ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クイズグランプリ


ヨミ: クイズグランプリ

クイズグランプリとは、1970年1980年フジテレビ系で放送されたクイズ番組である。
同年代に放送されていた「アップダウンクイズ」「クイズタイムショック」 「ベルトクイズQ&Q」「パネルクイズアタック25」と並び称されていた。
会は小泉博(元NHKアナウンサー俳優)。そのほか、アシスタントと出題ナレーターがいた。 

月曜日土曜日(後に月曜日金曜日に縮小)の帯番組としてゴールデンタイムで放送された。同じ帯番組である「スター一夜」と長らくセットで放送されていたのでも知られる。「クイズグランプリ」「スター一夜」共に15分番組。


概要


回答者が、ボードにある各ジャンルの問題を前回の正解者が選び(1問会者が選ぶ)、解いていく。
ボードは各ジャンル(「スポーツ」「芸音楽」「文学歴史」「社会」「科学」「スペシャル末期はノンセクション)」)ごとに10~50点チャンピオン大会では20~100点)の点数の付いたパネルが並べられていた。
ネルは各ジャンル点数の低いものからしか選ぶことができない。

ネルを選ぶと、その下から問題文が現れ、出題ナレーターが問題を読み上げた。問題文が表示されるので、それを見た間に答えることができた。ただし読み上げ後の制限時間は2と短かった(放送時間が15分しかなかったため)。
正解だとパネルの点数が加算、不正解だと減点された。 

ボードの中には2枚チャンスカードが隠されていて、それを選ぶと、選択者のみが回答することができた。
点数は最低50点、最高はその時点の持ち点全部を賭けることができ、正解すれば加算、不正解だと減点となり、最悪だと0点となってしまった。
ただしチャンピオン大会ではチャンスカードは含まれていなかった。 

すべてのパネルがめくられた時点でゲーム終了、最高点の回答者がチャンピオンとなった。


ヨーロッパ旅行


初期では月曜金曜の予選を勝ち上がった5名が土曜チャンピオン大会で対決。その優勝者にヨーロッパ旅行が進呈されたが、後にプロ野球のナイター中継などで放送されない曜日が増えると、3日連続でチャンピオンを獲得した際に、獲得を賭けてのクイズが2ジャンル出題された。
1回は判じ絵(絵を見て何を意味しているのかを答える)、2回は一問多答で制限時間内に5問正解するものだった。1回で不正解だと2回に進めなかった。

なお点数10点につき賞1000円が進呈された。チャンピオン大会は点数が2倍となるので通常の倍の額を獲得できる。


ジャンルボード


スポーツ 音楽 文学歴史 社会 科学 スペシャル
10 10 10 10 10 10
20 20 20 20 20 20
30 30 30 30 30 30
40 40 40 40 40 40
50 50 50 50 50 50
チャンピオン大会では「スペシャル」が「ノンセクション」に変更

後の影響


同番組のクイズシステムは、後に多くの番組でも転用され、クイズスタンダードとなった。
特にジャンルボードと回答ボタンを用意できれば成立するセットであるため、各種イベントアトラクションとしても転用された。 


関連動画


クイズグランプリに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


クイズグランプリに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 14/01/16 02:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ