ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カンフー映画


ヨミ: カンフーエイガ
掲示板をミル!
18カキコ!

カンフー映画とは、映画ジャンルの一つである。


概要


まず功夫(カンフーは英語読みで、コンフーは広東北京語読みで、日本ではクンフーとも呼ばれている)とは簡単に言ってしまえば、中国武術と同じ意味を持ち、中国武術全般をす。

そしてこのカンフーを題材にした映画をカンフー映画(本場である中国香港では「功夫片」)と言う。
ちなみに功夫片は現代物を「現代功夫片」時代物を「古装功夫片」と呼ぶ。
尚、映画で功夫と言う場合は拳法し、剣術映画の場合は武侠片と呼ばれている。

カンフーシーンのある映画自体は戦前から作られていたが、当のカンフーシーンは舞踏的なモノで迫に欠けており、アニメ合成など各種の特殊効果をも多用して手な画面作りを行っていた武侠(剣術映画に推され気味であった。

しかし、抗日ゲリラ上がりの広州オペラ俳優で初期の香港カンフー映画を代表するスターであるクァン・タクヒンが、実際にカンフーの達人で、その事から彼の出演作『黄飛鴻シリーズリアルなカンフーシーンが標準化し、以後は、それ以外の映画でも実際にカンフーを学んだことのある武術演技導者達によってリアル武術シーンを演出するようになる。(通常はこれをもってカンフー映画の始まりとする)

やがて、いっそうの迫をめざし、開き直って武侠映画で多用されていたトランポリンワイヤーワークはては効果音を駆使することで、ホンモノ以上に迫のあるアクションシーンを作り出し、武侠映画と相互に影を与え合いつつ、香港のカンフー映画は、他アクション映画にはい、独自色を強めていった。

そしてついに、1973年開のブルース・リー演作「燃えよドラゴン」の前の大ヒットによって世界的カンフー映画ブームが起こる。

その時点ではブームの立役者であるブルース・リー本人はこの世を去っていて、その演作も前述の燃えよドラゴンを含めてもわずか4本と未完成作1本という少なさから、ごく当たり前の流れか、ブルース・リー以外のカンフー映画も盛んに世界開される。

そんな中でも特に注を集めたのがブルース・リーに見いだされたジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーユンピョウの3人であった。

そんな中でもジャッキーは、ソレまでのシリアス路線中心のカンフー映画にコメディー色を加え、明るくコミカルなカンフー映画という新規路線を開拓し、一躍世界スターダムに乗った。

それ以後も、コミカルカンフーにホラーを組み合わせ、世界中にキョンシーブームを巻き起こしたサモ・ハン・キンポー監督作「霊幻道士」や、きっちり時代設定通りに弁髪をとりいれたジェット・リー演の「ワンス・アポン・ア・タイムインチャイナ」(ワンチャイ)、ジャッキー以上にコミカルさに重を置いたチャウ・シンチー演の「少林サッカー」といったそれぞれの時代を代表するカンフー映画が作られ続けている。

余談であるが昔の日本では、字幕に「カンフー」と訳さず、当時の日本国内にすでに確立されていた映画ジャンルであった「空手映画」にカンフー映画を分類したり、カンフーを「空手」と表示するなどのおおざっぱさ故の間違いがあった。

 


関連動画



■sm11486721[ニコ動]

■sm17110681[ニコ動]


関連商品


カンフー映画に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


カンフー映画に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/08/22 07:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ