ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クイーン(DELTARUNE)


ヨミ: クイーン
掲示板をミル!
18カキコ!

↑<と>ですクイーンさま

<!--[クイーンさま]ト オ呼ビ-->

 

クイーンとは、ゲームDELTARUNE』の登場人物である。

以下、Chapter2ネタバレ注意。終盤の展開についてはスクロールで見られるようにしている。


概要


Chapter2で登場。シリアル番号「Q5U4EX7YY2E9N」のコンピュータ。長いので、基本的には「クイーン」と呼ばれており、本人も「クイーンさま」と呼ぶよう示している。

闇の世界ではスリム女性の人の姿であり、の部分はランサーキングと似てく覆われている。頭の部分は後ろに長く、初代iMacと少し似た形になっている。


口調


日本語版では基本的には漢字以外はカタカナ表記。また、プログラム言語コメントアウト<!-- -->htmlの場合、この文字列で囲った文章は通常のブラウザからは全く見えなくなる。ソースを表示すると見ることができる台詞を囲って話している。句読点は付けず、強調したいところや区別したいところ、「ワタシ」「クリス」などの人称等は[ ]や[[ ]]で囲う。笑いの「オーッホホホホホ」など、女王らしさもところどころに表れている。

コメントアウトで話しているのは日本語版のみであり、英語版では単の最初の字が大文字で、ピリオドやコンマを使わずに話す。

の部分に文字を表示することがある。例えばをついているときは「ウソ」、本当のことを言っているときは「ホント」と表示される。面いことが起こって笑っているときには「www」とが生えるなど、たまにネットスラングも使う。


性格・行動


Chapter1の終盤で初めて登場したキングと異なり、Chapter2の序盤から登場する。ストーリー的には前章のランサーキングを合わせた立ち回りをする。

序盤で世界征服のための下にする(ついでに顔をロボット改造するかも?)としてノエルを捕らえてしまう。そのため、ノエル仲間である主人公たちとは基本的に対立する関係である。さらに、隙さえあれば主人公たちも捕らえようとしてくる。

しかし、キングのようにライトナーの存在自体を憎んでいるわけではなくライトナーと楽しい時を過ごしている様子も見られる。特に感情表現をあまりしないクリスとは波長が合うとしており、一緒にゲームで遊ぼうとしたり、一時停戦して行動を共にしたりすることもある。

自身の的のために強硬で独善的な手段に出ることがあるものの、ノエル行方不明になったときは自身の野望より本人のことを心配しているなど、どこか優しさや人間臭さの見られるキャラクターである。それ以外にも、以下のようなコミカルな部分も多くみられる。

住民のクイーンに対する反応は分かれている。住民たちに突然ケーブルをつないで、「ケーブロイド」に姿を変化させて敵に差し向けている(?)本人は終盤で「操っているのは一人だけ」ともしているほか、スイート・キャップ・ケーキというクイーンに対する反乱分子もいる。一方で、普通行動しているケーブロイドや最終的にケーブロイドであることを受け入れる者もいる。他にも、執事パレットラーたちは自由奔放なクイーンに従順であり、彼女行動の後始末もしっかり行っている。

インターネットと接続することもでき、そこから多くのことを学んでいる。また、世界モンスターニンゲンが暮らす現実世界)で起こったことも知っており、図書館パソコンからのものであれば、個人がインターネットで何を検索していたかも調べることができるようだ。

注意 この項はChapter2の終盤のネタバレが含まれています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイーンの最終的な的は闇のを増やし、世界を闇で覆っても苦しまな世界を作ることである。世界インターネットダウンしており、モンスターニンゲンたちがゲームSNS等を楽しめなくなってしまったため、闇の世界を広げて皆を幸せにすることをしていた。そして、おそらく強いケツイを持つ全てのライトナーが闇のを作るを持っていると推測し、ノエルを始めとするライトナーを捕らえようとしていたのである。

ライトナーの中でもノエルに固執していた理由は詳しくられないが、に乗っていたときの場面では、その理由を「ノエルは強いから」としていた。また、ノエルのことを詳しく[検索結果]等から知っているらしいので、その検索結果の内容もノエルにこだわった理由に関係しているのではないかと思われる。


追い詰められたクイーンは、巨大ロボットギガクイーンに乗って主人公たちに襲い掛かる。しかし、バードリースイート・キャップ・ケーキルールノーたちがボコリングマシンを巨大ロボット改造、それに主人公たちが乗り込んで巨大ロボットvs巨大ロボットパンチアウトゲームで決着をつけることになる。序盤でクイーンと遊んだゲームが実はチュートリアルだったという伏線にもなっている。

死闘の末、ノエルの強い意志の言葉を聞いたことで自分の誤りを認める。さらにラルセイから「哮」の話を聞き、その破滅的な内容に「0」という顔で驚く。実はクイーン哮については全く知らなかった。この結果、世界征服は中止し、全員と和解した。

その後はキャッスルタウンに向かい、ランサーのお世話役になる。離れ離れの場所にいたキングとはなぜか顔見知りなようで、彼女は彼を「[キンキン]」、彼は彼女のことを「クインパ」と呼んでいる。


関連項目



最終更新日: 21/09/25 13:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ