ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カルヴィナ・クーランジュ


ヨミ: カルヴィナクーランジュ
掲示板をミル!
214カキコ!

自分でも、こんな気持ちなのは不思議だったわ。
だけどようやくわかった。今でもあなたは、私の全て!だから私の全てを賭けてあなたを殺す!
さあ、戦いましょう、アル=ヴァン!


概要


カルヴィナ・クーランジュとは、スーパーロボット大戦J女性主人公である。
男性主人公である紫雲統夜を選ぶと、本編中に一切出てこない。
専用BGMは初期機体時は「Revenger」、後継機時は「Guardian Angel」。

元連合宇宙少尉22歳。軍人時代は訓練教官との模擬戦で全勝記録を打ち立て、
ホワイトリンクス(「山猫」の意)」の異名を持っていたほどの凄腕パイロットであった。
木星蜥蜴との戦闘時の負傷が元で軍を退役した後、アシアリー・クロイツェル社の支部で、
機のテストパイロット達を導していたが、ある日何者かの襲撃によって同支部は壊滅してしまう。
彼女はただ一人生き残ったが、彼女自身もパイロットとしてはリハビリが必要となるほどの重症を負う。そして同僚達や人であるアル=ヴァン・ランクスまでも失った事で心に大きな傷を負う。
今作の物語は、腕を見込んだプロスペクターパイロットとしてナデシコ乗船を打診されたところ、
IFSの導入を断ったカルヴィナが戦闘アドバイザーとしてナデシコに乗船する所から始まる。
ちなみに、現実の軍隊で言うところのアグレッサー部隊に所属していたという設定のためか、
最大でもLv.2までではあるが揮技を持っている、しい主人公である。
性格は冷静沈着だが、過去の記憶など、デリケートな部分に不用意に踏み込まれた時には、
情緒不安定な反応を見せることもある。

実は一人生き残ったのには理由があって・・・(以下ネタバレ、反転すると読めます)

死んだはずのアル=ヴァン・ランクスは生き残っているどころか、支部襲撃の実行犯であった。そして一人カルヴィナが生き残ったのはアル=ヴァンの意志によるものだった。しかし、この行為は彼女の心に深い傷を負わせ、しい恨みを買うことになる。しかし、カルヴィナはアル=ヴァンへのを捨てきれず、冒頭にあるような憎入り混じった台詞と共にかつての人に相対することになる。

選択可機体はクストウェルベルゼルートグランティードの3機(男女共通)。サブパイロットカティア・グリニャールフェステニア・ミューズメルア・メルナ・メイアの選択式で選べる。
但し、カルヴィナは性格が攻撃を受けると気が下がる「冷静」に設定されているため、
回避に難のあるグランティードに向いているとは言い難い。
かと言って、今作の仕様リアル系機体に辛いものとなっているのが悩ましい所である。
条件を満たすと、隠し主人公機としてヴォルレント(後継機はラフトクランズ)も選択できる。
今作の主人公機はMMIに「サイトロンコントロール」という特殊なシステムが採用されており、
普通人間は操縦できるはずがいのだが、カルヴィナは何故か操縦できる(これは統も同様)。
前述の負傷により通常の機体の操縦が難しいカルヴィナが、戦いに参加できたのはこのためである。
また、主人公機にはさらなる秘密があるらしいが…?(以下ネタバレ、反転すると読めます)
フューリー(今作のオリジナル敵)の上位機体であるラフトクランズには、
ラースエイレム」という定した対周辺の時間を停止するチート紛いの兵器が搭載されている。
主人公機には、このラースエイレム効化する「ラースエイレムキャンセラー」という装置が搭載されており、
主人公機の存在なしではフューリーとはまともな戦いにならない…という設定になっている。
今作の主人公機は、フューリーのトップであるグ=ランドン・ゴーツの暴走を見越したとある人物が、
フューリーへのカウンターとしてサブパイロット三人に託したものである。


OGシリーズ


OGムーン・デュエラーズにて参戦が決定。CV浅野真澄
スパロボJでの主人公機の1つ「グランティード」が紫雲統夜トーヤ・シウン)の専用機になった為、こちらの専用機はベルゼルート
地球連邦軍のパイロットであり、DC戦争L5戦役で活躍したエースパイロットという設定であるのだが、こちらの世界での標準的なPT(パーソナル・トルーバー)やAM(アーマード・モジュール)は搭乗不可。Jの時のAK社での負傷がいため、ストーリーの序盤でベルゼルートの搭乗が禁じられた際に予備機としてPTもしくはAMを要する場面がある。
(これは近作で登場した主人公でPT乗りであるヒューゴ・メディオアクセル・アルマー等と共通しており、それぞれには理由付けされている。)
サブパイロットも最初は紫雲統夜の方に2人加入するため、初期のサブパイロットフェステニアが担当。合流後はJの時同様にサブパイロット乗り換えも可

本作ではAK社襲撃の経緯が描かれるが・・・。(以下ネタバレ反転
ヤンデレとまで疑われてしまったアル=ヴァン・ランクス関係が大幅に編を受ける。具体的には「アル=ヴァンがAK社を襲撃した」という情報が、彼の登場があまりに間が悪かったための誤解になり、アル=ヴァンは統エ=セルダ・シューンを追走するのを的として支部に姿を見せていた。
和解するにあたっての最大の障がなくなった上に、Jの頃とは違って壊滅から間もなく戦いに身を置いているため憎しみをドロドロになるまで抱えることもなかったからか、事実判明後はJよりかにスムーズアル=ヴァンとよりを戻した。また、であるソ=デス・ズォーは事実を明かした直後ラースエイレムの不発もあってあっさりカルヴィナに撃墜され死亡した。
そういった事情もあり、OGではJより「彼女の素・本音」が見える状態になっている。


余談


スパロボJにおいて、カルヴィナがアシアリー・クロイツェル社に在籍していた時の同僚は、
何者かの襲撃により全員死亡しているわけであるが、
その死亡した同僚達はいもって、ベタ過ぎる死亡フラグを立てていた模様である。
具体的には、「子供が生まれるってはしゃいでた」ジャッキー
木星トカゲを倒す兵器をつくることで人の敵が討てると信じてた」アリス
「ようやく休暇がとれたから家族に会いにいくと言っていた」マツザキ、
「外宇宙への探船団に参加するのが夢だった」ヴォルグ、
「婚約したばかりだった」技術部のキャシーと医療班のレンと言った感じである。
どうでもいいが、今作には宇宙の騎士テッカマンブレードが参戦しているため、
ヴォルグは夢をえてもラダムに襲われて死ぬか、
良くてテッカマンにされて、ラダム地球侵略兵になっていそうである。

OGでは幾人か変更され、その中には「ゴードン」も存在する。単なる小ネタなのか、それとも・・・。


関連動画



■sm2663313[ニコ動]

■sm12714732[ニコ動]


関連商品・関連コミュニティ


スーパーロボット大戦J参照


関連項目



最終更新日: 16/09/02 01:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ