ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クイックディスク


ヨミ: クイックディスク

クイックディスクとは、かつて存在した磁気ディスクの一種である。ファミリーコンピュータディスクシステムで採用されたディスクカードが有名である。


概要


1984年にミツミ電機と日立マクセルの共同開発で誕生した。ディスクサイズは2.8インチと小さめ

磁性体を塗られた薄いディスクを使っている点ではフロッピーディスクと同じであるが、同心円ではなく渦巻き状に記録面が作られている。そのため、フロッピーディスクのようにランダムアクセスができず、データ読み取る際には最初から順々に検索していく必要がある。
読み書き速度では、当時パソコン流だったデータレコーダ音楽テープを使用)よりもかに高速であったが、フロッピーディスクよりも劣っていた。

容量は片面で64KB、両面の利用が可であった。 


採用例


ドライブとして内蔵されていたのは、シャープMZ-1500であった。ほかにMZ-700MZ-2200用の外付けドライブも販売されたが、MZ-2500においては3.5インチFDDを搭載したことで、クイックディスクは普及しなかった。

一方でファミリーコンピュータでは、1986年ディスクシステムとして特殊形状のジャケットに入ったディスクカードとして販売、当時のROMカセットよりも大容量で、500円で別のゲームに書き換えられることから一定の普及を果たした。
しかし同年に128KB(1Mビット)をえるROMカセットゲームが出たことで、メリットの一つである大容量という特性はすぐに失われた。また、バッテリーバックアップによるデータ記録、独自の拡の搭載などで、ディスクシステムならではのメリットは次々と失われ、1989年頃には再びROMカセット流となった。 


関連動画


クイックディスクに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/08/16 13:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ