ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギリアム・イェーガー


ヨミ: ギリアムイェーガー
掲示板をミル!
123カキコ!

ギリアム・イェーガーとは、バンプレストゲーム作品「ヒーロー戦記」および「スーパーロボット大戦シリーズの登場人物である。パンレスオリジナルキャラクター


概要だ…


年齢は自称27歳。(自称なのはギリアムは「長命種の人」という設定があるので、各世界では便宜上"自称"の年齢を使用しているため。本当の年齢は不明。)

スーパーロボット大戦シリーズでの声優田中秀幸氏。

専用BGMは「ラストバトルヒーロー戦記)」「熱疾風サイバスター」「TIME TO COME」「英雄戦記」など。

初出は1992年発売のSFCソフト、「ヒーロー戦記 ~プロジェクト オリュンポス~」。

バンプレストオリジナルキャラクターの中でも随一登場回数・を持つ。


登場作品



ギリアムの英雄「戦記」


ギリアムは数多くの作品に登場していて、その全員が同一人物である(とされている)。
それは彼が平行世界する宿命を背負ったからであるが、これらの登場した世界だけが彼のした世界ではないはずなので、ここでは現在において描かれている活躍のみ記していく。
なおヒーロー戦記が初出ではあるが、どのような順番でをしているのか、そもそも出生や経歴すらなのでここでは発売順に記していく。

ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス(作品上での初出)

ギリアムはこの世界の「惑星エルピス」というにて、本編開始の一年前に軍の練習場にて記憶喪失状態で倒れているところを保護され、そのまま軍の特殊部隊αフォース」の隊員となった。
その後、特殊部隊「Z.E.U.S.」結成時にαフォースから転属、Z.E.U.S.の隊員として、アムロガンダム)・ダンウルトラセブン)・光太郎仮面ライダーBlack)と共に機である「パワードスーツゲシュペンスト」でテロリストと戦うが、崩落するビルに取り残された女の子を救う過程で行方不明になり戦線を離脱する。
崩落の衝撃で記憶と予知を取り戻したギリアムはある使命のために「総統アポロン」としてテロリストめ上げ、Z.E.U.S.メンバーの前に苦悩しながらも立ちふさがる。だがZ.E.U.S.メンバーへの甘さは拭いきれず、結果部下をすべて倒され、自分の元へとたどり着かれてしまう。そして禁断の機動兵器「XN(ザン)ガイスト」を持ち出しZ.E.U.S.と最終決戦を行うが敗北。自分が滅亡の未来を変えるために戦っていたこと、自分が倒されたことで未来が変わったことを伝え、そして助けた女の子の安否を想いながら次元の狭間へと消えていった。

バトルドッジボールⅡ

ギリアムは上記のヒーロー戦記の後に長い平行世界を続ける宿命を背負った。その過程で、ロボット戦闘ではなくドッジボールもしている。

ロア・エミィ・ダークブレインの「自分たちが大会の王者に君臨し続けることで、大会を継続させ人々に夢を与え続けたい」という考えに賛同。ラスボスチームの一員となり、ゲシュペンストを装着して戦う。
ゲシュペンストメットを取って顔を出すこともあった。

第4次スーパーロボット大戦・スーパーロボット大戦S

エゥーゴに参加していて、戦闘にはやはりゲシュペンストMk-にてNPCで参加する。
ED後には地球連邦軍の要職に就いたが、一年後に突如姿を消す。Sではギリアムの名を聞いたアムロが動揺する場面がある。
おなじみの「ヒーロー戦記もよろしく!」の中断メッセージはここからスタートした。
また予知がないことにされているがその原因は後に判明する。

スーパーロボット大戦F・F完結編

Fでは第四次と同じくエゥーゴに参加。リアル主人公の場合のみ最終話戦闘に参加してくれる。
完結編ではロンド・ベル隊に参加しており、主人公に初っ端からゲシュペンストMk-を譲るため全に会話だけでの参加であった。
Fでは第四次と同様にアムロが動揺し、さらにキャラ辞典では「予知のことすっかり忘れてました。」という旨の文が記載されており、第四次での設定消失における衝撃の事実が発覚した。

第1次スーパーロボット大戦OGシリーズ

上記を含めた幾多の世界した末に、ギリアムOG2で言うところの「向こう側」の世界にたどり着いた。
そしてヒーロー戦記世界へ確実に帰還するにはXNガイストコア全に復元するしかないことを悟り、向こう側のテスラ研にて次元転移装置の開発研究と言う名システムXNの修復を行っていたが、オリジナルコピー完成し終えた後に実験事故により自身のみ「OG」の世界へと転移させられてしまう。
また、システムXNの開発中次元転移装置にを付けたシャドウミラー隊が研究チームに接触してきており、
その時からギリアムは「もしシステムXNの悪用論む者が居るとしたら、それは彼らシャドウミラーになるだろう」という予感を抱いていた。

OG1の内容

システムはそのまま向こう側に置いて来て転移してしまった事に「システムXNがシャドウミラーにより悪用されるのではないか」と言う予測が現実味を帯びてくる。ギリアムはもしそうなった場合のためにOG世界連邦軍に入り、向こう側の世界からの驚異に対し備えることにした。連邦軍に入った後は(旧)特殊戦技教導隊にて「TC-OS」のモーションパターンの作成などに取り組んでいた。その後情報部へと転属し、DC戦争にPT一号機のゲシュペンストタイプRにて参加。L5戦役にも途中から同じく参戦し、かつての上官でありエアロゲイターに改造されてしまい敵になった『カーウァイ・ラウ』を苦悩しながらも撃破。エアロゲイターへの怒りを露わにし最終決戦へと挑んだ。また、自身と同じ遇であるイングラム・プリスケン少佐的を推測からか知っており、アニメなどでは二人の対も描かれた。一方イングラムにはギリアムの正体はわからなかったようである。

OG2の内容

L5戦役終結から半年後、ホワイトスターなどの事後調をしていたギリアムはかつて自分が恐れていたことが現実になってしまったことを知る。そう、シャドウミラーの侵攻である。そしてそれを阻止するため、自身の犯した罪を償うために改造されたゲシュペンストタイプRVを駆りシャドウミラーとの戦いに身を投じる。XNガイストコア・・・システムXNはシャドウミラー指揮官ヴィンデル・マウザー」の搭乗機「ツヴァイザーゲイン」に搭載されていた。そして、インスペクターシャドウミラーアインスト・地球連邦軍が交錯する最終決戦の中でついにギリアムヴィンデルを追い詰め、ツヴァイザーゲインのシステムXNにより仲間を助けアインスト諸共ヴィンデルと因果地の彼方へと転移し贖罪遂しようとしたが、それをアインストに利用されアインスト間を繋ぐ門にされてしまう。ギリアムは今度こそ贖罪遂させるためアインストとの最終決戦に臨む。すべてが終わった後、ギリアムは今後二度とこのようなことが起こらないためにシステムXNを破壊した。こうしてかつての半身との次元は幕を下ろしたのである。

第2次スーパーロボット大戦OG

ギリアムシャドウミラーアインストの戦いの後は、再び連邦情報部に戻り任務を遂行していたが、ガイアセイバーズやルイーナ、バラルなどにより再び地球圏に騒乱が巻き起ると、再び機であるゲシュペンストタイプRVを駆り戦場に舞い戻る。戦場では、カイが不在の時には「ゴースト1」のコールサインにより部隊の揮をとることもあった。かくして様々な騒乱からガンエデンや今回の黒幕である「ユーゼス・ゴッツォ」との戦いまで参加する。今回は特にギリアムの身の回りの物語に進展はなかったが、ユーゼスの口からスパロボ世界においては「次元宇宙えて記憶や人格を引き継いだ生まれ変わり」が発生する「再有生」という現があることがられた。これにより、ギリアムは更に深まった。また、ユーゼスとの戦いでは「お前(ユーゼス)の因子はっていない」などと言っており、やはりユーゼスのことを知っていたようである。また、クロスゲートウルトラマンにしか興味のないユーゼスが「(ギリアムを)取り込むべきか?」と言っており、さらに意味深が増えた。


その他



現在不明瞭な活躍・伏線


ギリアムは上記作品に出演しているわけだが、この出演した作品群において様々な伏線が展開されており、
スーパーロボット大戦シリーズ随一のの多いキャラとなっている。ここではその原因とされている活躍・伏線などを列挙する。

 以上、現在判明している伏線などをざらっと記載したが、要するに言いたいことは「ギリアム・イェーガーという存在は多き存在であり、どのスパロボ世界にもギリアムがいる可性がある。」ということであり、まだ彼の英雄戦記」は終わっていないとうことだ。


名台詞


こういうのはどうも好きになれんが…コール ゲシュペンスト

「XNガイスト…見よ!」

「何者かがこの世界を人工的に造りあげた…この世界実験室のフラスコなんだ…そして実験は…失敗したんだ」

ゲシュペンストを見るがいい…!」


次へ»
最終更新日: 16/07/06 16:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ