ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ギーグ


ヨミ: ギーグ
掲示板をミル!
171カキコ!

ギーグとは、「MOTHER」および「MOTHER2 ギーグの逆襲」に登場する宇宙人である。


概要


ギーグ本人の特徴として、もが持つ小さな邪悪な精を増幅することができる。
そのため、悪しき心を刺された世界中の人動物達が悪化している。


MOTHERのギーグ


ギーグ

ニンテン!あなたのいちぞくには ほんとうに おせわになりました!

1900年初頭に地球外からやってきた宇宙人子供。彼らにジョージマリアが攫われており、その縁からかマリアはギーグを本当の子供のように育てていたという。作中では「本当の子供のように可がったのに」「尻尾を振ってた赤ちゃんだった…子守唄を…でも…」といったセリフしか出てこないため、詳しい関係はわからない。

ギーグからの攻撃は、通常攻撃と変わらず、ディフェンスアップや当時は物理攻撃も軽減してくれる「サイコシールド」で受けるダメージを軽減できる。ギーグに普通に攻撃を与えても通用しないが、エイトメロディーズマリアが歌った子守唄で、ギーグに聞かせていたらしいからか、数ターン後に歌える歌を数回繰り返し、歌い終えると戦意を喪失するのはマリアを思い出すからかもしれない。

 


MOTHER2のギーグ


[画像を見る]

ネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサン・・・・・・

「1」と違う地球ではあるが、タイトルに「ギーグの逆襲」とあるように、この世界のギーグも一度撃退されている…ハズ。
本人は銀河系宇宙の支配を的としているらしく、自分の計画の邪魔になる存在(ネス達一行)を殺しようとしている(予言装置「知恵のリンゴ」は計画の失敗を予言している)。

ポーキーの持つ悪い心を感じ取ったのか、彼を自分の下へと導いている。
最終的にギーグ本人は「悪」そのものになってしまい、精が崩壊している(「悪魔マシン」はセーフティ装置と思われる)。ポーキーの乗る機械は彼が与えたものだろう。なのでポーキーと会った段階ではまだ意識があったと思われる。

シリーズ黒幕ではダントツの「異形」の存在で、過去世界に進むプロセスロボットの身体にネス達は姿を変え、ここにたどり着くまでに立ち塞がってきた敵とは明らかに違う雰囲気の姿はプレイヤーインパクトを与えた。宇宙人というよりはもはや「怪物」「バケモノ」「巨大生命体」「精体」といった存在である。例えるならばグラディウスシリーズのゴーファーやバクテリアンに近い。

第1形態は普通に攻撃しても与えた攻撃が跳ね返ってしまい、こちらがダメージを受けてしまう。

代わりに「じゅうそうびポーキー」を撃退し、その後ギーグが変貌するの第2形態以降は普通ダメージを与えても効。

ポーキーの言う皮の「ある言葉」がカギとなり、使用すると第3形態になり、ギーグのディフェンスが安定しなくなる。

あきらめずにいれば自ずと・・・。

余談ではあるが、第2形態以降のギーグには実は敵キャラクターグラフィックがない。この項背景にもなっている不気味極まりない姿はただの背景アニメーションであって、実際に攻撃する際に攻撃対グラフィックは決定するまでは点滅するが、第2形態以降はそれがない事からも伺える。ちなみに、半ばイベントであるがシリーズで一度に5桁のダメージ叩きこめる戦闘はこれが初。

関連動画



■sm403531[ニコ動]

■sm2304306[ニコ動]
■sm3356266[ニコ動]
■sm16051519[ニコ動]


関連商品


■azB000B7CRJ4


関連コミュニティ


■co1483


関連項目



最終更新日: 17/04/26 11:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ