ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キャスター(Fate/Zero)


ヨミ: キャスター
掲示板をミル!
587カキコ!

我を大百科に現界せしめた召喚者、貴殿の名をここに問う…


キャスターとは、小説およびアニメ作品『Fate/Zero』に登場する魔術師サーヴァントである。

CV鶴岡聡

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事も参照。


怖がらなくてもいいんだよ?坊や


第四次聖杯戦争で最後に召喚されたサーヴァントマスター雨生龍之介
本来聖杯戦争に関係ないマスターの遊び半分で行った儀式(正規の召喚ではない)により呼び出される。クトゥルフ神話インスマウスを連想させる異様な貌が特徴で、性格は狡猾であるものの盲目的な面もあり、やや慎重さに欠ける。

TVアニメでは2話にて初登場。
召喚された直後には儀式の場に居合わせた少年之介が殺した一家の生き残り)を解放し、優しくをかけて逃げるように促す。玄関に辿り着いた少年が外の希望を見出した間、背後から数の触手が襲い掛かり、中に断末魔き渡る——。あっけにとられる之介に彼はこう告げるのだった。

恐怖というものには鮮度があります。
怯えれば怯えるほどに、感情とは死んでいくものなのです。
の意味での恐怖とは、静的な状態ではなく変化の動態――
希望から絶望へと切り替わる、その間のことを言う。
如何でしたか?瑞々しく新鮮な恐怖と死の味は…

『触媒がい場合は召喚者の気質に似た人物が召喚される』ということで出会ってしま意気投合した二人だったが、聖杯そっちのけで隠匿もしに行を繰り返し、第四次聖杯戦争を引っ掻き回す存在となる

そして同じく聖杯戦争に招かれたサーヴァントであるセイバーと出会うと、その容姿から彼女を「ジャンヌ・ダルク」その人であると妄信。執着心を顕わにし、執拗にセイバーの前に姿を現すようになる。

ちなみに彼が之介に名乗った「」という名前は彼がモデルとなった童話(伝説)の主人公の名前であり、「一度犠牲者を助けておきながら殺す」という手法も相まってそのまま彼の真名の手掛かりになっている。というか6話で普通に名乗る。之介からはもっぱら「(の)旦那」と呼ばれる。

キャスターの手口に感する之介と、之介の持つ独自の宗教観に感心するキャスター。相性は一見良好に思えるが、那須きのこ氏によると「仲が良かったのは期間が短かったためにお互いの齬に気付かなかったこと」で、「その齬が偶然回りまわっていい方向に働いたため」だという。運が悪ければ之介はその場で殺されていたとのこと。


そこまでに画面を閉ざしておいでが、致し方ない…


その性癖趣味と偏執から登場するたびに犠牲者(少年少女)が出るキャスター組だが、原作ドラマCD版にべるとアニメ版はやはりTVアニメということで制約が厳しく、様々な規制が行われている。
柱や木で隠れる、画面が暗い、セリフや場面自体を大幅カット、などなど。BD版では規制がかかっている場面や音が補されているが、苦手な方は注意。

ちなみに、原作で特に危険と言われていたシーンBD版でも再現されていない。ここでは詳しく書かないが、気になる方は原作をどうぞ。

一方、じろう氏が手がけているコミカライズでは非常に細かく彼が活躍するシーンが描かれている。原作に増して非常に刺が強いものになっているので注意されたし。


COOLなステータスを、俺に見せてくれ!



保有スキル


地作成:B 魔術師として自らに有利な地を作り上げる。「工房」の形勢が可
汚染:A 混乱・混沌とした精状態を表す。混濁・錯乱した精構造のため、第三者による精干渉系の魔術を遮断する事が可。ただし、他者との意思疎通を行う場合、相手が同程度の『精汚染』スキルを保有していないと成立しない。
芸術審美:E- 芸術品や美術品への執着心を表す。 にしたサーヴァント宝具が美術・芸能面に所縁がある場合、低確率ではあるが担い手の真名を見破れる。
深淵の邪視:C Fate/Grand Orderでの追加スキル
深淵の闇を覗き、また覗かれてしまったジル・ド・レェの末路。その眼は大きく変貌し、深海に棲む"モノ"のように恐怖をまき散らすものとなった。暴力、威圧による恐怖ではなく、あくまで相手自身の内側にある"未知への恐れ"を沸き立たせるもの。ロストサニティ

宝具


螺湮教本(プレラーティーズ・スペルブック
ランク:A+ / 種別:対軍宝具 / レンジ:1〜10 / 最大捕捉:100
人間の皮で装丁された、怪異を呼び出すことが出来る魔道書。螺湮(らいんじょう)と読む。詳細は「ルルイエ異本」で検索されたし。
おぞましい見た魔を容易に召喚して戦わせることが出来る。
召喚される怪物は単体なら英霊にまず敵わないが、いくら潰しても魔導書自体にダメージを与えなければ新しいものが湧いてくるので非常に厄介
本人に負担がかからない上、門番代わりに設置して自を守らせたり複数召喚して数にものを言わせて攻め立てたりと容易に戦えられるため、多対一の状況に強いのも特徴。
さらに宝具自体に自己修復機があるため、ある程度なら破損しても問題なく使用可という便利な機も持っている。
本来魔術師ではないため魔術が行使できずステータスも高いとは言えない彼の戦闘を支えている、強宝具である。

Fate/Grand Order



キャスター


相変わらずこちらでもよく似た他人ジャンヌの転生と信じて疑わない。懲りないなぁ…そしてそれによく似た他人に対してどこぞのクーガー兄貴みたいな愚痴をこぼす。
あと、ジャンヌ仲間に迎えている状態でのマイルーム会話は必聴。彼の悲願が報われる一である。

ストーリー上でのキャスター


セイバー


セイバークラスとしても登場。狂気に陥る前の姿。「」としての逸話が有名なためこちらの姿で召喚されるのは稀。

宝具
たる旗に集いて吼えよ(セイント・ウォーオーダー)
カード種別:Arts ランク:B
自身の攻撃を大アップ[Lv.](2T)
&防御を大ダウン(3T)【デメリット
スターを獲得(5→25個)<OCで効果アップ>
たる旗に集いて吼えよ(セイント・ウォーオーダー)
ランク:B / 種別:対人宝具(自身) / レンジ:1 / 最大補足:1人
「今こそ進軍の時!」
たる旗に集いて吼えよ(セイント・ウォーオーダー)!!!」
処女の旗を掲げることで自身を強化する。狂化同様のステータスアップ効果と共に、標敵の全沈黙まで自動攻撃を行う。攻撃のダメージボーナス追加される。

次へ»
最終更新日: 21/08/10 03:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ