ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギエピー!


ヨミ: ギエピー
掲示板をミル!
445カキコ!
ポケットモンスター > ポケモンずかん > あなくぼピッピ

ギエピー!とは、「月刊コロコロコミック」にて連載中の、久保幸作が描く異次元ポケモンギャグマンガポケットモンスター』に登場する、かわいくないピッピの決め台詞断末魔の叫び)である。

基礎データ
名前 ピッピ タイプ ノーマル / ―
英語 Clefairy 高さ/重さ 0.6m / 9.9kg
分類 ふしぎ とくせい メロメロボディ
図鑑 -- マジックガード
ジョウト -- グループ ようせい
ホウエン 孵化歩数 2560歩
シンオウ -- 性別 25% : 75%
世代 第1世代~ 努力値 HP+2
進化 けつばんピッピレベルアップ)→ ピクシーつきのいし)
                   │
突然変異した場合のみ    → ミュウスリー(?)

← けつばん ピッピ ミュウスリー 
No.??? あなくぼピッピ
ふしぎポケモン
たかさ  0.6m
おもさ  9.9kg

ノーマルタイプ
[画像を見る]
まんげつのよる ピッピが あつまって ダンスを おどるようすを
みると しあわせに なれると いわれている。
種族値






70 45 48 60 65 35

 

以降、久保幸作が連載しているマンガの内容に話を進める。


1996年別冊コロコロコミック4月号にそいつはやってきた。


ゲームポケットモンスター』が発売される少し前、コロコロ編集部に一件の依頼が届いた。

ピッピが しゅやくの まんがを かいてほしい !」

当時アイドル路線を歩むことが想定されていたピッピに対するゲームフリークからの依頼であった。
ゲーフリから小学館に託されたこの願いは、「コロコロ」に連載を持つ、ある実作家に委ねられることになった。

その作家は…かつて「月刊コロコロコミック」にて「熱血硬派くにおくん」の漫画化作品「は男だ!くにおくん」を手掛けた漫画家久保幸作であった。久保ポケモンを理解しているのかしていないのか、とにかく「くにおくん」と同じノリ漫画を描き始めた…そして生まれたのがポケモンずかんスッパマンみたいな表情をしているあのピッピである。

当初は『ふしぎポケモン ピッピ』という名前で連載するが、数ヵ後に『ポケットモンスター』へと題し、さらに1996年9月号をもって「別冊コロコロコミック」から「月刊コロコロコミック」に昇格した。
そのため、後のポケモン漫画流と言われることもある。

しかし下述のように一部の層には受け入れがたいデザインであったため、この連載作品は一般に「久保ポケモン」と呼ばれるようになる。


■nm4134072[ニコ動]

余談だが、この久保ポケモンは上述くにおくん漫画(11巻)よりも巻数が多い(25巻)。


ピッピ


『出会い編』

この漫画主人公にしてピッピである。性別はオスである。ちゃんとピクシー進化はできる。
ときどきミュウスリーに分岐進化できたりもする。

身体の大半を顔に使用したデブピッピというデザインは、読者をして

「本当にピッピなのか?」

と確認させたくなるほど元のピッピのかわいさが消え失せたデザイン+デブポケモンという設定だった。
実際はそれほど太ってはいないようにも見えるのだが…。

[画像を見る]較図。左がゲームピッピ、右が久保ピッピ

しかし、バトルの腕は一級品で多くのポケモンを葬ってきた。

この反則級の強さ、初期技にバリアがあったりとそのフリーダムさゆえに専門からは、このピッピけつばん』から進化したのだと唱えるも少なくない。

ことの始まりはマサラタウントレーナーの一人レッド「本名・井 勇(あかい いさむ)」が一惚れし、当時の御三家フシギダネヒトカゲゼニガメを押しのけて大抜

当時の子供たちの期待を色々な意味で裏切り、意気揚々とに出発する所から始まる。


このまんがのすごいところ



『バトル編』


正規プレイでは絶対に受け取るはずのない最初のポケモンスタートしたとはいえ、「コロコロ」の看を背負うことを期待された漫画であることには変わらない。読者も期待に胸を膨らませた。その期待に対して久保ポケモンは、 

当然のように人をペラペラと話すポケモン

久保幸作がデザインしたであろうオリジナルポケモン

トキワの森ミュウツー普通に野生ポケモンとして登場するという形で答えたのだ。

アニメホウオウポケスペミュウと同じくいきなりの伝説のポケモンの登場、さらにこの漫画ポケモンたちは当然のように言葉を話し(語尾ポケモンの名前の一部をつける)、

例)
エンテイわたしにかなうと思っているのかテイ!」
ルギア「命をかけてかかってこいギア!」
シェイミ「みんなミーについてくるでシェイ!」

なぜか一言葉を話せないピカチュウが浮いているという異様な読者に襲いかかったのである。

また、小さいお子様に配慮してポケモン漫画ではおろそかになりがちな相性についても

「し、しまった、ポケモンに弱い!!」

という、レッドのフォローが異様なきを放つ展開を見せていた(流石にこれは単行本で「や、やばい。強な攻撃だ!!」に修正されている)。

果てには今やポケモンの代名詞ともいえるピカチュウ野グソをさせ、それをピカチュウの顔に叩きつけるという荒業までも披露し、元祖ポケモン漫画としての格を表すことに成功した。

(全女子高生ピカチュウファンのために一部修正を入れさせていただきました。)


『ライバル編』


主人公に立ちはだかるライバルは付き物である。もちろん個性豊かなライバルたちが待っていた。

グリーン
本名「緑川 開(みどりかわ かい)」。レッド幼馴染ライバルという定番設定で登場した彼。
ライバルとしては一番出番が多く、いっつもピッピ達を冷やかしていた。
その一方でマスターボールレッドきんのたまを間違えて引っってしまったりフリーザーの美しさに見とれ凍らされてしまったりする紳士でもあり、必要に応じてヒトカゲからリザードを飛ばしリザードンになったり戻ったりできる特注ヒトカゲの使い手である。
ブルー
ポケスペ」のブルーかわいい女の子なんだから…
神様様、辛気臭い男に生まれてしまったをゆるしてください…」
その名の通り何をするにもブルーゴーストポケモン使いのメガネ男。ブラックではない。
名前にブルーと付くものを集める趣味がある。ブルーだけにこのブルーを見たポケスペファンショックで『らんぼうなしんじゃ』にならないことを祈るばかりである…ちなみに、もう一つの趣味釣り
イエロー
髪の毛、靴、ズボンパンツまでもが全部黄色な、なみのりピカチュウの使い手である。
レッドと勝負するためにレッドに成りすまし、悪事の限りを尽くしていた。
ニコニコユーザーのみなさん よろしく頼むけつ!!」「ピカ。」
イエローパンツ
についてりたい人は少年の方々に配慮して紳士に対応しよう。

彼らは初代編から金銀編まで活躍したが、いつの間にか登場しなくなってしまった。
今ではヨシノシティにて牛丼屋を経営していると解釈せざるを得ないのが現状である。

ちなみに金銀編、ルビー・サファイア編、ダイヤモンド・パール編にも、

之助
ヒノアラシ所持。主人公の姿。野菜係。
銀次
ワニノコ所持。ライバルの姿。
サファイア
どこぞのぼっちゃま。主人公の姿。
ルビー
アチャモを所持。女の子主人公の姿。
この漫画が「別冊コロコロコミック」でも連載していることを知らないと出会えない子。
てつや
マサトに似ている?いいえ、じゅくがえりです。
レッド
別名きれいなレッドレッドとは同姓同名で、しかもきれいなピッピを所持している。
なぜ、最初からきれいなピッピでやらなかった!もが叫んだことであろう…)
リーフ
ファイアレッド・リーフグリーン」の女の子主人公の姿。特別編にて2コマ出番があった。
名無し少年
本当に名無し少年ポケモンずかんによく似た弁当を所持している。日の丸弁当である。
ダイヤ
ダイヤモンド・パール」の主人公に類似。マネネゴンべ、マニューラを所持している。
バルキー相手にマニューラを出す程の余裕を見せた。
一輝
ダイヤモンド・パール」のライバルの姿に類似。ヒコザルデオキシスパルキアを所持している。

…といったライバルトレーナーになりえるトレーナーは出てきたものの、数えるほどしか出てきておらず、むしろ博士が出てきた話のほうが多いという、この漫画が一体を対にして描かれているのか根本的な疑問が産まれてしまう結果となった。


『博士編』


ご存じ、ポケモン学会では名の通った彼ら。もちろんこの漫画でも欠かすことのできない人たちばかりである。


次へ»
最終更新日: 18/04/07 16:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ