ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


カール・ルイス


ヨミ: カールルイス
掲示板をミル!
5カキコ!

カール・ルイスとは、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。


概要


第一回世界陸上ヘルシンキ大会で100m、走幅跳、4×100mリレー三冠を皮切りに陸上界のスター選手として名をかせた。

100m986、200m1975走幅跳8m87cmの記録を持っている。

ピッチを持ち味とし、走幅跳のフォームは精密機械のようだといわれていた。

自身が風邪薬によるドーピングを疑われたこと、またライバルとされていたベン・ジョンソンドーピングなどからアンチドーピングの立場を取っている。

引退後は俳優をしている。

100mの戦歴

83年から87年の世界陸上までは圧倒的なで勝ち続けていた。
88年はその当時ベン・ジョンソンと実を二分しており、ソウルオリンピックではベン・ジョンソン失格によって繰り上がりの金メダルになっている。

この時ベン・ジョンソンスパイクアシックス、カール・ルイスはMIZUNOに製作を依頼していたのだが、ベン・ジョンソンの記録に勝つため「5/100秒縮められるスパイクを作ってくれ」とMIZUNOに依頼している。

そのスパイクを使用した世界陸上東京大会で986の当時世界記録を打ち立てた。

スパイクが前日までルールに適合していないと言われMIZUNO社員がソールの突起部分をカッターで削って適合させたのだが削る様子を見て「それで滑ったりしないのか?」と言ったといわれている。

走幅跳の戦歴

加速フォームの綺麗さに定評があり、世界陸上東京大会でマイク・パウエルとの死闘に敗れるまで常勝街道をひた走っていた。その記録10年間65連勝。

東京大会ではボブ・ビーモンが作った世界記録の更新を期待されていた。
カール・ルイスは3回の試技で8m83cm、4回は追い参考ながら8m91cm、5回は8m87cmを跳んでいる。
しかしマイク・パウエルが5回で8m95cmを跳び優勝、世界記録を譲る。

それでも認されない記録ではあるが9mジャンプを少なくとも3回以上行っている。(計測の不備、量不明、濃霧の為等)なかでもファールだったもので9m19cmを跳んだとされている。


関連動画



■sm4201109[ニコ動]

■sm8160493[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/05/20 18:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ