ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カミーユ・ビダン


ヨミ: カミーユビダン
掲示板をミル!
523カキコ!

カミーユ・ビダンとは、アニメ機動戦士Ζガンダム」「機動戦士ガンダムΖΖ」の登場人物である。飛田展男


概要


おえかきこ

機動戦士Ζガンダム主人公ニュータイプな搭乗機はガンダムMk-IIΖガンダム

フランクリン・ビダンヒルダ・ビダン息子とも地球連邦の技術仕官である。環境にはあまり恵まれず、自分の名前が女らしいというコンプレックスもあり、空手アマチュアモビルスーツ操縦などに打ち込んでいた。(ただし、『カミーユ』と言う名はどちらかと言えば「男性が多いものの女性にも割といる」名であり、日本でいうところの『あきらさん』、『ひかるさん』的なポジションの名前である。むしろガトーの『アナベル』の方がよっぽど・・・)
尚、このコンプレックスは後にフォウ・ムラサメとのやり取りで解消されている。

エゥーゴガンダムMk-II奪取に協し、そのままパイロットしてエゥーゴに参加する。

名前のことをけなしたジェリド・メサに殴りかかったり、取調べ中に恫してきたマトッシュを一話またいでモビルスーツで報復し嘲ったりと、子供っぽい暴さを含んだ頭に血の上りやすい人物として描かれる。その上両の前で殺され、ますますいじけてしまいそうなところでウォンさん登場。子供のような言い訳を続けるカミーユも流石に鉄拳制裁を受け心する(ウォンの修正はTV版のみ)。

エゥーゴアーガマに拾われた後はガンダムMk-IIパイロットとして参加。ブライト・ノアく「アムロ・レイ再来」とまで言わしめるずば抜けたパイロット適性を発揮するほか、Ζガンダムの基礎設計図面を引くなどメカニックとしての素養もあったようだ。
また、人間としてもクワトロ・バジーナや、アムロ・レイフォウ・ムラサメなどの人々と出会い成長していく。しかししくなる戦場での業や悲しみを一人で背負い込んでしまい、パプテマス・シロッコの最期の思念をまともに浴びてしまい、TVシリーズ最終話精神崩壊してしまうという衝撃的なラストを迎えた。

TVシリーズの続編である機動戦士ガンダムΖΖでは、精を病んだ姿で登場。歩くことや言葉を発することもできないほど衰弱してしまい、戦闘には参加できない状態だったが、ニュータイプとしてジュドー・アーシタたちを導く。ファの介添えもあってか、最終話では立ち直り、元気に二人で駆け回る姿を見せた。

劇場版Zガンダム

性格がTVシリーズべてかなり丸くなり、シーブックバナージに近い実直な青年になっている(劇場版で彼が怒る場面のほとんどは、敵方の非な行いに憤る正義感によるものが多い)。

初登場時は既にティターンズの尋問を受けており、発端となったジェリドを殴るシーン回想のみ。
それどころかクワトロを修正するシーンく、明確に相手の顔面を殴ったシーン回想のみになった。(逃げサラ・ザビアロフを捕らえる為に腹パンで気絶させるシーンTV版と同様)
増長し、ウォンから修正される場面もく、クワトロエマ、レコアからも両が死んだ際に吐露した気持ちに理解を示し、突き放されたり叱責される場面もいなど周囲の態度も変化している。(周囲の大人大人の役割を果たしている。)

TV版で起こった出来事も変更があり、「30バンチへは訪れない」「フォウホンコン・シティの戦いで死亡し、2度地球降下はくキリマンジャロ~ダカールカット」「ロザミア・バタムとは所謂ロザミィ関連の描写はカットされただの敵対パイロットとしての関係で終了」などの変更がある。

精神崩壊を予兆させるシーンカットまたは解釈が変更されている。
特に宇宙空間バイザーを上げてしまうシーンTV版は意識だったのに対し、劇場版ではエマに気合いを入れるためわざと行い「もうこんな事はやりません。」と自覚している。

性格だけでなく、考えや言動も大きく変化しており、TV版では相手の存在を否定するような感情的な言動が多く見られたが劇場版では人間畜や具にしてはいけない、と相手を諭す言動が見られる。
顕著に異なるのが最終決戦時のシロッコ相手の舌戦。
また物事の受け止め方も変化しており、自分が関わる事件や出来事をよく観察し、多くの仲間の死や戦場での悲しみといったストレスの受け流す術を身につけただけでなく、その経験を自分の糧となるものと学習し受け止めている。

結果として最も大きく変わったのはシロッコを倒した後の結末で、精神崩壊することもなく、常にそばで見守ってきたファの元へ事に帰還した。
ファとは劇場版では宇宙に再度上がった後、キスをしようとするなど視聴者が恥ずかしくなるくらい明確に結ばれている描写がある。
富野監督く「精的な繋がり(共感)だけでなく、ファという大事な女性体的な繋がり(体感)を得た事が大きい」とのこと。

実はTV版同様、シロッコの最期の思念を浴びており、ファの呼びかけにすぐには対応できていない。
TV版と異なりファはすぐにカミーユの元へ駆けつけている)
ゆっくりMS形態へ変形し、テールバインダーフライングアーマーをパージするZガンダムの姿はカミーユフォウら死者と繋がる精世界からファのいる現実世界への帰還を表すシーンと言える。
お互いの事を確かめ合いながら抱擁する2人のシーン劇場版Zガンダムは締めくくられる。

ファだけは、幻覚でもなければ、意識だけの存在でもない!こうやって、抱くことができるんだから!」


パイロット・NTとしての評価


ガンダム関連の多数の公式設定集、ムックサンライズ運営するガンダム公式情報サイトなどでカミーユ宇宙世紀史上最高のニュータイプを持っているとされ、富野監督も最高のニュータイプと評している。そのためスーパーロボット大戦GジェネレーションなどのゲームNTは一番高く設定されていることが多い。Zが人の思いを形にするマシンだからと言って、バリアってビームを弾いたり、ビームサーベル巨大化させたのは宇宙世紀広しといえどこの人とZZガンダムに搭乗した時のジュドー・アーシタくらいである。後にサイコフレームの共振と地球圏の人類の思惟が集積されて二つに割れた小惑星の片割れを押し返した伊達じゃない先輩もいるが。


2006年劇場版Zガンダム開の際には富野監督は「学習が出来、本当の意味でのニュータイプとなれたカミーユべればアムロオールドタイプとして死んでいくしかない」と発言している。ここでカミーユとはTV版で精神崩壊してしまったカミーユでなく、劇場版シロッコを倒してファと抱擁し物語を締めくくった方のカミーユであると思われる。

MS設計などにも才があったようで、作中で「Mk-IIフレームディアスの装甲をつけているんですよ」と図面を引くようなシーンがあった。また、機動戦士ガンダムMS大図鑑では「Zの設計には添えられていた1枚のフロッピーディスクが~」という設定も見える。こうした彼の意見はΖガンダムの開発に取り入れられた。(ただし劇場版ではカットされている)


カミーユと女性たち


カミーユ・ビダンという人間る上で外せないのは、その女性遍歴である。恋愛の関係になったといえる相手はファ・ユイリィフォウ・ムラサメの2人であるが、作中に登場したほとんどの女性たちと何らかの関係を持っている。

グリプス戦役は、人を人として扱うカミーユと人を内心では駒のように扱ったシロッコというグリプス戦役を代表する2人のNTが、どちらがより多くの女性の心を掴めるのかという頂点を決める戦いだったといえる。最終的に死んでいった女性は、ほぼ全員カミーユの優しさを選んだ。(TV版では最後にシロッコリセット攻撃くらって痛いにあった。このリセット攻撃は一部のスパロボ作品でも再現されている。劇場版設定であれば条件回避)。


ゲームでの活躍


やはり原作同様、高いニュータイプ戦闘を持っている。
スーパーロボット大戦シリーズでは劇場版前から優等生的な言動などくから補正を受けていた。シロッコの攻撃による精神崩壊も回避できる事が多かった。
作品によっては最初から精神崩壊しており、復帰して参戦ということも。(特に単発作品)

劇場版Zとして参戦したスーパーロボット大戦Zでは「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のシン・アスカ友と言って良い関係になり、時にはぶつかりながらもお互い成長していく。


ニコニコ動画では


アニメカミーユ登場シーンを使った動画のほか、ゲームでのカミーユ動画投稿されている。また飛田展男の代表作であることから飛田展男が演じるアダルトゲーム』の月島拓也など他のキャラクター動画カミーユタグが付けられることがあるほか、吹き替えMADも多い。


関連動画



■sm7190345[ニコ動]

■sm2449294[ニコ動]
■sm3935309[ニコ動]
■sm456249[ニコ動]

関連商品


■az4044101043
■azB00005LCGK
■azB000ELGLD0
■azB0006N1456

関連項目



最終更新日: 21/04/05 23:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ