ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キュゥべえ


ヨミ: キュゥベエ
掲示板をミル!
6209カキコ!
今、この記事への書き込みはプレミアム会員のみです。
一般会員の書き込みはコチラ[外部]からお願いいたします。
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)

キュゥべえとは、テレビアニメ魔法少女まどか☆マギカ』に登場するの存在。担当声優加藤英美里

よく間違われているが「キュべえ」が正式名称である。入が面倒なためネット上などでは「QB」と呼ぶことが多い。

(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)(‿‿)

概要だよ、よく読んで!

少女の願い事をひとつだけえてくれる魔法の使者

――「魔法少女まどか☆マギカ公式サイトより

[画像を見る]

第一話の鹿目まどかの夢の中に登場。その翌日、暁美ほむらによって襲撃されていたところをまどかに発見された。その後、キュゥべえはまどかとそこに居合わせた友達美樹さやかの2人に自分と契約を結んで魔法少女になるよう催促するようになる。

魔法少女モノでお約束となった「魔法少女のお供」「マスコットキャラ」を逆手に取ったマスコットキャラのふりをして登場。不満や欲望を持つ少女の前に現れ、「願い事を1つ、代償として魔法少女になる」という条件で契約を行う。魔法少女となった者は命をかけて〈魔女〉と戦う使命を負う。
作中では少なくとも、巴マミ美樹さやか佐倉杏子契約したことが分かっている。暁美ほむらに関しては「そうとも言えるし、そうでないとも言える」らしい。

マスコットキャラポジションを標榜しているが、作中での胡散臭い言動、やけに熱心な勧誘の営業、後述の設定からくる不気味さなど、敵や味方といった二元論を越したポジションに位置している(そのため本当の意味で「黒幕」と言われることも)。
そのあまりの胡散臭さは下述されるようにあちこちでネタにされており、「天狗の仕業じゃあ!」を彷彿させる。
鹿目まどか美樹さやか日常が崩壊したのは、だいたいこいつのせい

僕の特徴だよ!これを読んで僕と契約するんだ!

[画像を見る][画像を見る]

魔法少女モノには付き物のいわゆる「魔法少女のお供」「マスコットキャラ」の似姿を持ち、一見かわいらしい。

だが、言動や行動の端々にマスコットキャラらしからぬ胡散臭い雰囲気を漂わせており、およそ相棒とは思えないシーンも存在し、その所業やQBに関わった少女の末路などを含めて、本作を徴するキャラクターになっている。

など、「契約」へ巧妙に誘導しようとする性質と、契約とは別に何かをにすえていることなどが描写されている。
その働きぶりから「契約」「営業マン」と言われる事もしばしば。

上記のようにおよそ実とはいえない性格であったが、第6話でその精構造が「人間の価値・倫理観が理解できない異質な思考を持つ」ことが判明。中でも「わけがわからないよ。どうして人間はそんなに魂のありかにこだわるんだい?」という発言はその異質さを示すものとして有名。
ほむら人間価値観が通用しない生き物」「あいつは奇跡を売って歩いている」と批難しており、また後々魔法少女にその存在理由が明かされるとってQBに憎悪を向けるようになる。

ただし、QB達の側から見ると、QB達の社会では「感情は極めて希な精神障害」であり、いうなればQBにとって思期の少女達との生活というのは、『精神病院の格子付きの病室で重度の患者と共同生活するような物』でもあり、契約にしか興味がない理由も分からなくはない。(一応「極めてまれな精神障害」が題材の創作漫画もあり読むと切なさがこみ上げてくる→件の漫画[外部]
またドラマCDサニーデイライフ」を聞く限り、ソファーの上禁止だの食事がキャットフードだのと、マミペット扱いしているし、まどか風呂場から追い出す等、どこまでかは不明なものの扱いは知的生命体とは認識されていないようだ。

そんなQBであるが、上記の言動の数々や魔女魔法少女の関係、大のために小を底的に突き落とす設定から視聴者ネットでは蝎の如く忌み嫌われている一方で、そのビー玉の様なに潜むさや邪悪さがカワイイというも上がっているらしい。
実際キュゥべえの着ぐるみってに繰り出したら、何も知らないちびっ子小学生女子が寄ってき契約を迫られたなどという逸話もあり、その人気の程がうかがえる。

また「QBが話すと途端に信用性がなくなる」「全てQBのせいにすればおk」など契約の件も含めて様々なところでネタにされており、まどか☆マギカそのものや某スタッフの知名度もあいまって、アニメ界でも屈ネタキャラとして君臨している。

あまりにも裏設定が苛なため、pixivでは巴マミを助ける「マミさんを救い隊」というタグをもじって「QBを殴り隊[外部]」というタグが生まれた。殴るだけでは気が済まないのか、蹴る、る、踏みつける、潰す、締める、す、いたぶる、煮る、バーベキューにして食う(通称BBQB)などあらゆる体的報復を受けたイラストが多数作られている。

ちなみに漫画版「魔法少女まどか☆マギカ」でのキュゥべえは、口も開けている上に表情は豊かでアニメ版とべると「見た」はかなり可らしい。メガマガジンインタビュー記事によると漫画版のキュゥべえが原案に近いらしい。TV版のキュゥべえは新房監督の提案により無表情キャラクターになったとのこと。

[画像を見る] [画像を見る]

|\ __ /|
/人◕‿‿◕人\

さぁ!画面の前の君!今すぐ契約を!  携帯キミも!く!

 

キュゥべえを表す顔文字(?)として (◕‿‿◕) が良く使われるが、やや特殊な記号なので予期せぬ文字化けに注意が必要。Wiki等に記入する場合はコピペではなく実体参照で (◕‿‿◕) と書く方が良い。
ただし上述の契約を迫るネタを曲解した人物によりそこら中の動画契約めるようなコピペコメントられており、不快感を持たれる人も少なくない顔文字なので安易に使わないように。
もう少し詳しく書くと ◕ と ‿ は日本語Windowsで基本の文字コードになっているシフトJISく、Unicode(ユニコード)にしかない文字である(所謂ユニコード文字)。つまりUnicodeに対応していないプログラムでは文字化けする。ブラウザはまずUnicodeに対応してはいるが、使用する文字コードWebページ側が定するのでUnicode定でないWebページで数値参照ではないただのコピペをすると文字化けする。最近のブラウザコピペしても送信の前に数値参照に変換してくれたりするので問題い場合もあるが、過信しない事。

脚本の虚淵玄いわく、性別はいとされており、実際は生体であるかどうかすら不明。 一瞥ではぬいぐるみとでも表現すべき外見だが、外伝漫画である『魔法少女おりこ☆マギカ』における千歳ゆま台詞からすると、生物というよりまさに『ぬいぐるみが動いたりしゃべったりしている』様なモノと見た方が良いのかもしれない。

[画像を見る] 僕の正体が知りたいのかい?

別名インキュベーター日本語に直すと「孵器」。インキュベーターの本来の意味は当該記事を参照。

宇宙の熱的死(=エントロピー増大)を回避すべく、代替エネルギーとしての感情エネルギーの発生めて飛来した異生命体。
本当の的は「数ある人間の感情の中でも特に強大な、第二次性徴期の少女が幸福から絶望に転じた際の感情エネルギーを採取し、宇宙の熱的死を防ぐこと」。つまり、「願いをえる」という奇跡をエサにした契約魔法少女という””を造った後、彼女たちが絶望して魔女へと”孵化”するときに発生する爆発的なエネルギーを回収し宇宙に還元するまでが、彼らの仕事なのである。
しかし、上述のように彼女たちがどういう悲劇や絶望を負って魔女になるか、魔女によって地球規模の災害が起こり地球生物が滅亡するか、といったことは一切考慮せず、ひたすら契約エネルギー回収にいそしむ、心い営業マンのような存在になっている。

それが端的に示されたのが8-9話とそこで変質した美樹さやか=魔女Oktavia Von Seckendorffであろう。
さやかは想い人・上条恭介の手を治すために契約したが、その想い人は志筑仁美に先を越される。魔法少女の性質上振り向かせることもわず、さらに作中のホストの会話により魔女と戦う意義すら曖昧になり、実としてもまどかほむらという絶対者がいた。悲嫉妬が募りソウルジェムが汚れきったさやかはついに願望がうことのない未来絶望し、人魚の魔女Oktaviaに変貌する。LoVEMeDo(私を愛して)の文字を掲げながら在りし日の感動に浸るOktaviaは、必死りかけるまどか杏子を元親友ではなく、「感動を乱す敵」としか認識しなかった。まどかを握り潰そうとしたために杏子は説得を断念、捨て身の自爆攻撃により運命を共にした。

しかし、この一件においてキュゥべえが何をしたかと言えば、ただ巧妙にさやか契約させ、さやかの願いをえ、魔女と化したさやかからエネルギーを回収しただけ。彼女が振られたのも、絶望した彼女魔女になったのも、全て彼女自身が原因なのだ。
さらに、直後のEDによってさやか杏子の脱落は半ばQBが意図したものだったと判明する。その的はまどか魔法少女にさせ、魔女にすること。魔女になるということがどういうことなのかを視聴者に見せながら、なお彼はまどか契約取りに勤しむのである。
キュゥべえが外道と罵られるのはこうした部分からきている。

「このでは、成長途中の女性のことを『少女』って呼ぶんだろう?だったらやがて魔女になる君たちのことは、『魔法少女』と呼ぶべきだよね」

主人公鹿目まどかへ特にしつっこく勧誘をかけるその意も、まどかが秘めるの「魔法少女としての稀有な才は間違いなく彼女を史上最悪の魔女へと成長させるため、その変化時に生まれる膨大なエネルギーを狙っている」というものであった。
ただし、あくまで彼の行動は意味は悪事ではなく、宇宙を救うという崇高な的のためだが、この「宇宙全体のため」という巨大な視野は、彼にエネルギー獲得のためなら地球生命の絶滅を招く魔女が現れてもむを得ないとさえ考えている。

暁美ほむらに殺されるもすぐに復活する。具体的には今の体が死んでしまっても、すぐに別の身体もしくは個体で現れる。死んだ体は自分で食べて処理している。彼自身の言葉によれば「代わりはいくらでもあるけど意味に潰されるのは困るんだよね。勿体無いじゃないか」とのこと。体的に死んでしまっても自身の存在が消えるわけではないらしい。このあたり生命体と言えるかどうかさえ怪しい。

かずみ☆マギカでの営業


次へ»
最終更新日: 19/09/13 15:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ