ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キハ54形


ヨミ: キハゴジュウヨンガタ
掲示板をミル!
1カキコ!

キハ54とは、日本国有鉄道が設計・製造し、現在JR北海道JR四国が運用している一般形気動車である。


概要


国鉄分割民営化がの前に迫った1986年昭和61年)から1987年昭和62年)に製造された気動車である。

2エンジン搭載で2軸駆動の気動車であり、深い北海道や急峻な地形の多い四国向けに設計された。ステンレス体を採用するなど、従来の国鉄一般気動車とはイメージが大幅に異なる。

台車液体変速機・運転台機器等には、従来発生部品を再利用し、四国向けの車両にはバス用部品を流用するなど、製造コストの削減を行っている。

九州地区にも投入予定であったが、急勾配な路線が多いため、車両長を短縮して軽量化を図ることで、重量当たりの出を多く取るなどの設計変更を加えたうえで、キハ31形として投入されている。


0番台(四国用)


1987年に12両製造。

バス用の折り戸と冷房装置を備え、ユニット式の二段である。座席はロングシートであるため、内が異様に広く感じる。

国鉄時代は体にオレンジ色のストライプを入れていたが、JR四国になってからコーポレートカラーである水色を使用した塗装となった。

閑散な路線には、キハ54形より小キハ32形が投入されている。


500番台(北海道用)


1986年29両製造された。

特殊な環境である北海道を走るため、非冷房、外部冷気防止用のデッキの設置、凍結防止用の温ヒーターを備えた引き戸、小の二重セミクロスシート、野生動物排斥用のスカートを装備するなど、0番台とはイメージが異なる。

また、長距離運用となるためトイレを装備している。最初は和式トイレの垂れ流しタイプであったが、のちに洋式トイレの循環タイプ改造された。

塗装赤色と、その下に細い白黒の帯テープを巻く。

最後に製造された3両(527・528・529)は急行仕様となっており、0系新幹線電車の座席が使用されている。なお、割りは一般車と同じため、席によっては外の色が見えないところもある。また、一般車と区別するため、上に帯が追加された。

この車両を引き継いだJR北海道では、液体変速機・台車などの発生品から新のものに交換、一般車の座席をキハ183系の簡易リクライニングシート(回転機構はし)あるいは50系客峡」用の転換クロスシートへ交換鹿を設置する等など、大々的な改造を行っている。


関連動画



■sm12561868[ニコ動]

■sm9708695[ニコ動]


関連商品


■azB002YZ2NMW
■azB005IVFYAW


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 14/12/31 17:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ