ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギュンター・キスリング


ヨミ: ギュンターキスリング
掲示板をミル!
24カキコ!

ギュンター・キスリングnther Kißling)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物。CV.橋本晃一


概要


ラインハルト・フォン・ローエングラムを警護する親衛隊の長で、ラインハルトが宰相となって以来その任に就いている。着任時の階級は大佐で、ラインハルトの即位後に准将となった。

玉色の瞳をもつ青年アニメ版では親衛隊特有の裾の長い特殊な軍服を着用しギャリソンキャップをかぶっているため、ひとでこいつだとわかる。常にラインハルトの傍におり、親征の際には総旗艦ブリュンヒルトに同乗する。シヴァ域会戦では、ユリアン・ミンツともども艦に乗り込んできたポプランと格闘した。

上記のとおりゴールデンバウム王の時代からラインハルトの親衛隊長であったが、警護対はあくまでラインハルトのみであり、彼が都を離れていることが多いこともあってヒルダなどの皇族の警護は首都防衛にあたる憲兵隊が担っていたようだ。


人物


君に忠実で職務に実直、口も固く親衛隊長としてラインハルトから信頼を置かれていた。の腕も確かで、格闘戦では少なくともフライングボール反則王と同等、ウルヴァシー事件ではカーチェイスもこなした。

親衛隊長としてのは十分なのだが、当のラインハルトが命よりもプライドを優先させる性格であるため別の意味で苦労がある。バーミリオン会戦では、逃げるのは嫌だとするラインハルトをシュトライトと共にずくで脱出させようとしている。ほかにも起爆スイッチを手にしたキュンメル男爵の言うことを全く聞かない、反乱兵の口にあえて体をさらすなど、皇帝の周囲を固める幕僚たちともども、いくども冷や汗をかかされている。

職務上、ラインハルトのの行動のほぼすべてを把握しているが、非常に口が固く、職務中に知り得たいかなることも他者に漏らすことはない。しかしラインハルト私にわたって潔癖であり醜聞とはまったく縁がなかったため、彼の口の固さが活かされる機会はなかなか訪れなかった。

その価が発揮されたのは、皇帝初陣で戦果をあげられたときであった。戦後処理にも粛々と付き従い、ひとつ動かさなかった。


関連動画


皇帝をもってしてもキスリング腹筋を貫くことわず。


■sm3117843[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/05/25 20:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ