ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クストウェル


ヨミ: クストウェル
掲示板をミル!
106カキコ!

クストウェル】とは、GBAソフトスーパーロボット大戦J』に登場する主人公機の一機である。合わせて後継機であり、オリジナル機という設定の【クストウェル・ブラキウム】も紹介する。
メカニックデザインは両機共にバンダイグループの1つであり児童向けのオモチャをデザイン・販売している株式会社レックスの社員山田氏。


概要


全長 21.3m
重量 19.0t
オルゴンエクストラクター
M・M・I サイトロンコントロールシステム

近接戦格闘用に開発された機体。
フューリーにオリジナル機が存在しており、それを参考にして作られた機体である。
両腕に装備しているの武装を合体・変形させることで、様々な格闘戦を行う事が可である。
に【オルゴンエクストラクター】という物が採用されており、【オルゴンクラウド】発動時には頭部を中心に特殊な形態に変形する。

という設定を持つリアル主人公機の一機。もう一体の主人公機【ベルゼルート】とは逆のコンセプトとなっており、高機動接近戦機体となっている。
全ての武装が移動後に使用可となっている反面、射程に難があり他の主人公べると最大でも半分の射程しかない。
攻撃は格闘機らしく全て拳から繰り出され、その軽い重量が反映されているのか運動性も高い。

他二機の主人公機の中間と言った性を持っており、よく言えばどちらが搭乗してもそこそこ活躍出来て扱いやすい、悪く言えば中途半端と言った所で、ファンからはよく不遇機体という烙印を付けられることが多い。その要因として、

……といった感じであり、ファンから10年以上OGに参戦する際はハブられるんじゃなかろうかと邪知されている。
案の定OGMDいて統の搭乗機がグランティード、カルヴィナがベルゼルートに決まり、本機は隠し機体としての登場を待たれることになる可性が高い。
しかしそのポジションでもスパロボJでも特に人気のあるい【ラフトクランズ】や、後継機【クストウェル・ブラキウム】の存在があり、益々危ぶまれている。

しかしアニメーションが劇的に進化した本作では、その「シンプル」「地味」とも言われる見たも逆に返せば「動かしやすい」という事になり、後継機共々作中アニメでもトップクラスカッコいいアニメーションを繰り広げるので一見の価値はある。


武器紹介


クストウェル・ブラキウム


全長 22.4m
重量 20.0t

フューリーで開発されたオリジナルのクストウェル。
機体のコンセプトは同じだがその性はクストウェルをかに上回っており、全くの別物と言っても過言ではない。
両肩に装備された武装は遠隔誘導兵器として敵にぶつけたり、また変形して巨大なクローを出現させる事が出来る。それによって行われる攻撃は圧倒的な破壊を持つ。

……といった裏設定を持っているが、ゲーム内ではクストウェルの新後継機を開発するために製造された同機を基に、モルゲンレーテ社において強化・修された機体。本来はこちらが先に開発されている。
見たの雰囲気はそこまで変化してないが、頭部のカメラアイバイザータイプからツインアイタイプになっており、また両肩にはクストウェルの物とはべものにならない大クローが装備されている。
この設定のためか、前半機のクストウェルは量産試作機だったのではかろうか、と考察されている。
これに関しては開発の大元がフューリーの量産機を製造していたAK社である為、全く不自然な事ではない。
強いていえばオルゴンクラウドの存在から騎士クラス用の格闘特化機であった可性もある。

は元のクストウェルから大幅に性アップさせたようなものになり、特に特殊回避・軽減バリア・移動視が組み合わされた【オルゴンクラウド】の存在とEN回復がありがたい。アニメーションもそれに合わせダイナミックな動きが増えより楽しめるようになっている。

ちなみにブラキウムとはラテン語で『』を意味する。巨大な腕を装備しクロ―で攻撃を仕掛ける本機にはぴったりと言えよう。また余談だが他の主人公と違い文字制限の煽りを受けてない為そのままの表記で登場する。


武器紹介


OGシリーズ


「クストウェルはブラキウムの量産試作機なのでは?」という考察を受け、OGシリーズのクストウェルは「もしかしてOGでは敵の量産機として出てくるんじゃ……」「ジュア=ムが乗って悪落ちするんじゃ……」等と散々な言われようを受けることなった。
というのも、前作スパロボDの『フォルテギガス』の扱いから分かるように、隠し機体で参戦する場合、乗換・合体イベントカットの都合で前半機より後継機の方がメインになる可性が高いのである。本機がクストウェルとは設定上でもゲーム上でも一別物の機体として演出されているのにも拍を掛けている。初期にクレジットされなかった本機とクストウェル、そしてラフトクランズいヴォルレント等がどのようにして扱われるか動向に注されている。
その後、「クストウェルは出ますフォルテギガスとは異なるが」と紹介され、多くの人に淡い期待半分・嫌な予感半分を持たせたまま、ムーン・デュエラーズが発売される。

(以下ネタバレ、反転すると読めます)
クストウェルは出るには出た。ただし、ブラキウムのみであり、レプリカお蔵入りになっている。
ブラキウムは本来の設定である「フューリーのオリジナル」に焦点を当て、更に着色しつつ「敵として出る」「ジュア=ムが乗る」と言った予想を見事に当てはめる登場を果たす。
度重なる失態や鋼龍戦隊との戦いで追い詰められ発狂したジュア=ム最後の戦いでこの機体に乗り込み、強な殺意をむき出しにして鋼龍戦隊に襲いかかってくる。戦闘アニメーション原作のような荒々しい連撃を再現しているが、見方によってはジュア=ムの怒りと狂気を動きに反映したかのように見える。
条件を満たすと隠し機体として入手できる。乗り換えできるのは統とカルヴィナとサブの3人のみ。
残念ながらオルゴンブラキウムフィニッシュは実装されていない。


関連動画



■sm2663313[ニコ動]

■sm2676337[ニコ動]


■sm2676621[ニコ動]


関連商品


■azB000AS53EU


関連コミュニティ


■co323


関連項目



最終更新日: 19/10/07 05:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ