ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カルストンライトオ


ヨミ: カルストンライトオ
掲示板をミル!
5カキコ!

カルストンライトオとは、JRA(日本中央競馬会)所属の元競走馬である。


概要


:ウォーニング
:オオシマルチ
:クリスタルリッター

戦、かえで賞と連勝するも朝日杯3歳S(現・朝日杯FS)は10着に敗れる。その後、Sで勝利を挙げるも、ファルコンS、アイビスSD、セントウルSで1番人気になるも惜敗する。

そして、4歳時に出走したアイビスSDで直線1000mを53.7でレコードタイムで制覇する。ちなみに2002年に記録したこのレコードであるが、現時点ではこの記録をえたは出ていない。

2003年9月から復帰するも、二桁着順も多く調子を崩していた。また、果敢に逃げながらも直線で沈んでいくスタイルから、ファンに「1200mでも長い」と言われていた。

2004年函館プリントSを3着とすると、アイビスSD勝利して、スプリンターズSに出走する。この年のスプリンターズSの影不良馬場で行われた。スタート直後、猛な加速ハナを奪うと、直線に向いても逃げ脚は衰えず、2着のデュランダルに4身差をつける圧勝だった。同年、香港スプリントに挑戦するが、14着に敗れている。

2005年阪急杯2着、高松宮記念4着の後、4回アイビスSD出走、単勝1.8倍と断然の人気となるが、59kgの斤量と内いて4着。出走機会3連勝とはならなかった。次走のスプリンターズSでは、直線で一旦抜け出すも飲み込まれて10着。その後、出走はなく2005年11月2日付けで競走馬登録を抹消した。

スプリンターズS優勝はあるが、基本的にはコースで圧倒的なスピードを見せ付けるタイプだった。スタートしてからの驚異的な加速、そして同じく驚異的なゴール前でのり込みでファンの支持を得ていただった。時は流れ、日本競馬界のレベルは日に日に上昇している、昔のレコードもどんどんと更新されているなか、この新潟直線1000mのレコードはいまだに破られていない。それは、このが(弊はあるかもしれないが)日本で一番速いということの明といっても、差し支えはないだろう。


関連動画



■sm6345850[ニコ動]

■sm6345945[ニコ動]
■sm6356076[ニコ動]


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 13/03/10 23:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ