ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キハ85系


ヨミ: キハハチジュウゴ
掲示板をミル!
10カキコ!

キハ85系とは、JR東海の開発した特急気動車である。


概要


1987年国鉄分割民営化によって誕生したJR東海サービス向上のため旧式を新に置き換える計画を立てた。その中で特に置き換えが急務だった車両としてキハ82系があげられた。
キハ82系はエンジンが低すぎて山岳地帯の走行には不向きであった。内も製造から20年以上が経っていて、古めかしいアコモデーションが問題となっていたのを見過ごすことはできなかった。このことにより開発されたのがキハ85である。


車体・走行装置


最大の特徴はなんといっても搭載する2基のカミンズエンジンであろう。民営化によってエンジンにこだわることなくエンジンを選択できるようになり、を付けたのがアメリカカミンズ社のモデルだった。350エンジンを1両当たり2基搭載するため180×2のキハ80系べて約2倍のパワーを持つことになった。体重量や新トルクコンバータの効率などを考えれば実質的な差は2倍以上に広がった。特に直結2段式のトルコンは中速域での性低下を大幅に抑え、電車と遜色ない走行性を手に入れることができた。

JR東海はよほど気に入ったのか、キハ40キハ58近代改造の際にこのエンジンに換装、キハ11やキハ75といった新近郊気動車にもこのエンジンを採用した。
特にキハ75は走行装置はキハ85と同一のものを採用し、走行性は全く遜色ないものとなっている。

体は軽量なステンレス製で、ヨーダンパ付きの120キロ対応のボルスタレス台車を履く。ボルスタレス台車にしたことにより曲線通過速度が向上し、所要時間短縮に貢献した。


車内


らしの良い大の側面を備え、普通車シートピッチ1,000ミリで回転リクライニングシートを装備する。フットレスト付き。
グリーン車キロハ84では1,160ミリ間隔で2列×2列のリクライニングシートキロ85では2列と1列で前面展望な座席を備える。


運用


1989年より高山本線特急「ひだ」に投入され、1990年に全列車キハ82から置き換え了。
「ひだ」と同じくキハ82を使用していた紀勢本線特急「南紀」も1992年に全列車を置き換えた。

当初はキロハ84の入った編成を「ひだ」、キロ85の入った編成を「南紀」としたが、2001年に利用率の低かった「南紀」のグリーン車を「ひだ」に転用し、「南紀」はモノクラス編成となった。
2009年に再びグリーン車連結を始めた。


形式



今後


2017年6月JR東海はキハ85の後継について発表をした。新ハイブリッド駆動システムを採用し、最高速度は120km/hを予定している。エンジン1基となる予定で、静粛性は現行のキハ85よりも向上するとのこと。

今後2019年末に試験走行製作し、それを用いて約1年間試験走行を行いデータを収集。量産2022年度に投入する予定である。

なお、それにより置き換えられるキハ85系の処遇については未定となっている。


関連動画



■sm17254414[ニコ動]

■sm3088479[ニコ動]

■sm24515155[ニコ動]
■sm32450038[ニコ動]


関連商品


■azB0003JYABI
■azB0003JYABS
■az4871493601


関連コミュニティ


■community
■community


関連項目



最終更新日: 18/06/21 02:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ