ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カヤ(魔法陣グルグル)


ヨミ: カヤ
掲示板をミル!
45カキコ!

[画像を見る]

カヤとは、衛藤ヒロユキ漫画魔法陣グルグルシリーズの登場人物である。

TVアニメは第1~2作が納谷六朗、第3作が飛田展男。   


概要


魔王ギリの配下の魔族。ギリ軍で1、2を争う敏腕魔法使いであり、単行本2巻の初登場時はコーダ魔導師として潜入しギリの領土拡大のためを乗っ取る計画を進めていた。だがニケ達との交戦でククリグルグル「長いネコ」を食らって変身魔法が解け、正体の魔物姿をしてしまい失敗。ニケの一撃で倒されたように見えたが…。

5巻で実は生きていたことが判明。ギリの命レイドに付き添い、ドラゴンの炎でニケたちをから落とすことに成功する。彼が生きていたことについて、話を聞いたトマは「倒されたという幻を見せて逃げたのかも知れませんよ。レベルの高い魔法使いがよくやる手です」と分析している。ちなみに、この正体の魔物姿はその後登場することはなかった。

きりなしのの再戦から興味のすべてをククリグルグルに向けるようになり、部下のチクリ魔に戦いを記録させたり、闇魔法の失敗の資料を探すなどグルグルの研究を熱心に行う。そして己の闇魔法グルグルを打ち破らんとし、何度もククリグルグル使い)と戦うことになる。

その実と揺るぎない忠心からギリの信頼も厚いらしく、モンクが度重なる失態でイベントの終わったダンジョンノコギリ山)見りに左遷されたのに対し、処分を恐れていたカヤはギリ直々に次のを与えられていた。だがその後もギリの期待に一向に応えることができず、での敗退により13巻でお供のタテジワネズミもろともネコジタの監視係に飛ばされる(つまり結局モンクと同じ処分を食らった)。タテジワのエプロン姿やヨジデー料理に屈辱を感じつつ復讐に燃えるものの、その後は長い間出番も失い、16巻になってようやくギリの本拠地ザン大陸に再登場。最後の出番にしてククリとの最終決戦に臨む。


怖い顔と性格


トレードマークもが恐れる「こわい顔」。だがこの顔で何故か「カヤ写真」なるものが存在し、レイド変身を解除するためにこれを使用して奮状態を落ち着かせていた。

ククリとの戦いでは必ず一対一のタイマンを仕掛けてくる。これはフェアプレイというより、グルグルの性質見極めと、自らの実でそれを打ち破ることを標としているため。

血液型A型趣味温泉昆虫採取で、昆虫の名前間違いに厳しく「夢の昆虫ランド」に昆虫をコレクションしているらしい。風力を利用して体をくすぐる機械が大変お気に入り。


戦闘能力


使用する闇魔法は攻撃から防御まで多。登場時のルンルン戦では様々な魔法で実者の彼女を手こずらせ、その後も冒険中のニケククリを何度も苦しめた。

ククリとの最終対決では本気を出し、発動すれば100%死が確定するという最強クラスの闇魔法「暗太陽」を放ってククリを死に至らしめる。全魔を尽くし的を達成したカヤ満足し、抵抗の意思すら見せずニケたちに殺せと言い放つが…?


関連動画



■sm603685[ニコ動]

■sm720729[ニコ動]
■sm1371713[ニコ動]
■sm2492555[ニコ動]


関連商品


■azB009UQDNYK
■azB009UQDNZ4
■azB009UQDNZO
■azB009UP2NI8


関連項目



最終更新日: 17/09/13 20:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ