ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガチタン


ヨミ: ガチタン
掲示板をミル!
147カキコ!

ガチタンとは、アーマード・コアシリーズプレイヤーによるスラングである。
大きくて硬くて、さらに太くて長いモノも付いちゃうオトコノコの夢の結晶
ACfAいて「敵ネクストガチガチの重装タンクだ。撃ち合いに付き合うな、賢くやれ」との台詞もあり、半ば俗語と化した向きもある。


概要


重量タンクの脚部をベースガチガチに防御を固め、高火力武器を満載したACのこと。
ガチ重二」などのように、他の脚部でも同じコンセプトが用いられることもあるが、タンクは積載量・防御ともに特筆して優れているうえ、強なものの他の脚部では停止して発射姿勢を取らなければいけないキャノン系武器を移動しながら自由に使用することができる。
このため、ガチタンが多くの場合で同コンセプトの究極形となる(裏を返せば、欠点も最大になる)。

あまりの重量のために回避行動は困難を極めるが、頑強な装甲で耐え、それ以上の圧倒的火力で葬り去る。
『やられる前にやる』という非常に分かりやすい戦い方を実行でき、かつ動きが遅いことで逆に操縦や照準がしやすいため、操作に慣れていない初心者でも扱いやすい。攻略本などでも推奨されることが多く、またシングルプレイに限った話で言えば『いざという時のガチタン頼み』がある種の共通認識となるほどである。
アーマード・コアシリーズ初代から強アセンの一つの帰結として、多くのレイヴンリンクスに親しまれてきた伝統的アセンブルの一つである。総統閣下用している。

一方、対人戦ではその鈍重さから非常に扱いが難しい、玄人好みの機体である。
開始時のAP(ライフ)は最高級に高いため開幕から有利に戦えるが、一度でもAPを逆転されてしまうと機動性の低さから逆転が難しく、攻めあぐねてタイムアップ判定負けしてしまいがちである。あまりに相手との技術差があると、死に回り込まれて何もできないまま撃破されてしまうこともある。
しかし、ギリギリの機動性を最大限引き出し、かつ地形や状況を巧みに利用する高いスキルを持つプレイヤーの扱うガチタンは闊には近付くことすらできない脅威となる。

代表的なタンクACとしては、初代シリーズ登場のフロム・ソフトウェア社長謹製機体『総監督マシーン改』が
トップランクのタンク使いはそのほとんどが「○○先生」と呼ばれ、初心者卒業のボーダーとして立ちはだかる。
高出兵器をEN切れ知らずに撃ちまくるLRの「月影先生」や、重量過多をものともせず制圧火力を発揮する4の「ワカ先生」などは特に有名なタンクであろう。「アイアン先生」に倉庫に呼び出された日にはトラウマものである。
古参レイヴンはもとより、PSPAC3からの新人レイヴンはその多くが両腕両肩にミサイルを搭載するACヘルハンマー」を駆るグランドチーフに苦戦させられたことだろう。
現在有澤重工第43代社長有澤隆文が駆るネクスト雷電」がガチタンの代名詞として有名である。
奇しくも有澤隆文社長(´神`)社長である。つまり有澤隆文(´神`)の化身なのかも知れない。

女史台詞を借りるならば「ガチタン、つまり(´神`)ということ。神直利です(´神`)」という感じだろう。
こんなところか。偏ったアセンブルだが見返りは充分に大きいぞ。それでどうする? 組むか?


各シリーズでのガチタン


初代シリーズ

猛威をふるう衝撃武器を物ともしない安定性と、全高が低いためレーザーブレードられにくい特性、そして何より圧倒的な防御を持つ。なにしろ、大抵の実弾武器では落とす前に弾切れを起こすほどである。

しかし、後発作品で登場した特殊機が一切なく、本当に最低の機動性しかない。
ソロプレイでは大した問題にはならないが、対人戦では一度でもAP負けすると判定負けがほぼ確定してしまう。
レーザーブレード使用時の短距離ダッシュや、中での自由落下、挙句にキャノン発射時の反動すら利用することで一重で攻撃をいなし、決してAP逆転を許さない非常にテクニカルな運用を要される。

AC2シリーズ

コア(胴)に内蔵されるオーバード・ブースト機の登場により、機動性が大幅に強化。
さらに迎撃装置やデコイといった対ミサイル装備の充実、局所的にロックオン不可能にするノイズメーカーの登場などにより、ガチタンの選択肢はさらに増加した。
ノイズメーカーで敵機のロックを妨しながら戦う通称「ノイメタンク」や、強な両肩キャノンを使う「マックタンク」など有名アセンも多い。

AC3シリーズ

シリーズと概ね同様だが、システム仕様から命中率が下がり、機動性の重要度が上がったことや、SLで登場した二挺(ダブルトリガー)の影キャノン系武器の価値が相対的に下がったことなどから、ガチタンと呼べるほど重いタンクはあまり実用的でなくなった。

NX~LR

NXではバグや非常に強キャノンなどの存在からガチタンが席巻、公式大会で特殊なレギレーションが組まれるまでに至る。NBでは(一部除いて)それらが修正され、本来の玄人好みのアセンブルとなる。

LRではタンク脚部の防御が飛躍的に向上した代わり、旋回性が大暴落してしまい、高速化したゲーム性も相まってシングル・対戦を問わず肩身が狭くなった。また背が低いため被弾が頭部に偏りやすく、パーツ破損が極端に起こりやすいのも辛い

AC4シリーズ

ブーストダッシュが可となり、新システムクイック・ブーストも併せて機動性が向上したが、キャノン系武器をどの脚部でも自由に撃てるようになったため、相対的に火力の優位が低下。
しかし、格納制限なしという新たな利点が追加。本来、ハンドガンのような小の武器しか予備として格納できないところ、タンクガトリング砲だろうがライフルだろうがなんでも格納でき、武装である腕部兵装を実質2×2装備できるようになった。
このため、最初はレールガンスナイパーライフルで遠距離戦から確実にダメージを与え、接近されたらそれらを捨てて格納から近・中距離用のアサルトライフルを装備する、といった大胆な戦い方が可となり、より柔軟さが増したと言える。

ただし、クイック・ブーストが使えるのはネクスト全てのことであるし、ガチタンとしての基本特性(遅い・重い)は変わりないので、相手に上や死を取らせず、如何に撃ち合える状況を維持するかが重要である。

なお、全ての脚部でキャノン自由に撃てるようにはなったが、安定性の低い機体ではグレネードキャノンスナイパーキャノンのような反動の大きなキャノンを撃つと反動ロックが外れてしまうという欠点があるので、安定性に優れるガチタンはやはりキャノンの扱いにおいては優位に立っている。

ACV

キャノン系武器の構え動作が復活し、再びキャノンを通常武器として扱える一の脚部になったため、火力面での優位が復権。
さらに、新たに導入された跳弾システム(※機体の防御未満の攻撃は装甲表面で弾かれ、ダメージが1/3になる)により、タンクの装甲は事実上さらに強化。
正面からの撃ち合いならば、まさに圧倒的な強さを誇る脚部となった。

一方、ACVで導入された新システム、ブーストドライブ蹴り)を一使用できないという新たなデメリットも追加されている。今作ではブーストのみでは垂直上昇が出来ず、蹴りを積極的に利用する必要があるため、これはそのまま『タンクは事実中戦が不可能』という大きな欠点に繋がっている。
ビルや山岳のように立体的で、他脚部が蹴りで機動を大幅に増強できる地形ではただの鈍重な的にもなりかねない。

さらに言えば、ACVは従来作からゲームルールが大きく追加・変更されており、AC以外に撃破・防衛標が定められていることが多い。このため、どれだけ正面戦闘に強くとも、機動に劣るタンクは下手をすれば戦況に置いてけぼりにされることも有り得る。
そして当然ながら、いくら硬いと言っても3~4人で袋叩きにされて耐えられるようなこともない。

さらに追い打ちをかけると、OWやパイルバンカーと言った『一撃必殺』武器の台頭により、自慢の装甲も同然に成り下がる場合もある(これはACVコンセプトが『緩急のある戦闘』である為、連続した高速移動が出来る機体と出来ない機体の差がはっきりとしてしまい、至近距離まで近づくタイミングが増加した結果、相対的に近接武器が当てやすくなったことが起因している)。

このように、ACVコンセプトにもあるように従来作と以上に長所・短所が非常にはっきりとしている。
上手く活かせれば攻防の重鎮となれる脚部なので、チームで戦略を組み立てての運用が重要である。


関連動画


ガチタン[動]」を含むタグ動画検索


■sm6241961[ニコ動]

■sm1588789[ニコ動]
■sm8090660[ニコ動]
■sm603358[ニコ動]
■sm484451[ニコ動]
■sm564339[ニコ動]
■sm1512409[ニコ動]
■sm1690521[ニコ動]
■sm2489510[ニコ動]
■sm4027598[ニコ動]
■sm4714540[ニコ動]
■sm5557487[ニコ動]
■sm3270154[ニコ動]
■sm5300839[ニコ動]

関連商品


ム! ガチタン関連商品情報
というかタンク脚製品もリリースしてやって下さいorz


関連コミュニティ


■co505
■co1812

関連項目



最終更新日: 14/02/17 02:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ