ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カーリング


ヨミ: カーリング
掲示板をミル!
52カキコ!

カーリングとは、氷上で行うウィンタースポーツの一種である。

\ヤーヤーヤー!/
カーリング女子 チーム青森


概要


1チーム4人の2チームで対戦する。8回ずつ交互に石を投げ、より円の中心に石を置いたチームが得点を得る。これを10回繰り返し、総得点の高いチームが勝者となる。両チームが知略を駆使して戦うことから、別名「氷上のチェス」とも呼ばれる。

元々はスコットランド発祥の競技であり、1998年長野オリンピックにて五輪正式種に採用された。

チーム内のコンビネーションも大切となるため、日本では際戦の代表選考もチーム毎に行っている。
特に「チーム青森」は、トリノオリンピックで7位入賞したことで一躍有名になった。またこの活躍により、日本におけるカーリングへの関心が高まった。
その4年後のバンクーバーオリンピック(「クリスタルジャパン」と呼ばれた)は8位入賞であったが、事前の期待もあり実際にもかなりの健闘を見せたため、大きな話題になったことは間違いないだろう。
出場チームが「LS北見」となった4年後の平昌オリンピック(「そだねージャパン」などと呼ばれる)では遂に日本カーリング史上初の銅メダル獲得を果たし、ビジュアルハーフタイムおやつを食するシーンも含め更に注されるようになった。SNSを通じてカーリングに見立てた動画アップロードするユーザーも増え、競技に対する関心は一つ上の段階に入ったと言えるだろう。

とはいえ競技としての歴史がまだ浅く、専用の施設も必要となるため、日本における競技人口はまだまだ少ない。特に男子女子と違いスポンサーがなかなか付かないなど、銭面にも苦戦している現状。今後は新設された男女混合チームなどへの編入が出来るかが課題となる。


ルール



チーム構成


基本は1チーム4人+補欠1人の5人(3人+1人でも試合は可)。試合では4人が2投ずつ、計8投を行う。

スキップが7,8投でない場合は7,8投を投げる人を「フォース」と呼ぶ。

ポジション 説明
LS北見
リード 1,2投を担当。掃き手(スウィーパー)になることが多い。 吉田
セカンド 3,4投を担当。掃き手(スウィーパー)になることが多い。 鈴木
サード 5,6投を担当。スキップが投球する際は、代わりにスキップ役(バイススキップ)を務める。 吉田知那美
スキップ(将) 7,8投を担当。試合での
試合中にハウス(円)の中で示を出せるのはスキップ(もしくはバイススキップ)のみ。
藤沢五月
リザーブ 補欠 本橋麻里

※「LS北見」に記載したメンバー平昌オリンピックの代表メンバーである。


試合の流れ


[画像を見る]
[画像を見る]

五輪などの公式試合は10エンド(一回の攻守が1エンド)、持ち時間73分で行われ、1分間のタイムを2度まで取ることができる。第5エンド終了後に7分間のハーフタイムがある。10エンド終了時の総得点数で勝敗が決まり、同点の場合は延長戦を行う。また持ち時間がゼロになった時点でゲームが終了していないチームはその試合を没収される。

カーリングはスポーツマンシップを非常に重んじる競技でもある。セルフジャッジで試合が進行するため、フェアプレーの精が大切にされる。勝ちい時は自ら負けを認め(ギブアップ)、相手に握手をめることでその意を示す。

先攻・後攻

第1エンドの最後にストーンを投げることのできる後攻の方が基本的には有利である。特に最終(第10)エンドは後攻の方が有利とされ、そのためにどのタイミングで先攻・後攻になるかの駆け引きも行われる。

点数の付け方

[画像を見る]

ハウス(円)の中心に一番近いストーンが「No.1ストーン」と呼ばれ、以下中心に近い順にNo.2、No.3…となる。

得点権は、エンド終了時にNo.1ストーンを持っているチームが得る。この時、相手チームの一番内側のストーンよりも内側に入っているストーンの数が得点となる。

左図の場合、No.1ストーンである黄色チームに得点権がある。この時相手のチームの一番内側のストーンがNo.3ストーンであるため、黄色チームの得点は赤色のNo.3ストーンよりも内側の黄色ストーンの数=2点となる。

このような数え方をするため、もう一方のチーム(この場合はチーム)のそのエンドの得点は必ず0点となる。

スウィーピング

ブラシで氷を掃くことをスウィーピングという。カーリングのリンクには試合前になどをまいてペブルと呼ばれる氷の粒が作られている。スウィーピングによってこれを僅かに溶かし、の膜を作ることで、その方向へストーンが滑りやすくなる。

ティラインハウス中心を通るライン)を越えた後は、スキップは相手チームのストーンに対してスウィーピングすることができる。

かけ声

ちなみに選手・監督がよく聞こえるのは胸元にマイクが取り付けられているため。これは選手の会話を見ている人にも聞こえるようにすることで、一見単調なカーリングの試合を楽しんでもらおうという工夫である。同様にリンクにも左右5個ずつ、計10個のマイクが仕掛けられ、ストーンが氷を滑る音などを拾っている。


用具



関連動画



■sm2677792[ニコ動]

■sm9779381[ニコ動]
■sm9789350[ニコ動]
■sm3131806[ニコ動]


関連商品


■azB000J3TJEG
■az4900253316
■az4054031307
■azB000H7J3X6


関連項目



最終更新日: 18/02/24 22:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ