ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カール・フォン・ゴールデンバウム


ヨミ: カールフォンゴールデンバウム
掲示板をミル!
5カキコ!

カール・フォン・ゴールデンバウム(Carl von Goldenbaum)とは、「銀河英雄伝説」のキャラクターである。


カールの名


カールという名を持つゴールデンバウム王の一員は、少なくとも3人いる。そしてその3人は、皇太子、ないしは少なくともそれに準ずる位継承権者であった。しかし、この3人はいずれも位につくことが出来ず、折に定評のあるルードヴィヒと並んで呪われた名前とみなされたという。

この記事では、その「凶運の名前の双璧」の一端、ゴールデンバウム王史における最大の陰謀によってその継承権を失った、おそらく一人カールについて記述する。


生誕


そのカールは、ゴールデンバウム王の第3代皇帝リヒャルト1世の子で第4代オトフリート1世のであるユリウス大公、の長男であるフランツ・オットー、のそのまた長男、のさらに長男、という、なにやらしっちゃかめっちゃかな皇族として生まれた。本来皇帝の四世孫として、祖フランツ・オットーが立てる公爵侯爵あたりの三代目あたりになるはずの人間であったろう。というか皇族って言えるのかこれ。

それが、彼のまだ物心つくかつかないかという頃に一変する。
第4代オトフリート1世の子である第5代皇帝カスパーが、寵する美男子とともに失踪するという前代未聞の事態が発生したのである。しかも退位宣言を置いていく念の入れよう。そしてそのカスパーにはなどはいなかったらしく、130日の間困ったり迷ったりの挙句、叔父であるユリウス大公(御年76歳)が位についたのだった。この時点で、カール皇太子となったフランツ・オットー大公長男直系の孫という、位を約束された身分となった。

もともとユリウスが位についたのは、皇太子となるフランツ・オットー大公(当時50代半ば)の聡明さに期待されていたからであった。つまりショートリリーフだったのである。しかし、そのユリウスが延々と玉座に座り続けたことが悲劇を呼び起こしてしまう。まずフランツ・オットー長男逝し、さらにフランツ・オットーまでもが74歳でより先に死んでしまったのである。あとフランツ・オットーの次男もこの辺りで死んだっぽい。


怪老ユリウス


こうして、カール位継承権第一位の持ちとなり、皇太曾孫というどえらいややっこしい身分となった。ドイツ語とか英語じゃ皇太子だろうが皇太孫だろうが区別はないというのは有名な話だが、帝国公用語だからいいのだ。

そして問題はそのカールである。
彼が受け継ぐべき玉座に居座る老人は、彼が知るかぎりずっと老人であった。彼に記憶があるのはユリウス70代の頃以降であり、今やその皇帝は在位20年、96歳にもなって尚、昔と何ら変わるところを見せない矍鑠たる老人であった。彼が「こいつ何?森繁久彌もじいちゃんみたいに皇帝になるまえに老衰で死ぬんじゃね?」という、オカルト気味な恐れをいだくのも理からぬことであろう。子供のころ通った近所の駄菓子屋ババア社会人になってもまだババアだった、みたいなもんである。

そういうわけで、彼は弑逆を決意した。
皇帝の寵を利用し、ユリウスの杯にを入れさせて暗殺したのである。ユリウスは死に、カールは喪としてその「盛大だが心のこもらぬ葬儀」を率いた。ようやく皇帝になれる、と、そう思った。


失脚


しかし、彼は皇帝にはなれなかった。
彼は殺を実行させた寵を、ユリウスの死の際になにも出来なかったとして殉死させて処分したのだが、彼女はその寸前に器用にも腕輪の中に口で事の末を記してに形見として送ったのである。幸いも途中で確かめなかったらしく、それは近衛兵である事届いた。そしてそのは、位継承権第二位を有するカール従兄弟、ブローネ侯爵ジギスムントに注進に及んだのだった。

ジギスムントはこの情報を知ると欣喜躍し、カールを追い落として閉、自らジギスムント2世として位についた。そして失意のカールは流刑同然の身分のままで生き続け、彼が暗殺したユリウスより上の97歳で死んだ。


関連動画


カール・フォン・ゴールデンバウムに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/04/06 16:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ