ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガーネツト


ヨミ: ガーネツト
掲示板をミル!
3カキコ!

ガーネツトとは、1955年生の日本の元競走馬・繁殖である。

として初のグランプリ制覇を果たした名。ある男のロマンの結晶でもあった。

ちなみに正しい表記は「ガーネツト」であり「ガーネット」ではないが読みは「ガーネット」で正解。あと2009年止された重賞ガーネットステークスとは何の関係もない。


概要


顕彰馬にも選ばれた超快速トサミドリ小岩井農場の基礎の1頭フロリスカツプの子孫サンキスト、戦前室御賞典(現:天皇賞(秋))を出しリーディンサイアー争いに加わったということ以外情報が全くない英国ミンドアーという血統。いいんだか悪いんだかよくわからない。まあ血統評価は置いておくとして、このの誕生にはちょっと長い前日譚がある。

1941年、五郎という男が日高に牧場を開いた。この男、慶法学部なのに学生時代から産を夢見ていたらしく、小岩井農場から譲り受けた良血フロラヴアース(フロリスカツプの子孫。は名種シアンモア)を基幹にしようと努していた。しかし折しも太平洋戦争の最中、江は1944年に召集。家族に牧場のを残しておくよう言い残して中国に出征した。その後シベリア抑留を経て帰したのは1948年日高に戻った時にはGHQの農地解放のあおりを受け牧場は消滅、もいなくなってしまっていた。
それでも江は折れず、出征直前に生まれていたフロラヴアースサンキストを探し出し、ミンドアーを輸入した稗田牧場に預けとして再出発。サンキストは目黒記念東京大賞典を送り出して江の期待に応えた。そして4頭の産駒がガーネツトだった。

かしこのガーネツト、デビューからしばらくは成績がパッとしない。4戦でようやく初勝利を挙げ、旧3歳時は6戦2勝。年が明けて2連勝しクラシックに挑むが桜花賞6着、さらにオープンで2勝を加え臨んだオークスは5着。その後もオープンは勝つが重賞は勝てない、なんてレースを繰り返し、5歳までに34戦11勝。内9勝がオープン特別というなんともいえない成績だった。どうも気性が荒かったうえに出遅れ癖があったらしい。重賞に手が届かないまま、ガーネツトはこの年限りでの引退が決定する。

最後のオープン戦58㎏背負いながら勝つと目黒記念(当時はの2回開催)で3着。引退の手土産にと天皇賞(秋)に挑む。レースは中団後ろから直線抜け出すが、外から1番人気オーテモンに強襲され最後は並んでゴール写真判定の結果ガーネツトに軍配が上がり、初重賞で天皇を手にした。ちなみにこの写真判定の最中、江とオーテモンの永田一(トキノミノルとかの)が鉢合わせ、永田氏が「が勝ったぞ」と喜んでたのでガーネツト営は負けたと思いしょんぼりしていたら判定でガーネツトが勝ち営は大喜び、一方で肩透かしを食った永田氏はえらく落ち込んでいたらしい。まあ、オーテモンは翌年に天皇賞(秋)を快勝して辱できたからいいんだけど。

この勝利が効き、ガーネツトは滑り込みで有馬記念推薦され出走。しかし不良馬場で割り引かれたか12頭中9番人気という低評価だった。おいおい、いくらで重馬場ダメだからって、天皇賞をなんだと思ってんでい…。

レースはやや後方から進め、逃げた1番人気ハククラマが沈するのに外から仕掛ける。そして直線に向くと、上の伊藤男は較的状態のいい外ラチギリギリまでガーネツトを持ち出して一気にスパート次元の違う末脚で内のハタノボル以下を4身彼方に置き去りにし圧勝。史上初のによる有馬記念制覇を成し遂げた。天皇賞有馬記念を連覇したは後にもトウメイがいるのみという偉大な勝利であった。江は友人とのの席で「フロラヴアースを手放さなくて本当によかった」と涙したという。ガーネツトの活躍は江が追い続けた夢の結実でもあった。

繁殖としてもなかなかで、クラシックで善戦したタニノムーティエカモウメダイヤなどを送り出した。また、産駒の多くがだったために系が伸び、今でも一部は生き残っている。近年は在来系見直しの流れの中で二冠メイショウサムソン福島記念を勝ったミトラなど活躍も出ており、まだまだ活躍できる…かもしれない。江の夢はまだまだ続きそうだ。


関連動画



■sm25246132[ニコ動]

シンザンが消えた!」の元ネタ・・・かもしれない
■sm17333460[ニコ動]


関連商品


ガーネツトに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 15/10/25 22:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ