ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カードファイト!! ヴァンガード


ヨミ: カードファイトヴァンガード
掲示板をミル!
12688カキコ!

※上の画像は先導アイチ本人によるイメージです。実物とは異なる場合があります。

イメージせよ!勝利へのを!

カードファイト!! ヴァンガード』とは、
カードゲームカンパニーブシロード」が展開する、トレーディングカードゲームTCG)である。
また、同ゲームを題材とした少年漫画テレビアニメ・関連TV番組・ラジオ配信番組を含む、
一大メディアミックス作品でもある。

2018年5月に放送開始した新作アニメについては『カードファイト!!ヴァンガード(2018年のアニメ)』の記事を参照。

本項ではトレーディングカードゲームアニメ漫画ラジオなどのメディアミックス作品に付いて記述する。

概要

カードゲームの開発・発売を手がけるブシロードが、低年齢の男児をな購買層として
2011年2月から新たに発売したトレーディングカードゲームである。略称は「ヴァンガード」。

また、カードゲームの発売に先がけ、2010年11月末から角川書店刊『ケロケロエース
2013年9月より『月刊ブシロード』に掲載誌が変更)などで公式漫画の連載が開始、
2011年1月からはテレビ東京系他でのテレビアニメ放映が開始された。

ニコニコ動画におけるタグは、「カードファイト!!ヴァンガード」と、間にスペースがないものが
公式アニメでも使われている。

トレーディングカードゲーム

ヴァンガード』と呼称するお互い1枚ずつのメインとなるカードをどんどん強化し、
相手のヴァンガードを攻撃してプレイヤーダメージを与えるのが的。
他のTCGのように場に多くのユニットを並べることも出来るが、ヴァンガード以外のユニット
リアガード』と呼称され、自身で攻撃すること以上にヴァンガードの攻撃・防御の補助を担当する事が多い。
余談だが、“リアガードという名前に反して前列・後列に分けられる。
前列にいようがあくまでもリアガードである。

このゲームの大きな特徴の一つとして、『トリガーチェック』がある。
攻撃時にお互いの山札からカードを引き『トリガーアイコン』が印されたカードが出ると、
攻撃アップカードのドロー・ダメージ回復などの戦況を有利にする効果を得られる、
くじ引きのようなシステムである。

デッキ50枚ちょうど。内、必ず16枚ちょうどのトリガーカードを組み込まなければならない。
単純に約3割の確率で引き当てることになるため、悪く言えば『運ゲー』のシステムと言われることもある。
他のTCGべ運の要素が強く出ているが、逆に言えば相手の引き運も計算に入れた駆け引きが要され、
そこにこのゲームの面さがあると言える。

あそびかた

地球によく似た惑星【クレイ】を舞台に、霊体となった主人公たちがユニットを借りて対戦する。

1. ユニット
惑星レイには6つのがあり、そこに住んでいるのがユニットである。ユニットモチーフ
人間動物植物天使悪魔、怪物、死霊、機械機物と多岐に及び、
そのおのおのが「クラン」と呼ばれる部隊に所属されている。
現時点で開されているクランは、実際に使用出来るものとして開されている数が27。
今後も随時増える予定。

ユニットを借りる契約を結んだものが自分のデッキ(山札)である。契約できる枚数は50枚。
同じカードは4枚まで契約が出来る。
2. コール
霊体になったプレイヤーたちが出来ることは2つ。一つは契約したユニットを呼びよせる、【コール】。
ただし山札にあるものはコール出来ない。
対戦の最初は互いに5枚カードを山札から引くところから始まる。
カードにはグレード、パワーなどの値のほか、一部には特別なスキルが表記されている。
3. ライド
そしてもう一つの契約したユニットを自分に憑依させる、【ライド】。
主人公たちがライド、憑依したユニットのことを【ヴァンガード】と呼ぶ。
ちなみに【ヴァンガード】とは【先導者】という意味。
4. 的(勝利条件)
お互いの分身であるヴァンガードへの攻撃を成功させ、先に6点のダメージを与えると勝利となる
フラッシュファイトルールでは4点)。
いかにして相手の手札を削り、ヴァンガードへの攻撃をヒットさせられるかが、勝負の分かれである。
また、デッキが0枚になった時点でも、そのプレイヤー敗北になる。

商品展開


次へ»
最終更新日: 19/06/23 10:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ