ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガンダム試作0号機


ヨミ: ブロッサム
掲示板をミル!
23カキコ!
■im2235904(静画)

ガンダム試作0号機(RX-78GP00)とは、「電撃ホビーマガジン2002年6月号に掲載された公式外伝機動戦士ガンダム ファントムブレット』に登場するモビルスーツである。


概要


一年戦争後、地球連邦軍は疲弊した軍の再建計画を推し進めた。この計画では旧来の大艦巨砲主義に絡めれられる多数の大宇宙戦艦の開発と、一年戦争期における役となった機動兵器モビルスーツの配備計画が並行して進んだと言われている。
戦後兵器関連企業の吸収合併で急速に肥大化したアナハイムエレクトロニクス社は、連邦からMS共同開発を持ちかけられた。この計画を受けて社内で連邦軍のフラッグシップとなる伝説モビルスーツRX-78-2」に着眼し、これをバージョンアップさせる「ガンダム開発計画」に昇させたという。

計画で開発されたガンダムタイプはGPシリーズと呼ばれ、グリプス戦役時の第2世代、第3世代機にも匹敵する性を保有していたとされる。もっとも、記録抹消により開発計画自体がかった事にされてしまった為、後世でられる事はなく、当時を知る士官の言や怪しげなデータサイト上の都市伝説として伝わっている。
その中で、表舞台にすら出ることはなかった機体が存在したのだが、これに関してはあまり知られていない。それがトライアル用に開発された試作機であるガンダム試作0号機“ブロッサムと呼ばれる機種であった。
(GPシリーズの機体名はいずれもに由来し、ブロッサムの名で親しまれる本機は、開を意味する。)

RX-78の後期モデルやその量産機RX-81「ジーライン」等で見られるコアブロックの撤理由だが、現場レベルで不要と判断されたり、量産に適さない構造であったり…そもそもコアブロック自体が試作機のデータ収集用としての意味合いも強かった事が理由に挙がる。 時代に逆行する形となるが、開発チームRX-78-2良機としてそのコアブロックを復活させたのだった。ただしコア・ファイターではなく、その純良機コアブースターに着した開発チームコアブースターを新規に開発し、ブロッサムコアブロックに採用した。

コアブースターコア・ファイター較して大で、通常MSサイズコアブロックに適さない。そのためブロッサムコアブロックは通常の縦に収納される方式ではなく、横に差し込む形で機体とドッキングしている。従来のバーティカル・イン・ザ・ボディ方式は、こうした横にスライドするホリゾンタルイン・ザ・ボディ方式に刷新されたことにより露出したスラスターを推進に利用出来るようになった。
コアブロックのスラスターを利用可にした画期的な構造は、何より技術的躍進に一役買ったらしい。

しかし、不釣り合いな構造は機体の姿勢制御に悪影を与えてしまっている。 機体バランスを著しく損ねた結果、テストパイロットであるジャックベアードをして「バッタかよ」と揶揄されたくらい扱いが困難。後に作られた試作1号機ではコア・ファイター()への回帰を図っている。


装備


化しており、左肩部のMPIWSMinovsky-Particles Interference-Wave Searcher)、右肩部マウントの大ビームライフルなど当時の実験的兵装を装備している。しかしこのような多機化はパイロットに負担がかかるというか扱いが極めて困難であったため、本機での反点を踏まえ機を単一化してそれぞれ分担する方針に変更し、機ごとに特化させた機体を設計することになった。
高機動化をし、過剰なほどの補助バーニアを各部に装備。他、ドラムフレームに保持用サブアームと接続することで様々な装備をマウントする。

本機はテスト中にジオン軍と遭遇し、最終的にムサイ級の残骸の下敷きになって大破している。ちなみにパイロットは脱出しており、この後もアナハイム鹵獲したガンダムMk-Ⅱデータ採りや、エゥーゴアスナエルマリートの所属先の上官として割と活躍していたりする。しかし御咎めはなかったのだろうか、結構な損失だったと思うのだが…。


公式外伝


サンライズでは基本的にアニメ以外は非公式・準公式と割り切ってはいるが、中には「公式正史)」として企画されたアニメ以外の作品も存在する。
ブロッサムサンライズが関わった映像媒体へは未だ進出していないが、その出時は同時期に同誌で展開されていた公式外伝AOZ』と同じサンライズ監修の公式外伝作品である。しかし暫く何の展開もされていなかった事もあって、別の意味で黒歴史に葬られたのかと思うくらい悲しい企画だった。

そんな不遇企画の転機となったのは恐らく00年代後期。各種ムックガンダム大全集や、皆川ゆか氏編纂のガンダム百科事典)で存在が触れられ、2012年には遂にゲームGジェネOW」に出演するなど、今までの不遇がであったかのように各媒体に進出している。
模型媒体がデザインの初出であるガンダム試作4号機と同様、言うなれば0083-MSV的な立場の機体と認められつつあるようだ。

2016年に初めてコンバージ化・商品化された。ここまで来れば販キットも望みたい所。


関連動画



■sm19245146[ニコ動]


関連商品


書籍

■az4048704540
■az4063757951
■az4575464651
■az4797373679

玩具

■azB017R09GFU


関連項目



最終更新日: 19/03/30 17:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ