ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


キングスフィールド


ヨミ: キングスフィールド
掲示板をミル!
198カキコ!

キングスフィールドとは、FROM SOFTWAREが作った3Dアクションゲームである。


概要


フロム・ソフトウェア明期においてその基盤、方針を強固にした作品。
当時のプレイステーションにおいて屈3Dグラフィックで作られたFPSRPGである。

3Dグラフィック自体が物しかった初代プレイステーション期においてそんなハイエンドゲームヒットを飛ばさないい……と。

しかし現実は甘くなかった。

まず、序盤の難易度が高かった。
初期状態の主人公は、最序盤の雑魚敵の攻撃でさえ1、2発耐えられない程貧弱。当然に引っ掛かれば即死。
対するこちらの攻撃も、その雑魚敵を倒すために10回近く攻撃せねばならない程ひ弱。
そして、スタート地点はではなく、すでにモンスターはびこるダンジョン内(しかも出られない)であり、プレイヤーは敵をやり過ごしながら最初の拠点を探さねばならない。
論、初期の所持は装備を強化するには足りず、それなのに序盤の段階ではモンスターから奪う他ないため、基本的に装備は宝箱等から調達してゆくこととなる。
魔法も、拾えるMP回復アイテム自体が希少なので回復地点を見つけるまでは節約することとなる。
そのため、プレイヤーは特に序盤においては何度も死亡コンティニューを繰り返し、攻略法を見出してゆくこととなる。

そして世界観がダークであった。
モチーフは西洋の暗黒時代と呼ばれる鬱蒼としたベースである。
また、遠方は暗がりで見えないようになっている(当時の3Dグラフィック限界を前に、それを逆に利用した演出であるとも言える)。
更に、ゲームは常に主観視点で進行し、そのため死からの敵襲もしいことではない。
ゆえにを澄ませ、敵の立てる物音を聞き分けながら進むことになる。
プレイヤーキャラクターはいわいる「しゃべらない主人公」であり、物語には行動以外で干渉しない。
NPC世界徴するかのように淡々と事のありようを話すだけに留まる。
プレイヤーはそれらNPCの言葉で情勢をみ取り、時間をかけて世界観をとらえてゆくこととなる。

よって、後に『マゾゲー』として数えられるこの作品は、ドラゴンクエストファイナルファンタジーといった「RPGとっつきやすいゲーム」と考えていたプレイヤーを遠ざけ、普及には至らなかったという経緯がある。

しかし、ハードルを乗り越え、エンディングまで迎えることの出来たプレイヤーからのはそれに反して良い。

適度な広さながら隠し要素の多いマップを、を警しながら探索するやり込み要素アイテムが希少であることから来る感と戦略性プレイヤーが強くなることから来る確たる安心感広がる行動半径、そしてRPGの常である“お使いイベント”が極めて少ないという抜群の自由等、RPGとして傑出した部分は数多い。
加えて、前述にもあるNPCの言葉のみならず、世界の端々に散りばめられた世界観を垣間見る事の出来る要素、例えばに刻まれた言葉であったり、ダンジョンの構造であったり其処に隠された宝であったり待ち受ける敵キャラであったり、更には地形や気や植生に至るまで、あらゆるものを用いて、特に訓練された重度のフロム脳患者達は思い思いの内補をしているとか。
そもそも、前述のとおり異様にまでに突き放されたゲームスタートからでも普通ゲームを進め、攻略し、クリアするが用意されており、そこに向かって何度でもトライできる、それこそがこのゲームの魅と言えるかもしれない。
故に、他のRPGでは味わえない要素を数多く持っていた「キングスフィールド」シリーズは“隠れた名作”として評価されることとなった。

このゲーム製作ノウハウが「アーマード・コアシリーズに繋がったり、系列作である「シャドウタワー」や「エターナルリング」を生んでいる等、フロムソフトウェアる上で外せないベースとなっている。

また、SCEJからのラブコールに応え、このシリーズの流れをんだ後継作とも言える「デモンズソウル」が開発されることとなる。
こちらもマゾゲーとして、現在も多くのプレイヤーを苦しめている。

ちなみに、「アーマード・コア」を始めとして様々なフロムソフトウェア作品に登場する「MOONLIGHT月光)」はこのシリーズに登場する最強聖剣ムーンライトソード」が元となっている。
色の握りと、半透明身が特徴。


キングスフィールド


記念すべきシリーズ第一作。初代プレイステーション発売から僅か13日後の1994年12月16日に発売された。
当時としては最高クラス3Dグラフィック技術を盛り込んでおり、同時期に発売されたフルポリゴンゲームべても極めて高い完成度を誇っていた。しかし、遠を描写して広大フィールドを表現するにはまだ其処までの技術かったため、ならばといっそ遠の表現を省き、冒険の舞台を「遠の見えない薄暗い地下墓所」にして技術の低さを補ったと言われている。
この時点でシリーズの基幹となるシステムはほぼ完成の域にあったと言っても過言ではなく、また、「スタート地点のすぐ近くにある隠し部屋にはレザーシールドの入った宝箱とそれを守るスケルトンが居り、レザーシールドを取りに行ってそのスケルトン殺される」と言う流れも処から生まれた。
ヴァーダイト三部作の第一作と定義されているが、アルフレッド一世として後のシリーズヴァーダイトの国王になるジャンがEDでまたに出てしまう事から、当時は其処まで後々のストーリーを重視していなかった模様。


ストーリー


深いに包まれた小国ヴァーダイト。エリギリア大陸北方の一つとしてグラナティキイグレックと並んで名を連ねるこのにはて、この地を救ったと言われる「」の伝説があった。
しかし現在いてはその伝説のみが残され、「」をる為に作られた殿も、今や其処に眠る「魔導器」をめてその地に移り住んだ一族…後のヴァーダイト王の地下墓所となっていた。
「何時の日か、と呼ばれる者が魔導器を携え帰って来る。しかし今は殿深く眠っているのだ。」と、伝説る。

ジャンアルフレッドフォレスターは、ヴァーダイト王護衛隊長ハウザーフォレスター息子として生まれた。
興味を持ち修業を始めた彼の素質は、ソードマスターと称されたをもぐと評判になる。
やがて成長したジャンえる為、友(後の3に登場するグレイン・アス)を頼って隣グラナティキへと武者修行に出る。

ある時、の修業に明け暮れていたジャンヴァーダイトにける不穏な噂をにした。
ヴァーダイト王、ラインハルト3世は墓所深くに眠る魔導器をめて兵したが、何度兵しても見つける事は出来ず、その内に派遣した兵が戻らなくなりつつあった。どうやら墓所に魔物が棲み付いているらしいことを知った王は、護衛隊長であるハウザー魔物の討伐を命じたが、彼の率いる討伐軍はほぼ全滅魔物の討伐に賞を掛け、自・近隣諸より傭兵を募っている。」
更に悪い事に、一度は帰還したハウザーが未だ取り残されている部下達を救う為に、再度地下墓所へと突入した事をジャンは知る。
ヴァーダイトへと帰したジャンを救うべく、傭兵として単身地下墓所へと足を踏み入れた。


主要登場人物


ジャンアルフレッドフォレスター
本作の主人公ヴァーダイ軍護衛隊長ハウザーフォレスター息子で、える剣士になる事を志している。
部下を救う為に墓所へ再突入し、行方不明となったを追って、己もまた墓所へと足を踏み入れた。
ヴァーダイ遠縁の者で、その魔を受け継いでおり、魔法が使える。
地下墓所のと騒動の元を暴き、魔導器である聖剣ムーンライトソード」を手に戻ってきた。
後にアルフレッド一世としてヴァーダイ国王となる。
ウィルフレッドライト
裕福な商人の一族で知られるライト人間。墓所内の傭兵達へ補給物資を提供する為に、墓所第一層で店を開いている。
ヴァーダイト編完結編の3でも、意外な形で登場する。
ハウザーフォレスター
ジャンソードマスター称号を持つヴァーダイト王の護衛隊長
フォレスターに代々伝わるドラゴンソードの持ち
地下墓所に取り残されている部下達を救う為に再突入して以降、行方が分からなくなっている。
ミーリア
巫女の意思を人々へと伝える為に現れる。
2にも登場するが、其処で衝撃の事実明らかになる。
ランドルフ8世
先々代王。歴代ヴァーダイト王の中でも最も高い魔を持っていたと言われている。
民には優しい名君と言われていたが、即位して暫くした後に急死した。
先代王ラインハルト2世殺されたと言う噂があるが、墓所内で何者かにらされた。
しかし、己の墓所に封じられ、身動きが取れないでいる。
ラインハルト2世
先代王。墓所内にて魔物として復活し、墓所内の魔物達を操っていると言われている。
ラインハルト3世
現王。魔導器をめ、ハウザーに墓所内の魔物達の討伐を命じた人物。そして全ての元凶ラスボス

キングスフィールドⅡ


1995年7月21日発売。前作から僅か半年で製作、発売されたシリーズ第二作で、シリーズ最高傑作とも名高い。
更に綿密に描かれたダンジョンはより広く、より複雑になり、それに応じてダッシュ等が導入され、セーブポイント等にある「標の台座」に「鍵」をはめ込んでブックマークしておくと、その鍵に対応した「ゲート」を使う事で即座にそのセーブポイントに飛べるようになった。
前述通りダンジョンは前回よりも広大になっているが、マップの繋ぎに当たる部分に長い通路を置く事で、其処を通っている間に次のマップ読み込むと言う手法を取る事により、ロード画面を映す事くほぼシーレス広大ダンジョンを歩き回れるようになった。
この手法は次回作の3でも用いられている。
また、「高さ」の概念が加わった事で高低差が生まれ、より立体的に描写されたダンジョンでは、時に高所から飛び降りてを開かなければならない必要も生まれた。
飛び降りる際は高さに応じた落下ダメージを食らう事になり、低いHPでは落下ダメージに耐えられないが、レベルが上がってHPが増えれば耐えられる箇所と言うのが何箇所か存在する。時には一方通行な場所もあり、落下・通過してアイテムなどを取った後に、ゲート等で戻る手段を確立させておかないと、爆発判定のある魔法自爆するなどしてデスルーラせざるを得なくなる。
しかも、らせ、尚且つ竜王の実を持っていなければ死んだ所でまたレベル1でスタート地点に放り出されるだけであり、尚且つ自爆出来るような魔法は大体中盤~終盤にならなければ覚えられない。
序盤でそのような事態に陥ってしまい、挙句自分を殺してくれるような敵すら居ない場合は、デスルーラも出来ずに全な詰みにハマってしまうことになり、そうなった場合に取れる手段はリセットに手を伸ばすことのみである。


ストーリー


ジャンアルフレッドフォレスターが地下墓所より魔導器、聖剣ムーンライトソード」を持ち帰り、アルフレッド一世としてヴァーダイ国王となってからの事。ある時、教王を名乗る何者かによりムーンライトソードが盗み出されてしまった。
事がある為を離れられぬジャンに変わり、彼の親友である隣グラナティキの第二皇子アレフガルーシャ・レグナスは、教王が向かったとされるヴァーダイ北方ヴェルに浮かぶメラナットへと乗り込む。
しかし彼の乗った船は魔物に襲われ沈没し、気がつくとメラナット辺に打ち上げられていた。
へと乗り込むに当たって用意していた武器や防具、それに魔法を秘めた様々な具などは全て流されてしまったが、アレフ一の武器となったブーツに付いていたダガーを手に、常の闇に包まれたの中へと足を踏み入れて行った。


主要登場人物



次へ»
最終更新日: 16/06/06 23:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ