ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カブキ


ヨミ: カブキ
掲示板をミル!
5カキコ!

カブキとは、以下の意味をす名称である。

  1. 日本の伝統芸能歌舞伎を参照。
  2. 日本プロレスラー「ザ・グレート・カブキ」。
  3. ゲーム及び漫画がんばれゴエモンシリーズの登場キャラクター本稿で説明。

ここで会ったが百年目!貴様らには地獄へ落ちてもらうぜ!


シリーズ恒例のボスキャラ。「同一人物」という設定の敵キャラではシリーズで最も出番が多い。

がんばれゴエモン ~ゆき姫救出絵巻~」で初登場して以来、ゴエモン打倒に執念を燃やし続ける大男。元は京都天狗山に居を構える盗賊であったが、ゴエモンとは違い困った人々を助けるような義賊とは違う、所謂悪党である。名前は歌舞伎役者のような格好からきており、ゴエモンとも似通っている部分が少なからず存在する。
登場作品によって名前が様々に異なるが基本的にはシリーズを通して「カブキ」で定着しているが、本名は後述の通りつづら助六という。
また戦闘でも、飛び六法などの歌舞伎モチーフにした行動や攻撃を行うのも同じ。

ゴエモン達に敗れて以降はカラクリ仕掛けのサイボーグとしてったりと、様々な姿になって登場しては「ゴエモンを倒すためならば人間の姿を捨てる事すらわない復讐」なキャラクターとして、プレイヤー達に大きなインパクトを与えてきた。
もっとも「もののけ双六」ではなぜか、敬語で話しかけてくる一面も見られるようになったがこれはこれで。

以下に、登場作品ごとの概要を解説。


登場作品



がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻


記念すべきデビュー作品。本名でもあるつづら助六の名前で、ステージ6のボスとして登場する。
この時点から大柄な体格のボスキャラという立ち位置が確立しており、本作では背中に巨大なつづらを背負っている第1形態と、つづらを外して身軽に立ち回る第2形態とがある。

戦闘ではつづらから時々吹雪を飛ばしてはつづらと共に中を漂っている。
だがその後つづら形態を倒すと本人がつづらから飛び出し直接戦いを挑んでくる。0にしたライフも第1形態以上に多量に伸びていく展開に肝を潰されたプレイヤーは当時多かっただろう。飛び六法のように飛び回っては時折口から烈風?)を飛ばしたり、頭部のカツラブーメランのように飛ばしてくる。
ステージ6のボスではあるが、プレイヤーによっては本作で1、2を争う手ごわいボスとして定着しているらしい?

そしてこれらの容姿や行動パターンはいずれも、後の登場作品でも形態を変え引き継がれながら登場する。


がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マツギネス


前作でゴエモンに敗れたつづら助六が、敵幹部の1人「マーブル・ブルー」の強化手術によってエリア2のボス『かぶき・りたーんず』として復活し登場。ボスとしての登場のみならず『対決・カブキリターンズ』と、2面のシナリオ名にまで登場している辺り、他のステージボス以上に厚遇されていると言えるが。
エリア2「歌舞伎」のボスとしてゴエモン達の前に立ち塞がり、前作での攻撃パターンを強化して次々に繰り出してくる(背中つづらから飛ばすのが吹雪からエネルギー弾に変わったり、カツラにはホーミング機が付くなど)。倒すと「じごくであおうぜ」台詞と共に散っていき、エリア2はクリアとなる(インパクトステージい)。

また、ゲームクリア後に解禁されるボーナスステージバーチャル地獄」の最深部でボスを倒した後に先の散り際の台詞通り何の前触れもく登場、「もどってきたぜ!」との台詞と共にボス戦が再び始まる。まさか、この台詞伏線になっていたとは思わなかっただろう。
もっとも上述の歌舞伎での戦闘と内容は全く同じで、こちらでも撃破に成功すると、90年代を象徴する某お笑いタレントのあの名言を残し散っていく。
ちなみに遊園地の受付嬢は彼の存在を知らないようなので、遊園地アトラクションではないらしい。


がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め


ビスまるが連れて来るカラクリメカ『からくり用心棒として登場。
ゴエモン達の住むはぐれ町をメチャクチャに破壊して回るというインパクトのある展開でプレイヤー達をドキドキさせたが、いざボス戦になると割とあっさり倒せてしまうという有様で(ゴエモンならば、貫通小判2、3発で撃破できる)、ビスまるにも「役に立たないがらくた」などと散々にこき下ろされるというどこか残念なキャラになってしまった。
そして、普通ならば今作での出番はここまでなのだが・・・

そして、ライフを強化するアイテム招き猫」を全て回収しライフMAXの16個にしてラスボスを撃破すれば、最後の最後に『かぶき・ふぉーえばー』としてゴエモン達の前に姿を現し、最後の決戦を挑んでくる。
ゴエモン達の倍以上はある背丈に違わずその強さもやはり前述のからくり用心棒とは別格で、攻撃パターンこそ少ないものの強かつ広範囲な攻撃を繰り出してプレイヤーを追い詰めてくるが、見事撃破に成功すれば通常のそれとは異なるエンディングを見る事が出来る。どうしても攻撃がかわせない場合はヤエちゃんで戦うと楽か。
もっともストーリー的には何の脈絡もく登場するため、寄りおまけ的な感が漂うことは否めないのだが。
ちなみにカブキは、重兵衛ゴエモン未来世界の子孫である事をどうやって知ったのかは判明していない。

ちなみに作品中では「からくり用心棒=カブキ」の事実はかぶき・ふぉーえばーの台詞から初めて判明するため、かぶき・ふぉーえばーが登場するエンディングに進まなかった場合は「からくり用心棒=カブキ」の事実明らかにならないままである。
(一応、からくり用心棒との戦闘直前に「ゴ・・・ゴエモン・・・ うがーっ!」という台詞ボス戦直前に用意されているため、ここからゴエモンに因縁のあるキャラである事が推測できるようにはなっているが)


がんばれゴエモン でろでろ道中


上述の「ゴエモン3」で最後の出番かと思われたら、まさかの再登場を果たした。
エリア4「地底界エリア」の最終的地・地底ボスとして登場。復讐戦士・カブキ64として生まれ変わり、ゴエモン達に何度かになる戦いを挑んでくる。ちなみに取説でも「カブキ64」の名前で紹介されている。
ボス戦以外のイベントムービーでは一部の台詞付きで喋る事も。(声優は非開だが)

本作では2以降の容姿と違い、サイボーグ的な要素はく基本的に人間そのものの容姿に戻っている。
ここまでくると毎度染み感すら漂うキャラとなっているが、いざボス戦になると過去作品の攻撃パターンを基にした攻撃以外にも、ステージから号を下してはステージにいる海坊主に加勢させたり、頭上から柱を落とす攻撃も繰り出す。さらにはこちらの攻撃を下駄を構えて防御したりと底した強さを誇るボスキャラに仕上がっている。
もっとも、いざ戦ってみると海坊主を連れて来た事が全にになったとしか言えない状態なのであるが・・・。

撃破に成功すると、「やっぱりおれは負ける運命にあったのか、折り損のくたびれもうけであった」とまるで自分の役割を悟っているかのような台詞いた後「夢、破れたり・・・」海坊主叩き潰され散っていく。
かしこれで出番は終わりではなく、なんと魂のみの状態から巨大カラクリメカチョー戦国メカ・カブキファイナルとして復活し、ゴエモン達に再度戦いを挑んでくる。こちらはゴエモンインパクトに搭乗し戦う。


がんばれゴエモン もののけ双六


登場人物の1人『カブキ』として登場。容姿は上述の「でろでろ道中」とほぼ同じ。
今作ではCV付きで喋る。声優高木渉が担当。

物語モードにて、ステージ6の敵キャラとして登場する。
これまでのシリーズ作品と同様でゴエモン達に復讐を誓っているはずではあるが、敬語で喋る人物になっている。


かんばれゴエモン 大江戸大回転


エリア1のボス『カブキ男』として登場。過去シリーズの敵キャラボスキャラ達がリサイクルされて登場する本作において彼は、「リサイクル」という今作のテーマある意味最も合致しているキャラであるため先を切っての登場は妥当といえば妥当なのかもしれないが。何せカブキ自身が何度もリサイクルされているわけだし・・・
ちなみに今作ではつづらの代わりに背中空き缶を背負っており、体には「再」の文字が描かれている。

そして前述の「でろでろ道中」に登場したカブキファイナルが同じくリサイクルされリサイクルメカ1号・カブキファイナルとして同様にエリア1のボスとして登場する。


かんれんどうがの おそろしさを おもいしれ!



■sm15236331[ニコ動]

■sm13832321[ニコ動]
■sm956487[ニコ動]
■sm825983[ニコ動]
■sm17290817[ニコ動]


フハハ、カブキは死せずとも商品は死せず!出でよニコニコ市場!


■azB000654XZC
■azB000068HZ2
■azB000069TYX
■azB000069U0R


コミュニティで会おうぜ


■co19219


いい夢見させてもらったよ!あばよ!!



最終更新日: 12/03/20 21:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ