ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギルガメ


ヨミ: ギルガメ
掲示板をミル!
27カキコ!

ギルガメとは、

  1. ファイナルファンタジーⅤに出てくる敵モンスター 本項で説明。
  2. テレビ東京でかつて放送されていたお色気番組、『ギルガメッシュないと』のこと。

概要


ギルガメ(FF5)

ファイナルファンタジーVに登場するモンスターの中でもプロトタイプスティングレイ、シルビューヌと並んで
狙っていなければまず戦うことのないであろうレアモンスター。同作のボスキャラギルガメッシュ略称
攻略サイト等で間違うかもしれないが、名前の通りの姿をした全く別のボスモンスターである。
のくせにアンデッドで何度倒しても襲いかかってくる。

戦うこと自体に意味もなければ得もさほどないという隠し要素的なモンスターとして有名。
まず出現場所が『ギル洞窟』というダンジョンだが、ここに出現するアンダグランダというムカデモンスターダメージの高い地震を連発してくるため、対策をするかある程度レベルを上げないとまともに近づけない。
2世界の中盤に差し掛かる辺りで入れるこのダンジョンだが、うっかり何も知らずに入ったら殺されてしまう可性は高い。しかも全滅せずなりに進んでもそのうち実はこの洞窟を通る必要が全くないことに気がつくことになるので、全く意味のないダンジョンだと普通にプレイしているだけでは思ってしまう。その上、第3世界に移った時点でこのダンジョン自体がなくなってしまい戦えなくなる期間限定モンスターなのもそういわれる原因である。

そのギル洞窟内のとある場所に差し掛かると突然「10ギルひろった」というメッセージが出てくる。
一歩あるごとに20、4080・・・と倍々に額が上昇してくるが、突然戦闘になりギルガメと遭遇することになる。

ギルガメと戦闘になったとしてもギルガメの

と、思いつく程度で列挙してもウンザリするようなとなっている。
特にカウンターと防御が曲者で氷が弱点といってもその氷魔法自体そこまで効かない上に、カウンターが怖くてまともに使えない。
しかも攻撃が高いので魔法使いにでもなろうものなら後列にいても苦戦を強いられる。
魔法剣士などで戦っても同じくカウンターが怖く、正攻法で戦うこと自体がとても面倒臭い。
しかも倒したとしてもまたすぐ戦闘となる。このイベントで最後は40000ギル以上獲得できるが割に合わない。
何回もギルを拾うイベントは出来るし、やればギルガメと戦うこととなる。

後にFF2FF4GBAリメイク作品に登場した。


対処法


最も簡単な方法は最後の地震以外が物理攻撃であるという点を利用したナイトのかばう戦法である。
まず、地震対策のため、全員レビテトを唱えておく。次にパーティー編成だが、前述の通りギルガメはアンデッドなので吟遊詩人の「レクイエム」が非常に効果的にダメージを奪える。
なので、パーティーはナイト1、吟遊詩人or歌のアビリティーを装着したキャラ3という編成にし、レクイエムを使うキャラ全員瀕死にした状態で、ナイトはひたすら「まもる」のコマンドを使い続ける。
これによって、ナイトのである「瀕死の味方をかばう」を利用した全ての攻撃をナイトに向かわせそのナイトはまもるによって全ての攻撃を捌くという流れが完成し、後はひたすら作業するだけで勝てる。
ただ、この場合もしもかめのこうらをダイレクトにくらうと状態異常厄介リボン装備やナイトをマスターしてすっぴんリボン装備等あるていど工夫をする必要がある。

もう一つは後列に下がらせ、レビテトを唱え、エルフマント分身物理攻撃に備え、レクイエムをひたすら使い続けるというもの。召喚のゴーレム魔法ブリンクを唱える役を用意するなどして極リスクを減らす必要があり少し難易度と用意するものが増えるため面倒臭い。

ただし、どれにしても倒すのにそこそこ時間がかかる。


関連動画



■sm10592018[ニコ動]

■sm2362331[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/07/15 19:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ