ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギャオス


ヨミ: ギャオス
掲示板をミル!
105カキコ!

ギャオスGyaos)とは、

  1. 大映(現:角川映画製作怪獣映画ガメラシリーズ』及び大映関連作品に登場する架怪獣
  2. プロ野球選手。 → 『ギャオス内藤
  3. ユーザー生放送をしている「ギャオス」→ギャオス(生放送主)

ここでは、1について記述する。


概要


蝙蝠コウモリ)をモチーフにした怪獣。が、平成シリーズではの意を強調されることが多い。
直立歩行が可で全体的にコウモリを意識した体んだ初心者マークのような頭頂部、った鼻先と後頭部、等の特徴を持つ。
口から発射する300サイクルの「超音波メス」が最大の武器。人や血液を好んで食す。

初出は1967年開の『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』。

ガメラゴジラ較されるようにギャオスもラドン較されることが多いが、立ち位置的にはキングギドラに近い。
種類もキングギドラほど多くはないが亜種が存在する(宇宙ギャオス、イリス等)。


各作品・シリーズのギャオス


昭和ギャオス

第3作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』、第5作『ガメラ対大悪ロン』、第8作『宇宙怪獣ガメラ』に登場。

漫画のような大きなと、ぴんとった背筋が特徴。
富士火山帯の噴火によって二子山(実在のものとは関係)の地下洞で覚醒。上を通るヘリコプターなどを襲って人を食べていたが、やがて人里に出現して被害を出す。
手先が器用なのか、地に降り立った際には、人を手でつかんで食べていた。人間満足そうに食べる様は、当時の子供達に衝撃を与えた。ガメラには人を襲う・食う怪獣は複数存在したが、露に好んで食べた怪獣はこれが始めてである。
超音波メスを発射するメカニズムとして、首のが音叉になっているというファンキーな設定のせいで、横を向けない可哀想な体になっている。飛ぶときも前を見据え、直立不動で一心不乱に飛ぶ。

紫外線と熱に弱く、3作では人類の作戦によって日光されてしまい、ガメラによって富士山火口に引きずり込まれて死亡した。
5作では、惑星テラで繁殖していた、銀色の体を持つ亜種・宇宙ギャオスが登場。敵怪獣ロンかませ犬であり、見事な輪切りにされた。非常にが臭く、倒したギロンもたじろいでしまうほど。

平成3部作ギャオス

1作ガメラ 大怪獣空中決戦』、3作ガメラ3 邪神覚醒』に登場。

  1. 1作
    古代アトランティス文明が遺伝子操作によって生み出した怪獣であり、1万年間眠っていたが、地球環境の変化により覚醒した。日本では、五島列島姫神に存在しており、覚めた直後は共食いをしつつ生きていた。十分に成長しきった時には最後の3羽になっており、その後は民を一人残らず食い尽くして成長していった。当初はに弱く夜行性だったが、成長の過程でに遮のようなものを獲得し日中でも活動可になった。
    日本混乱に陥れたが、最終的にはガメラによって3匹とも殺された。
  2. 2作
    直接登場はしておらず東京タワーの上にギャオスが載っている写真のみの登場。ただし今作でのある行為が3作の一斉覚醒に繋がった。
  3. 3作
    変異イリス、1作とほぼ同だがより暴なギャオス・ハイパーが登場。
    五島列島に限らず世界各地で眠っていたことが判明(この可性は1作ラストで示唆されていた。)し、それらが一斉に覚醒し始めて世界単位被害が出る様子が描かれる。
    物語では渋谷ガメラとともに2羽が出現し、交戦の結果2羽ともガメラに撃退されるが巻き添えで渋谷は壊滅的な被害を受けた。
    今作ではギャオスについて、アトランティス文明の中でも、人間く滅びた方が良いと考える過思想の一によって作られたのではと推測されている。特にイリスは、ギャオスに対抗する存在=ガメラを滅ぼすための怪獣であり、劇中では人間の遺伝子を取り込んで強に成長。ギャオスの面影がどない、ほぼ人の巨大怪獣と化し、ガメラ瀕死の状態へ追い込んだ。
    最終的に、ガメラは右腕を失いつつもイリスを撃破したが、世界中のギャオスもまたガメラを追って日本へ飛来していた。ボロボロガメラ(と、恐らくは自衛隊も)が、数千~数万のギャオスの群れとの戦いへ向かう場面で、平成シリーズは終了している。
  4. 4作公式的なものではないがしんが直訴したことより、授受を行わないなどの条件で[外部]大映が作るのを許可した。この作品ではなんとガメラの火球を効化する強なギャオスが誕生した。

小さき勇者たち

『小さき勇者たち』では、劇中より30年ほど前――1973年の時点で、4羽のギャオスが存在した。出自・正体は一切不明だったが、伊勢湾にてアヴァンガメラと交戦。4羽がかりで追い詰めたが、敗北を悟ったガメラ自爆したことでもろとも消し飛んだ。
しかし、破砕した片を食べた生物(恐らくはエリマキトカゲ)が突然変異を起こし、30年後の現在になって活性化。人を襲う巨大怪獣「ジーダス」となってしまった。

漫画版(外伝 ver2.5)

棲ギャオスが登場。

外見的には基本的に平成3部作のギャオスと同様だが、が巨大なヒレに発達している上、若干細身で流線になっている。『モスラ2』に登場する水中モードモスラのようなデザインを考えてもらうとわかりやすい。

太平洋で船舶を襲っていた。事件調のために出動した海自巡視船に襲い掛かったところにガメラが立ちはだかり、しい水中戦~上戦を繰り広げる。
水中から超音波メスを乱射してガメラを苦しめたが、巡視船作戦によって上に誘導されてしまったところにプラズマ火球を喰らって爆死した。 

ガメラ2000

平成3部作のパラレル設定である今作では遺伝子操作によって作られた多バリエーションが登場する。

異次元閉されていたアトランティス文明の生き残りが造り上げたもので変わった物ではのギャオスドッグ、アルマジロのギャオスアルマジロ飛ぶエイの様な姿のギャオスレイ、羽の生えた人のギャオスス;M(KIND)等

他にオリジナルに近い姿の物では体当たりで攻撃するギャオスソルジャー:アロー タイプストレートプラズマを発射するギャオスソルジャー:グラインド タイプ、双頭のネオギャオス、3体のコンビネーションで襲ってくるギャオス3も登場。

ボスであるバイオニックギャオスは全シリーズ通しても最大で下半身から生えている触手部分だけでもガメラの数倍あり最終形態ではを広げてを飛び攻撃してくる。


登場作品


他にも、『ガメラ宇宙怪獣バイラス』、『ガメラ対大悪ロン』、『ガメラ対大魔獣ジャイガー』、『宇宙怪獣ガメラ』ではライブフィルムにて登場する。


お絵カキコ


宇宙ギャオス&ギロン[画像]


関連立体



関連商品


■azB00005NO4J
■azB0024DGNHA
■azB000068IA7
■azB000069SJ7
■azB000EPF7NQ
■azB003DTLUFE


関連項目



最終更新日: 16/03/02 05:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ