ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギタドラ


ヨミ: ギタドラ
掲示板をミル!
278カキコ!

ギタドラとは、コナミアミューズメント社製の音楽ゲームGuitarFreaksギターフリークス)」と「DrumManiaドラムマニア)」の二つを総称した呼び方である。
現在の最新バージョンは「GITADORA EXCHAIN」。


概要


ゲームの詳細はそれぞれの大百科ページを参照してください。

ギターフリークス
GuitarFreaks

ドラムマニア
DrumMania


GuitarFreaks & DrumManiaのバージョン一覧


GuitarFreaks & DrumManiaの全バージョンを以下で一覧にまとめる。また、ニコニコ大百科に記事のある楽曲についても初出バージョンの項内に併せて一部記した。
※他機種からの移植曲の場合は曲名の後ろに移植元の機種を記した。コナミオリジナルではない版権曲には(版権曲)と記した。GuitarFreaksDrumManiaの各無印は便宜上1stMIXと記した。
最新作でプレイできない楽曲は字で記述する。

大百科に楽曲単独(曖昧さ回避は除く)の記事が存在する曲のみ追加して下さい。


GUITARFREAKS 1stMIX


記念すべき第一作。泉陸奥彦Jimmy Wecklらは当初からすでに楽曲に携わっていた。


GUITARFREAKS 2ndMIX & drummania 1stMIX


ドラムマニア登場。肥塚良彦小野秀幸らがギタドラ初参戦。
GF2ndの稼働途中にLINK verが導入され、PSコントローラー庭用でEDITした譜面が使えるようになった。


GUITARFREAKS 3rdMIX & drummania 2ndMIX


版権曲が初収録。ドラムマニアではBEMANI初の邦楽版権曲が導入。
また、ギターフリークスではBASSパートプレイできるようになった。YueiTOMOSUKEらがギタドラ初参戦。


GUITARFREAKS 4thMIX & drummania 3rdMIX


GF・dmで新曲が全に共有されるようになった。以後の新曲は、一部を除いて全てセッションで遊べるようになった。
ENCORE STAGE初登場。同作当時はもちろん、GITADORA現在でも最高難易度の呼び高い楽曲・DAY DREAMが猛威をふるい始める。


GUITARFREAKS 5thMIX & drummania 4thMIX


難易度BASIC,ADVANCED,EXTREMEに変更され、自由難易度が変更できる仕様に。
KEYBOARDMANIA 3rdMIX連結し、三台で同時にプレイするマルチセッションが可になった。
佐々木博史ラスボス曲でデビュー。 


GUITARFREAKS 6thMIX & drummania 5thMIX


NONSTOPモード導入、1曲に限りゲージの減りが甘くなるなど初心者から上級者までやり込み要素が深くなった。


GUITARFREAKS 7thMIX & drummania 6thMIX


マルチセッション・ツインギター止。その代わりか、ギターフリークスでOPENPICKパートプレイできるようになった。
残存曲数(62曲)を上回る削除曲数(70曲、DAY DREAM含む)、BASS譜面の大量削除など、削除立つバージョンとなってしまった。
あさきが登場したのはこのバージョンから。楽曲とムービーマッチした独特な世界観で話題を呼ぶ。
ENCOREConcertino in Blueだが、ドラム側ではDD2のが厚すぎた為『幻のアンコール』と呼ばれていた。


GUITARFREAKS 8thMIX & drummania 7thMIX


イメージポップ寄りに大幅変更、後のPower up ver.にて磁気カードが導入された。
隠し曲の解禁やスキルシステムの導入といった要素は後のシリーズにも引き継がれる。
かしこバージョンにて、有名な(悪名高い)KONMAI誤植が登場した。
「それはきっと この世のもぽではない」


GUITARFREAKS 9thMIX & drummania 8thMIX


キャッチフレーズは「POWER UP over POWER UP!!」
カード使用時の機が拡されたり、店舗内で協して楽曲を解禁する機も設けられた。


GUITARFREAKS 10thMIX & drummania 9thMIX


キャッチフレーズは「Make a future groove!」
ENCORE STAGEを越える「PREMIUM ENCORE STAGE」が初登場となった。


GUITARFREAKS 11thMIX & drummania 10thMIX


キャッチフレーズは「IT'S A SHOWTIME!!」
ナンバリング時代最後のバージョン。前作で登場したプレミアムアンコールステージは、このバージョンでは搭載されなかった。
mix時代最後の作品だったり、悪名高いギタドランド等、色々な意味で話題となったバージョンでもある。

ee'MALL 2nd

ギタドラ筐体とは別の筐体でポイントを使用し、ギタドラとポップンミュージックにて楽曲を解禁することができた。


GuitarFreaks & DrumMania V


キャッチフレーズは「yes!! just wanna "V"est!!!」

今までズレていたバージョン表記が、まとめてV(ブイ)として統一。
また、大文字文字と表記の仕方も統一された。
前作では登場しなかったプレミアムアンコールステージが復活した。
ギタドタワーェ…


GuitarFreaks & DrumMania V2


キャッチフレーズは「LIVE 2 GO!!
テーマだがメインイベントは何故か相撲だったり(この件は公式サイトの作品紹介でも言及される)
、解禁の仕様が運任せかつ貢ぎを要するものだったりと悪評も多く、イマイチ作品のイメージを生かしきれなかった作品だった。


GuitarFreaks & DrumMania V3


キャッチフレーズは「Big bang! On Music Galaxy!」。TAG、千本仁、Tatshがギタドラに参戦。
e-AMUSEMENT PASSに対応し、NET対戦が可となった。「EXTRA RUSH」初実装


GuitarFreaks & DrumMania V4 Яock×Rock


キャッチフレーズは「Are you Ready? Experience the "DoubleRock!!"」

このバージョンよりサブタイトルが付いた。「ЯocRock」はダブルロックと読む。
この作品から96佐野Qrispy Joyboxがギタドラ初参戦及び、L.E.D.AC初参戦となった。96佐々木博史以来となる、新人によるラスボス曲担当となった。


GuitarFreaks & DrumMania V5 Rock to Infinity


キャッチフレーズは「What's waiting for us beyond "Infinity?"」
サウンドディレクター泉陸奥彦からあさきに交代。
PREMIUM ENCORE STAGEを越える「INFINITY STAGE」が登場した。


GuitarFreaks & DrumMania V6 BLAZING!!!!


キャッチフレーズは「 "Join the excitement!!!!" 」。フェスをテーマに据えた作品。
QUESTモードが搭載され、1曲STAGE FAILEDになっても必ず次のステージに進めるようになった。


GuitarFreaks & DrumMania V7


このバージョンよりサブタイトル止され、キャッチフレーズギタードラムで別々になった。
同時期に稼働したXGとセーブデータが共有可になっている。
新曲はXGとほぼ同一なので、新曲はXGの方に記述してある。


GuitarFreaks & DrumMania V8


2011年稼動開始。Vシリーズ最終作。前作と同じく新曲はXG2とほぼ同一。セーブデータはXG2と共有。
適当に作ったと言われても仕方がないほどあまりにも出来が酷く、Vシリーズの最後が黒歴史のようなものになるというとんでもない事態になってしまった。……とはいえこの後に出された作品はこの作品に匹敵、一部要素はこのV8駕する酷い仕様もあったゆえまともに遊べるだけマシと徐々に評価された。同時期にリリースされたXG2、次世代のXG3、GITADORAの時代も含めて結果的に2013年3月31日までの約2年間稼働した。GITADORA OverDrive以降はBATTLEモードLONG曲も復活したが、依然数曲近くがXG譜面に対応していない。
2013年4月1日0時をもってオンラインは終了。Vシリーズ歴史ピリオドを打った。


GuitarFreaks & DrumMania XG


キャッチフレーズは「 "you hope to X-Grade here!" 」V7と同時稼働の新グレーバージョン
サウンドディレクター96に交代し、AIKO OIシンバルビームを引っさげて初登場。PONTIME CAPSULE Lab.もこのバージョンで顔見せした。FFシリーズ音楽でお染みの植松信夫も参加している。

このバージョンから筐体が変わり、DrumManiaパッドと踏むペダルが、GuitarFreaksネックボタンが増えている。
なお、このバージョンはV7とセーブデータが共有できる。(ただしCLASSICモードのみ。)
その他のVシリーズとの違いとして、1曲ゲージくなっても必ず最後までプレイできる、
STAGE FAILEDになっても必ず3曲プレイすることができるなどがある。

稼働当初はコナミ側からの要請により、1プレイ200円の料設定だったが後に値下げした。しかし、この料設定・大筐体のため、設置店舗が限られ、行してリリースされていたVシリーズからの乗り換えが進まなかった。

WebサイトではギタドラコンポーザーによるWebラジオMusician's Room XGが毎週配信されるようになった。


次へ»
最終更新日: 19/08/01 11:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ