ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キャプテン・オリマー


ヨミ: キャプテンオリマー
掲示板をミル!
188カキコ!

キャプテン・オリマー

キャプテン・オリマーとは、任天堂から発売されたゲームピクミンシリーズ主人公である。

名前は「マリオ」をひっくり返した事に由来する。


概要


身長3cmほどのホコタテ人で、宇宙船を使った貨物の運搬会社「ホコタテ運送」の社員として働いている。宇宙船のパイロットとしての腕は立つらしく、本人く「名の知れた宇宙飛行士」とのこと。結構オッサンである。
家族は妻と一男一女。あとペットチャッピー恐妻家であるらしい。

ピクミン(初代)』では休暇を利用し機「ドルフィン号」できままな宇宙に出かけていたが、隕石との衝突事故により惑星墜落。生命維持装置による時間制限とも闘いながら、散り散りになったドルフィン号のパーツを集めるべく原生生物ピクミン」のを借りて惑星を探検、パーツを回収し惑星を脱出した。

ピクミン2』ではホコタテに帰還するもホコタテ運送は借による倒産危機していた。ドルフィン号も借の差し押さえ品として売られてしまったその時、惑星から持ち出した物質が偶然価値のあるお宝と判明、すぐさま借の原因である新入社員ルーイと共にドルフィン初号機に乗り込み惑星に再び飛び、ピクミンと共にお宝回収へ向かった。借返済後、ルーイを置いて帰還してしまうも、社長と共にさらなるお宝回収のために戻った。

ピクミン3』では主人公がオリマーではないのでストーリーにおいては操作する事は出来ないが、訪れた惑星の至る所にオリマーが残したと思われるメモが落ちている。ストーリーを進めると、ルーイと共に再び惑星を訪れており、売られてしまったドルフィン号を買い戻すためにお宝回収を行っていたことが明らかになる。しかしドルフィン初号機はヌマアラシに破壊され、ルーイともはぐれた上に自身はアメニュウドウにさらわれてしまい、哀しき獣監禁された状態になる。コッパイ探索隊はルーイからの救難信号を受け、オリマーの救助に向かった。
対戦モードであるビンゴバトルモードでは2Pキャラとしてオリマーとルーイを操作できる。
ピクミン3デラックス』ではサイドストーリーが追加され、オリマー側のストーリープレイできる。

Hey!ピクミン』では「未知の惑星墜落し、ピクミンを借りて惑星脱出に必要なエネルギーを回収する」というストーリーはあるものの、他作品とはストーリー上の繋がりがあるかは明言されていない。


性格


幾度も危険なに遭っているが、「冒険」になるを持っていることからこの一連の騒動を若干楽しんでいるような節も見受けられる。そういえば名前の元ネタの人は冒険でしたね)しかし『ピクミン(初代)』では遭難日誌を書き記しているが、生命維持装置の期限が迫ってくるとネガティブな気持ちを露わにしている。
またプレイヤーの腕によるが絶体絶命危機にもピクミンをうまく用いて乗り越えるなどリーダーシップにも優れる。

また、探索日記生物記録、お宝メモを事細かく記すマメな一面もある。その文章はとてもサラリーマンとは思えないほど教養に溢れており、前述のリーダーシップ宇宙の航行技術も含めてなんでサラリーマンなんかやってんだと思わせるぐらいの高いスペックを持つ。

一方でヘソクリを貯めるケチな一面もありながら食べられそうなお宝をつまみ食いしたりと小市民的。 また「カラオケに行こうと誘ったらも来てくれなかった」程の音痴。しかも本人に自覚がないらしい。 


スマブラにおけるオリマー


「ピクミン&オリマー」としてスマブラXより参戦(海外では単に「オリマー」となっている)。「X」時点ではGC発売以降のオリジナル作品で一の新規プレイアブルキャラである。

出場キャラの中で最も小さい。原作べたら格段に大きくなっているもののソリッド・スネークの半分程度の身長しかない。当然ふっ飛ばされやすい欠点があるが、このキャラのキモは攻撃手段に使うピクミンである。最大で6匹(for 3DS / Wii U以降は3匹)まで連れ歩きが可で、ピクミンの数が多ければ多いほど技の威リーチが増す。逆に言うとピクミンがいなければろくに攻撃・復帰もできないので、常にピクミンの数に気をつけておけば強キャラとなる。
最後の切り札は「一日の終わり」。オリマーがドルフィン初号機で地表を離れると、ピクミンシリーズに登場する原生生物が現れ地上の他キャラダメージを与え、最後にドルフィン初号機が地表に突っ込み吹っ飛ばすという技。強さでは随一である。

亜空の使者」においては自身のピクミンをほぼ全滅させたキャプテン・ファルコンに振り回されながらもコンビを組む。 あまり好戦的でない様子が見られるが、終盤の亜空間突入でのムービーでは一番不安だったドルフィン初号機を巧みに操り、「メトロイド」のスターシップや「スターフォックス」のアーウィンに匹敵する飛行を見せた。(ただし見たの通りかなりボロいのと性ポンコツレベルなため弾幕をかわしきった後は今にも墜落しそうな状態で亜空間に突入し、ムービーのトリを飾った。)

2014年発売の「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U」にも引き続き参戦。色換えではピクミン3に登場したアルフにもチェンジできるようになった。前述の通り連れ歩くピクミンが3匹に減ってしまったが、ピクミンを引っこ抜くパターンが前作の地形依存からの順番になった。他にも上必殺技が羽ピクミンを使ったものに変更された。ピクミンは残念ながら…ピクミンとの兼ね合いか。

2018年発売の「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」にも引き続き参戦。最後の切りふだの演出がスピーディーになった、ダメージを受けるとヘルメットにひびが入るなど演出上の変更点はあるが基本的に前作の仕様に準じている。

ちなみにスマブラDXでは「メモリーカードピクミンセーブデータがある」という条件を満たすとオリマーのフィギュアが手に入る。


関連動画



■sm2248922[ニコ動]

■sm137892[ニコ動]


関連商品


■azB011I4APRE
■azB001KN51JG


関連項目



最終更新日: 20/10/28 23:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ