ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガンダム7号機


ヨミ: ガンダムナナゴウキ
掲示板をミル!
12カキコ!

ガンダム7号機とは、「MSV」「M-MSV」「機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -の涙-」に登場するモビルスーツMS)。

元々MSVとして設定が存在していた7号機に、M-MSV大河原邦男コレクション)でデザインと設定(フルアーマー、重装フルアーマー含む)が与えられ、後のPS3機動戦士ガンダム戦記カトキハジメリニューアル版が登場。


ガンダム7号機


GUNDAM 7th
ガンダム7号機
RX-78-7
頭頂高 18.3m
重量 39.2t

1,670kw
70,800kg
搭乗者 ユーグ・クー
シェリーアリス
装甲 ルナチタニウム
武器

一年戦争時にジャブローで製造されたRX-78ガンダムセカンドロットシリーズ4~8号機の内の一機。
開発前から既に「FSWS計画」に組み込まれており、増加アーマーの装着を考慮して根本から再設計している。

FSWS計画における試作第2案で2号機のFA-78-2「ヘビーガンダム」はFA-78-1「フルアーマーガンダム」と異なり、設計段階から増加パーツ一体方式を採用した仕様だった。
しかしそれが原因で機動の低下を招いたのがFA-78-2の課題点として挙げられていた。
一方でFSWS計画の3号機にも属する7号機では、先祖帰りするかの如く外付け増加アーマーを取り付ける計画となった。

素体には再設計で外装オプションを取り付けるためのマウントラッチを増設しているため、拡性に優れている。
コアブロックシステムを撤し、新技術の全モニターを採用、機を高出ジェネレーターに刷新、機体各部に姿勢制御用スラスターを増設した事と各新規設計によって総合性は大幅に向上をみせた。

ガンダムTR-6ガンダムTR-1ガンダムF90という機体があるが、これらは拡性が凄まじいほど高く、用意されたオプションだけでかなりのバリエーション数を誇る。7号機のコンセプト上、(恐らくこれほど多くはないだろうが)各種オプションによって様々な戦局に対応出来るMSを理想とするのは、後の世代を見ても明だろう。

FSWS計画の進展を待ってから再設計・開発が始まりさらに最新鋭の技術を随時取り込んでいた事から、ロールアウト時期が一年戦争終結後へと大きくずれ込んでしまった。


フルアーマーガンダム7号機(フルアーマーガンダム3号機)


FULL ARMOR GUNDAM 7th
フルアーマーガンダム7号機
FA-78-3
頭頂高 18.3m
重量 39.2t(本体) / 88.7t(全備)

1,850kw
78,450kg
搭乗者 ユーグ・クー
装甲 ルナチタニウム
武器

増加パーツは2段階に分けられ、一つの「ファースト・アーマー」と呼ばれるパーツを装着した形態は形状的にもフルアーマーガンダムFA-78-1)に近い姿となっている。
式番号のFA-78-3が示す通りFSWS計画の3号機であり、フルアーマーガンダム3号機とも呼ばれる。

サブ・スラスターやサブ・ジェネレーター内蔵の増加パーツで出1850kwまで上がり、通常のビームライフルの2倍の長射程を誇るビームキャノンを新規に装備。

さらにマイクロミサイル、3連装ミサイルランチャー、4連装ミサイルポッド等の豊富な火器を備えている。オプションで下腕部2連装ビームスプレーガンか2連装グレネードランチャーのどちらかを選択する。


重装フルアーマーガンダム


HEAVY ARMED FA GUNDAM
重装フルアーマーガンダム
HFA-78-3
頭頂高 18.3m
重量 39.2t(本体) / 120.8t(全備)

3,110kw
95,450kg
搭乗者 ユーグ・クー
装甲 ルナチタニウム
武器

フルアーマー7号機に「セカンド・アーマー」という大ブースター込みのパーツを装着した実質的な最終形態。

大出ジェネレーター、ブースター、武装で構成される大ユニットは凄まじい推火力を生む。重量は120tに至ったことでもはや1G重力下の歩行が不可能であるため、宇宙空間専用の形態として考えられていた。

モビルスーツモビルアーマー、あるいは戦艦として運用するコンセプトのもとで生み出された形態で、運用法は従来のMSとは全く異なる。
こうしたMSの範疇から逸した重装備・運用法はガンダム試作3号機ガンダムTR-1ガンダムTR-6の様な巨大モビルアーマー形態(拠点防衛、侵攻・殲滅形態)を彷彿とさせる。

特に新たに追加されたビーム兵装(メガビームキャノン)は戦艦に匹敵する射程・威を誇り、火力めるだけで機に支障を来たすほど。その怪物的な火力・装甲・加速性戦艦に匹敵するとも言われている。


水天の涙では


オーガスタ基地でのテストを経て「の涙」作戦阻止のためにファントムスイープ隊に配備され、隊長であるユーグ・クーロに引き渡された。

しかし本機のテストパイロットジオン軍インビジブルナイツが送り込んだスパイシェリーアリスン(本名タチアナ・デーア)が担当したことが原因となり、連邦上層部はジオンパイロットが潜入してMS、それもガンダムタイプに乗っていた事実を隠蔽するために機動補正プログラムを抜き取った。そのせいで機体動作が不安定でスペックフルに発揮出来ずにいたが、後にゴドウィン准将の働きで正式に使用許可が降り、プログラムを組み込んでいる。

の涙作戦終局においてエリクブランケの高機動型ゲルググとの戦闘勝利RX-78としてはしく、破壊される描写がかった。


関連動画



■sm19245146[ニコ動]

■sm19338055[ニコ動]
■sm21482818[ニコ動]
■sm8139067[ニコ動]


関連商品


■azB002K74NT0


関連項目


RX-78 ガンダム(ファーストロット・セカンドロット機)


最終更新日: 19/06/11 19:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ