ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ガールフレンド(仮)


ヨミ: ガールフレンドカッコカリ
掲示板をミル!
1047カキコ!

ガールフレンド(仮)はAmebaで、検索検索ぅ♪

ガールフレンド(仮)とは、サイバーエージェントネットサービスAmeba上で運営されているスマートフォン向けソーシャルゲーム略称GFまたはガルフレ英語表記はGirl Friend BETAタイトルに「(仮)」とあるが、これが正式なタイトル名である。

プレイヤー学園2年の男子生徒となって校内や中を走り回り、他の男子生徒と殴り合いをしたり、イベントの度に出てくる変質人を殴り倒したり、中に出没する奇っ怪な生物を殴って捕獲したり、校内行事の度に女子生徒に対して差し入れと称して数単位スイーツを食べさせたりして、自分の運命の彼女をひたすら探し続けると言うゲーム。ゆえに「ガールフレンド(仮)」なのである。

サブタイトルは「きみが、を強くする。」

2014年6月アニメ化が発表され10月から12月まで放送された。
同時期にはコミック化も「電撃マオウ」において2015年2月号(2014年12月27日発売)まで行われ、さらに2014年8月からオフシャルマガジンである「GFマガジン」が第6号(2015年1月31日発売)まで発行されていた。
現在は、公式サイトにおいてWEBコミックが連載中である。


概要


萌える学園恋愛ゲーム」というキャッチコピーで表されているように、本作品の最大の特徴は一定ランク以上のレアリティカードほぼ全てにボイスが付いている点である。ただしボイスカードごとに数種類に限られており、いわゆる「フルボイス」ではない。
キャラクター原案はQP:flapper(サービス開始前はキャラクターデザイン担当とアナウンスされていた)。

2012年10月29日サービス開始。会員数は開始半年後の2013年3月12日100万人、5月5日200万人、9月には300万人、12月には350万人、2014年1月にはテレビCMの効果もあり400万人、3月には450万人、4月29日には500万人、8月には550万人、12月には600万人、2015年4月には650万人を突破した。

テレビCMにおける恐るべき効果と、ニコニコ動画への影についての詳細は→ガールフレンド(仮)TVCM

2013年3月ゲーム中での仮想通貨消費額は8.6億スペンド(※)、スマートフォン端末におけるAmeba全体の消費額(約20億スペンド)の4割強を占める。さらに2014年3月期では過去最高の18億スペンドに達している。
(※)スペンド=Ameba独自の課金率を表す単位で、1スペンド=1コイン相当。このうち約半分がコインの流通分と言われているため、企業としての売上高の安は2スペンド=約1円となる。即ち、このゲーム間売上だけで9億円前後に達したことを意味する。

しかし、急な新規アクティブユーザーの増加にサーバーの処理が追いつかず不具合が続出し、一部イベントの中止や開催時間・期間の短縮を余儀なくされる事態に陥った。その後、イベント参加人数が元の準に近い15~25万人程度に落ち着いてきたこともあってか、一部イベントの再開や時間をずらした上で開催時間を確保するなどに至っている。なお、公式アナウンスでは2014年3月中を処にサーバの増強が実施され、問題の起きたイベントの再開や開催時間を元通りにするなど一定の解決がされた(が、それ以降も滅多にサーバは落ちなくなったもののしばしば動作が重くなるなど、根本的な部分の問題は解決していない様子)。

2013年12月13日には、これの男子キャラバージョンホラーゲーム学園恋愛ゲームボーイフレンド(仮)」がサービス開始されている。

カードレアリティは下から順にノーマル(N)、ハイノーマル(HN)、レア(R)、ハイレアHR)、SレアSR)、SSレアSSR)、ウルトラレアUR)の7段階あり、このうち原則としてレア以上のカードボイスがつく(但しHNの最終進展も、Rに昇格するためボイスがつくが、R以上であっても諸事情からボイス実装予定が未定のままになっているカードが複数ある他、ボイス実装予定のない(CVの記述自体がない)レアカードも存在する)。

カードの入手方法はキューピッドと呼ばれるガチャの他、各種イベントで一定の条件をクリアするともらえるイベント報酬カードがある。イベント報酬カードは同一レアリティでもコストの高いカードほど入手が困難であり、例えばSRカードだけでも最上位報酬(コスト1516以上、イベントでの獲得ポイントランキングが概ね上位3ケタ順位以内など)・中上位報酬(同12~1415、ランキング3000~4000位程度入賞+の鍵などからの救出と部活・チーム勝利報酬、ハンターキー+ランキング7000位入賞など)・下位報酬(同910~1011、レアボスの連勝報酬や地図のピースからの救出)の3段階があり、それぞれの間において入手難易度もかなり異なってくる(イベントによっては2段階の場合もあり)。各報酬ともコストが増加している傾向にある。

また下位報酬カードの中にはさらに入手難易度の高いアイテムマカロン)を与えることによって好感度の上限を突破できるものがあり、これを与えるとコストはそのままで中~上位報酬並みに強いカードに仕立てることが可となる。

声優が非常ななことでも有名である。ただし田村ゆかり堀江由衣釘宮理恵などの有名声優が担当するキャラは基本的にレアリティが高い。
基本的には声優1人に1キャラ担当だが、儀武ゆう子名塚佳織堀江由衣の、3名が2キャラ担当している。
が、一方のキャラクター成瀬まなみ西野彩音透子)は空気と化しているのが現状である。
なお、運営開始から2年を経てもボイスが一度も実装されていないキャラクターが複数存在しているが、そのうちの一部はアニメ版においてCVが割り当てられている(後述)。

キャラボイスにもを入れており、これまでに千葉繁小山力也肝付兼太などが登場している。
しかし、肝心のガールボイス実装が、2014年頃からこの頃Amebaが開発を始めたRPGバトル恋愛ソーシャルゲームボイスの大量実装を入れるあまり遅れがちになっていたが、2015年に入りボイス実装スケジュールを発表し、順次実装していくと発表した。

2月18日からプレミアム会員制度がスタート324円・1080円・5400円の三つのコースから選択できる。
一番安価324コース初月無料となっている。 別に登録しなくても課金プレイはできますけどね。
プレミアム会員な特典は、経験値が常に1.5倍付くことと、回復アイテムが通常より安価セット価格で購入できる、コイン購入時の増量サービス(3~5%)、毎バッジやキュピチケが付いてくるなど。正直言って微妙


キャラ一覧


キャラクター合計は100と非常に多いため、記事を分割しています。

詳しくはガールフレンド(仮)の登場キャラクター一覧を参照。

なおガールフレンド(仮)では2013年以降毎年ガール人気投票企画が実施されている。

2013年

2013ミスコンテストが実施され、椎名心実グランプリとなった。

『ガールフレンド(仮)』の「2013ミス聖櫻コンテスト」結果発表!栄えある第1回グランプリは、椎名心実ちゃん![外部]

2014年

聖櫻学園マドンナ総選挙2014が開催され、前回グランプリの椎名心実CM効果で人気が急上昇したクロエ・ルメールらを抑え、前回2位であった村上文緒グランプリとなった。 

ファミ通.com:『ガールフレンド(仮)』マドンナ総選挙2014結果発表! No.1に輝いたのは……[外部]

2015年

聖櫻学園マドンナ選抜総選挙2015が開催され、2015年2月13日から3月23日まで投票が行われた。
2位70万票以上の大差をつけ、村上文緒が2年連続でグランプリとなった。

2016年

本年度からは「ガールフレンド(♪)」と連動した形式となり、学園マドンナ選抜総選挙2016」及び「ガールフレンド(♪)スター選抜総選挙2016」が開催された。
前者の得票率はまたしても村上文緒1位となった一方、後者の得票率は朝比奈桃子1位となり、両者合わせた最終結果は朝比奈桃子グランプリとなった。


聖櫻学園劇場


2014年1月実装された複数のガールたちが織りなす会話形式のモード。いわばストーリーモードである。
ストーリーを読むには登校やイベント参加、バトルによって「ゲージ」を一定数貯める必要がある。
末に新しいストーリー開され、2016年2月現在で第28話まで開されている。

ストーリーごとにメインヒロインが設定されており、各ストーリーごとにある程度話を進める度に、メインヒロインからメールが届き、呼び出しを受ける。そこでは、ストーリーメインヒロインに関する質問が答えることになっており、1問正解ごとに増える親密度ゲージを合計10以上にして(1回のメールに付き3問で全15問、1問不正解するとゲージが1減る。ただし最終問題に答えた後の画面遷移以前であればブラウザバックして答えを選びなおすことが出来るため、何回間違っても結果的にクリアは可である)、ストーリー完結させるとボーナスとして、デートチケットがもらえる。


ラジオ


 ガルフレラジオエレナと木子の秘密の放課後~」タイトルで、
2013年10月8日から2015年6月16日まで毎週火曜日正午HiBiKi Radio Stationにて開されていた。
最初の1年間は毎週ゲストを呼び、メインの片方が出演することが多く、メイン2名がそろうことが少なかった。
1周年を迎えてからはリニューアルし、メイン2名を基本としてに1回程度のペースゲストを呼ぶ方式になった。 

メインパーソナリティ原田ひとみ(原田ひとみ望月エレナ役)と水橋かおり(姫島木乃子役)の二人。

詳細は→ガルフレラジオ

また、別のラジオ企画として、ニッポン放送にて放送されている「ミュ~コミ+プラス」において木曜日サポータープラスコーナー2013年4月からGFが担当している。
2013年度はGFに出演している声優ゲストとしたり、運営イベント情報を出したりしていた。
2014年度はガールの5分番組のコーナーを放送している。


テレビアニメ


2014年6月アニメ化が発表され、7月に詳細が告知された。同年10月から12月まで放送された。全12話。
監督は「森田さんは無口。」の監督を務めた林直孝
シリーズ構成は「げんしけん」「じょしらく」などで構成を務めた横手美智子。 
脚本は横手美智子吉田玲子高山カツヒコなどが持ち回りをして担当した。 

アニメにおいてはヒロイン達の掛け合いと学校生活を中心に描かれており、変人や奇っ怪な生物たちは登場せずプレイヤーキャラとの絡みもない(モブキャラとしての登場はあり)緩い感じの日常系作品として、正統派ガールメイン青春グラフィティ的なストーリーから個性の強いガールメインコメディタッチストーリーまでが1話完結スタイルで構成されている。


次へ»
最終更新日: 17/08/26 11:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ