ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カントー地方


ヨミ: カントーチホウ
掲示板をミル!
86カキコ!
ポケモンの関連項目一覧 > カントー地方

カントー地方とは、ポケットモンスター赤・緑ポケットモンスター青ポケットモンスターピカチュウバージョン及びポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーンポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ舞台となる架地方である。


概要


道路の番号は1~28公式設定として関東地方モデル中部地方の一部も含んでいる。

金銀クリスタル及びハートゴールド・ソウルシルバーにおいてのみジョウト地方と繋がっている。ファイアレッド・リーフグリーンでは追加マップとして「ナナシマ」が加えられている。但し、「そらをとぶ」を使って行く事は不可能である。 

初代地方だけあって道路平野がほとんどで、の変化などもない。
ジョウト地方べると丸みを帯びた広葉のような森林が多く、微妙環境が異なると考えられる。



カントー地方カントー地方は町が較的大きく、町それぞれにシンボルカラーがある。

マサラタウン[画像] ─まっしろ はじまりの いろ─
主人公がある、始まりの町。シンボルカラーは「」。主人公のすぐ東にライバル(双方とも中々の邸)があり、その南にはオーキド博士ポケモン研究所がある。町の南にはがあり、グレンタウンに行ける。『金・銀』系列ではグリーンナナミが毛繕いをしてくれる(『HGSS』ではこれを7回するとグリーン電話番号が貰える)。また、主人公の看には「レッドのいえ」、ライバルの看には「グリーンのいえ」と書かれてある。アニメポケットモンスター主人公サトシもこの町の出身である。
トキワシティ[画像] ─えいえんなる みどりの まち-
2番に辿り着くが溢れるシンボルカラーは「」。ジムリーダーは「サカキ」で、3年後では「グリーン」。2番にしていきなりポケモンジムがあるものの、挑戦できるのは『赤・緑』系列並びに『HGSS』では最後となる。『金・銀クリスタル』のトキジムジムトレーナーがいないが、『HGSS』ではエリートトレーナーが数人存在し、トレーナーが使うポケモンレベルは全て50えている。金銀クリスタルHGSS』ではトレーナーハウスがある。
ニビシティ[画像] ─けわしき やまあいの まち─
初めてのジム戦を行うことになるシンボルカラーは「灰色」。ジムリーダーは「タケシ」。が岩山に囲まれており、道路には石が敷き詰められている。の北には博物館があり、「ひみつのコハク」が手に入る。イベントを進めると『HGSS』ではホウエン地方チャンピオン、「ダイゴ」が来る。
ハナダシティ[画像] ─はなさく みずの まち- 
多くの運河が流れているシンボルカラーは「」。ジムリーダーは「カスミ」。ニビシティからハナダシティには来ることができるが、段差がある為「なみのり」がないとその逆は不可能(『金・銀』系列ではなみのりがあっても不可)。の北に行くと5人のトレーナーに勝ち抜きすることできんのたまがもらえる、「ゴールデンボールブリッジ」がある。
またハナダの北西には「ハナダのどうくつ」があり、には人造ポケモンミュウツーが居る。ロケット団に荒らされた民家もある。100万円のぼったくり自転車が売られている「ミラルサイクル」もこのにある。
クチバシティ[画像] ─ゆうやけいろの みなとまち-
カントー地方一の港町。シンボルカラーは「」。ジムリーダーは「マチス」。客船が来ている為、BGMと共にとても賑やかな雰囲気が漂うだが、3年後の『金・銀』系列では一変してBGMも変わり、寂しい雰囲気になる。一年に一度やってくる客船「サント・アンヌごう」やナナシマへ行ける「シーギャロップごう」、ジョウト地方アサギシティへ繋がる高速船「アクアごう」などに乗船できる。ポケモン大好きな人たちが集まるクラブがある。
シオンタウン[画像] ─とうとさの にじむ まち-
イワヤマトンネルを抜けた先にある町。シンボルカラーは「」。亡くなったポケモン達のお墓が集まるポケモンタワーがある為か、BGMはもの悲しく薄暗い雰囲気となっている。ポケモンタワーではロケット団と闘うことになる。捨てられたり育てられなくなったポケモンを引き取っている「フジろうじん」のボランティアハウスや、姓名判断師のがある。
ヤマブキシティ[画像] ─ひかり かがやく だいとかい─
カントー一の大都会シンボルカラーは「」。ジムリーダーは「ナツメ」。モデル東京都か。※小説版に限りトウキョシティが別に存在する。
東西南北にそれぞれシオンタマムシクチバハナダと繋がっている、カントー地方の中心都市の中央には大企業シルフカンパニー」のビルがあるが、ロケット団に襲われる。ポケモンジムの他には元ジムである「かくとうどうじょう」があり、勝ち抜けばエビワラーサワムラーを貰える。ものまねが大好きな、ものまねむすめがあり、主人公台詞を聞ける。『金・銀』系列ではジョウト地方コガネシティと繋ぐ「リニアモーターカー」のが出来る。『HGSS』ではかくとうどうじょうでカントーとジョウトジムリーダー、計16人と再戦が出来る。
タマムシシティ[画像] ─にじいろの おおきな まち─
カントー地方の中心都市の一つ。シンボルカラーは「」。ジムリーダーは「エリカ」。モデル東京都か。しいものが買えるタマムシデパートや、照明キラキラゲームコーナーがあり、更には「ゲームフリーク本社」がある。ゲームコーナーの地下にはロケット団アジトがあるが、プレイヤーの活躍により壊滅する。他には「タマムシマンション」という大きなマンションがあり、屋上ペンハウスイーブイを貰える。
HGSS』ではこのレストランシンオウ地方ジムリーダー、「スモモ」が大食い大会に参加している。噴水では一定の曜日にエリカジョウト地方ジムリーダー、「ミカン」が会話しているシーンも見られる。日中からロケット団が歩いていたり、の池にベトベターが出没したり、の西にあるサイクリングロードにはぼうそうぞくが溜まっていたりと治安環境はよろしくない。
セキチクシティ[画像] ─にぎわい うつりゆく まち─
サイクリングロードを抜けた先にあるシンボルカラーは「ピンク」。ジムリーダーは「キョウ」で、3年後ではの「アンズ」。道路にはレンガが敷き詰められている。カントー地方一のサファリゾーンがあり、しいポケモンが見られる他に、500円払うと制限時間内(一定歩数以内)ならポケモンゲットし放題。『金・銀』系列ではサファリゾーンはなくなり、『HGSS』では代わりにパルパークとなっている。
グレンタウン[画像] ─おしながされた かこの まち─
マサラタウンの南にあるを進んでいった先にある町。シンボルカラーは「」。ジムリーダーは「カツラ」。モデル伊豆大島か。セキチクシティからも来ることができる。当初は巨大な廃墟ポケモンやしき」やポケモン研究所があったが、3年後の『金・銀』系列では、(どこにあったのかわからない)火山の大噴火によってほとんどの施設がくなってしまい町が溶岩に包まれてしまっている(ポケモンセンターは残っている)。しかし住んでいた人は皆助かったらしい。自然の持つ強大なによって壊滅したグレンタウンを前にしたトキジムリーダーグリーンがナーバスになっている。ジムくなった為、カツラが「ふたごじま」の内部を改造してジムとして使っている。

ダンジョン・施設



次へ»
最終更新日: 18/12/15 00:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ