ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クソゲーオブザイヤー2013


ヨミ: クソゲーオブザイヤーニセンジュウサン
掲示板をミル!
2カキコ!

クソゲーオブザイヤー2013(KOTY2013)とは、2013年1月1日から12月31日の間に発売されたゲームの中で一番のクソゲーを選評・総評したものである。


この年について


2012年度の総評が終わっていない1月くも最初の弾が据置スレに投下される。
いきなり現れたのが昨年のKOTY据置および携帯の両方で大暴れしたヘビファイアシリーズの最新作『ヘビファイア シャッタードスピア』(通称:HFS)。ゲーム性は前作より輪にかけて酷くなっており、今年もまたこのシリーズ門番として据置スレに君臨する事となる。

それから上半期は特にコレといった物の選評は出なかったが、後半に入ると某ゲームで起きた騒動の煽りを受けて据置機スレに外野からのお客様が突撃してくるようになり、困り果てたスレ民が空気を変えるため何かいかと発掘作業を進めた所、同年の較的い段階に発売されていながらスルーされていたあるゲームが浮上する。

それが同年に放送されていたアニメを題材にしたアクションゲームレッ・オペレーション -Hyper Intimate Power-』(通称:HIP)で、元々「好きなキャラを動かせればゲーム性なんて二の次」と言われがちなキャラゲーでありながらそのキャラゲーとしての魅を悉く切り捨てたトンデモゲーである事が発覚し、一躍KOTY補に踊り出た。

続いては無双格闘ゲームのはずなのにこちらが逆にボコボコにされる『ダブルドラゴンII ワンダオブドラゴン』(通称:DD2)、いい加減な操作性に加えて理不尽なストーリープレイヤーPTSDを誘発するフライトシューティングゲームエアコンフリク ベトナム』(通称:エアコン)などがさらなるKOTY補に名を連ねていった。

そして12月には年末の魔物として時代錯誤なゲームシステム阿鼻叫喚を呼んだSTGガイアブレイカー』も参戦。
めきあう戦の末にHIPKOTYの座を射止めるに至った。

KOTY携帯では3月適当な操作性と演出でユーザークラッシュさせたレースゲームみんなでオートレース3D(通称:オート)およびリズムゲーとしては音痴すぎる出来と言われた『Megpoid the music#(通称:GIM)の選評も上がり、長らくこの2作がスレ門番となるが、こちらも年末の魔物としてHurtfulな要素をつぎ込まれた『ホームタウンストーリー(通称:ホーム)が滑り込み、門番達を追い抜く形で大賞にいた。

乙女ゲーでは面そうな点を多く持ちながらも風呂敷を畳む気のシナリオと笑いを誘うSEで「焦げのフォアグラ」呼ばわりされた『NORN9 ノルン+ノネット』、ホラー要素を交えた新感覚な乙女ゲーとして発売するもホラー要素をぶち壊しにした上で「頭痛が痛い」と揶揄されるシナリオにより「四八(仮)乙女ゲー版」と言われてしまった『しらつゆの』、シナリオ等では基本無料な事を考えればインパクトは弱かったもののいたる所で嬉々として笑いのネタにされる程のインパクトのある立ち絵バグにより話題となってしまった『ボーイフレンド(仮)』がノミネート。
基本無料という点、そしてアクセス集中のサーバー負荷を原因とした立ち絵バグの落ち着いたBF(仮)話題作として片づけられノルン・しらつゆの一騎打ちとなるが、両方ともシステム面では問題がなかった上で「最終的にどちらを選ぶのかは好み」という結果に終わり、KOTY史上初の“該当”という結論に至った。

そして同年のKOTYエロゲーは盛り上がる所まで盛り上がり、全エントリー作品登場制覇という異常事態になるほどの大豊作となった。
まず最初にご都合主義を通り越してバカゲーバカにしているとしか思えない前年王者スワンアイの『リア充爆発しろ! 変身手に入れたんだけど質問ある?~(通称:ずっぷ)門番、もといデモンズウォールとして立ち上がるが、以降もShelfからは違和感しかないフルアニメーションに個別ルートからヒロインたちの印が全く逆方向になる『Qualiaffordance-クオリアフォーダンス-(通称:クオリア)が、続いてEx-ITからもモブキャラ台詞全てが「イラッシャイマセー」という女性で再生されるバグにより笑いの死にを咲かせた『逃避行GAME(通称:逃避行)、さらに同社より本編ディスクエラーによりフリスビーと化すというゲー無の体裁すら整っていない「 ー 」の称号を得る事になった『いっしょ』(通称:遺書)らが発売され、スレを大いに沸かした。
当初ずっぷと遺書の一騎打ちとみられていたが、その後例年ならば予備期間でしかない翌年1月にも数々のエントリー作品が名を連ねた事によりスレは混迷に陥る。最終的に7月に発売されていたミルクプリンの『明日もこの部室(へや)で会いましょう(通称:部室)テキストグラフィックシナリオ全ての惨状が掘り返され、見事同作がKOTYeの大賞を飾る事になった。


据え置きゲーム機部門 大賞&次点作


大賞作 "でもバンナムさん、おたくのクソゲーはもうこれでファイナルオペレーションにして下さい!"

次点作

※ 各作品の詳細はこちら[外部]


据置機ゲーム部門 関連動画



■sm25252930[ニコ動]

■sm23036009[ニコ動]


据置機ゲーム部門 関連商品


■azB00A882PWU
■azB009P0IFAI
■azB00E96VD70
■azB00LEPDQCE

※ 『ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-』、『ガイアブレイカー』はダウンロード専用です。


携帯ゲーム機部門 大賞&次点作


大賞作 "運は我々から富を奪うことはできても、勇気を奪うことはできない。"

次点作

※ 各作品の詳細はこちら[外部]


携帯機ゲーム部門 関連動画


■sm22614179[ニコ動]


携帯機ゲーム部門 関連商品


■azB00FLJU21M
■azB00CSKUZQO
■azB009P0IIU0


乙女ゲー部門 大賞&次点作


大賞作

次点作(大賞が該当なしだったため紹介) "どちらの料理に金を払うかは、貴女次第──"

※ 各作品の詳細はこちら[外部]


乙女ゲー部門 関連商品


■azB00AF6192W
■azB00AF61AL2


エロゲー部門 大賞&次点作


大賞作 "──果たして、無事に明日、クソゲーに克てるかどうかは、誰にも分からない。それなら、この場所(スレ)で会いましょう。"

次点作


次へ»
最終更新日: 18/07/31 11:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ