いし種としての人気が落ちていたハイセイコーに再びが当たり、サンドピアリスハクタイセイなど後の活躍の誕生につながった。なんという孝行息子

カツラノハイセイコ自身は、生産の中心から外れた青森県で種入り。恵まれた環境ではなかったが奮闘し、オークス2着のユウミロクや栃木三冠のカネユタカオーなど複数の地方重賞を輩出。ユウミロクはとして名障ゴーカイなどを送り出し、カツラノハイセイコの名を血統表に残らしめている。

引退後は栃木県で余生を過ごし、2009年に33歳で大往生を遂げた。
20世紀の名投票では62位。8位のには遠く及ばなかったが、それでも高い支持を得た。実はテスコガビーカツラギエースサクラスターオーより上の順位である。ひょっとしたらの夢と共に歩んだそのストーリー性ゆえかもしれない。

ちなみに、ハイセイコー引退時に増沢末夫騎手が「さらばハイセイコー」を歌い50万枚を売り上げたのは有名だが、これに味を占めたのか1979年に増沢末夫騎手が歌った「いななけカツラノハイセイコ」が発売され、7万枚を売り上げたという。増沢騎手、カツラノハイセイコには乗ったことないんだけど…。


関連動画



■sm6780182[ニコ動]

■sm25251552[ニコ動]

■sm6581423[ニコ動]


関連商品


カツラノハイセイコに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 18/06/24 10:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ