ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クックルー


ヨミ: クックルー
掲示板をミル!
43カキコ!

クックルーとは、

あにぃ記事掲示板>>38より

  1. ゲームドラゴンクエストVに登場するモンスター。冒険序盤のうちに仲間にできるモンスターの1体で、Lvは20打ち止め熟だが習得技はスクルトバイキルトなど補助呪文が充実。
  2. ゲームドラゴンクエストⅧに登場する仲間キャラクターククールが、動画「一人で留守番偉いねと電話で褒められた受付がドラクエ8実況シリーズ内にてプレイヤーあにぃに呼ばれている別称

す。本項では、後者2.について解説する。

 


概要


ククール」という正式な名前があるが、あにぃには初登場時から「クックルー」の一点りで、一度も本名で呼んでもらえたことがない(ひらがなで“くっくるー”とも表記される)。ナルシストキザな性格の美男子として女子にモテモテとされているが、実況主あにぃには事のほか冷たい視線と扱いを受けている。冷たい扱いを受ける要因として、人をはばからない女たらし・オープンスケベな性格(常に女の子のことばかり考えている等)と、パーティーの和を乱すかのような皮屋な態度が挙げられる。現在は、あにぃと共に軽い性格を直す為のリハビリを続けている。

ステータス的にも攻守のバランスの良さが災いして、「どういう使い方をしていいのか分からない」とあにぃを悩ませ続けている。その為、武器防具による装備の強化も常に後回しにされ、結果的に戦闘中すぐ死んでしまうという悪循環を生んでいる。初期には死んでしまったクックルーのを討とうと奮い立つこともあったあにぃだが、最近ではあまりにも死亡回数の多いクックルーに嫌気がさしており、教会に行って生き返らせるのも心底面倒そうにしたり、戦闘中に死んでも「しにっ!」(ドラクエで死んだキャラクターの状態を表す“しに”から来ている)の一言で片付けたりしている。

その後、回復・呪文を覚え、チームに欠かせない後方支援要員としてあにぃ重がられるも、肝心でもない場面で相変わらずあっさり死ぬことが多いため、視聴者からは『死に芸』として不世出の芸人扱いされるまでに至っている。

 


略歴


宿場町ドニPart11) - クックルーとの初対面。場で賭け事にじているクックルーに話しかけ、「真剣勝負の最中でね。あとにしてくれないか?」とキザに対応されるも、「あー別にいいよ、何にも話すことないし」と初対面から相性の悪さを感じさせる。さらにクックルーの飲んでいたワインを見て「ワイン?それワインなの?舘ひろしさんみたい」とクックルーにとってショッキングな感想も述べている。その後、イカサマで勝っていたことを自信満々に見せびらすクックルーに対し「ひどーい」、ゼシカを足元からめるように見るクックルーに「その見方よくないね」、出会いの記念にと自分の指輪ゼシカに渡すクックルーに「うえー」、また会いに来てくれるよな?と問いかけるクックルーに「いやとも!」、さらにクックルーのくれた指輪を「ゼシカ姉さん、それ捨てちゃいなよ」、「その辺の土に埋めちゃえば?」と、それまでのあにぃからは考えられない過な発言を連発した。

アスカンタ(Part21) - 冒頭にて死んだ王妃をに容姿面で惜しむクックルーに対し、「そればっかだな・・・」「はいはい、くやしいくやしい、くやしいねぇ」とまるで取り合う気がないあにぃパルミドへの中、レベルアップして色おとこになったクックルーに対し「色男ねぇ、クックルーはねぇ、ちょっと軽いところがあるでしょ?そこが玉に瑕」と摘(ただし、それも大事な個性である事は認めている)。しかし、コングヘッドのつうこんのいちげきを受け、あっさり死んでしまったクックルーに「あーー、クックルー!」と絶叫。取り乱したのか「アンコウまで食べられるんだよ」との言葉をつぶやく(出典は南国少年パプワくん)。クックルー初の死亡であった。

士像の洞くつ(Part27) - 洞窟内中盤、さまようよろい他のモンスターが登場。さまようよろいBのつうこんのいちげきを受け、クックルーは何の前触れもなく突然死んでしまう。あまりの唐突さにあにぃ自身も何が起こったのか状況を理解することができず、しばらく言の空白時間が流れた。その後、静を装って立ち直るも、時間が経つに連れ抑えていた怒りと不満が爆発。雄たけびをあげ、仲間と自分自身に気持ちの切り換えを訴えかけ、何とかその場をいでいる。その後、リレミトにて一旦洞窟を脱出。「仕方ないのでクックルーを生き返らせます」という感情なテロップが画面に現れ、教会への130Gの寄付に対し「たっかいなーオイ」と憤懣やるかたない思いをぶつけている。クックルーとの轢が決定的となった間であり、現在に至るまで続くクックルー冷遇の発端となった場面として長くり継がれている。

モグラアジト(part36) - このダンジョンボスドン・モグーラ戦。戦闘前、その準備として作戦AIから手動に切り替える際に、ヤンガス先生に対しては「命させて」と言ったのに対し、クックルーに対しては「命させろ」と発言(ゲーム中の表記は、「めいれいさせろ」が正しい)。あにぃの中でのヤンガス先生とクックルーの格差が如実に表れた一幕である。そして戦闘中、そのおよそ中盤あたりでゼシカ姉さんとクックルーのどちらにベホイミを使うか考えるが、あにぃなくゼシカ姉さんを選択した(術者がクックルーなのもまた皮であるが、当然の判断と言える)。しかしその直後、あにぃはクックルーがザオラルを使えることを思い出し「嫌でもちょっと大事にしないと」と発言。クックルーにとっては、今後の待遇善の兆しが見えると同時に、現時点でのあにぃとの溝が深いものになっていることも認識することとなった。また、同戦闘中でクックルーが使用した技『皮な笑い』を「イラッとする」と一蹴したことも記憶に留めておきたい。

の山(part45) - 度重なるチャッス(チャゴス王子)の暴虐にいらっ♪としたあにぃは、極いらっ♪としないよう努めていたのだが、チャッスが嫌がるミーティア)に跨り打つイベントで、ついに堪袋の緒が切れてしまう。「消えろよ…マジで」「落ちてしまえ…もう、そこ(背中)からも落ちて崖からも落ちての藻となるがいいわ」「殴っちゃえよ」と視聴者驚きの黒さを全開させる。堪りかねたおっちゃんトロデ王)が「ミーティアの代わりに自分を打て!」と言った台詞に心打たれたあにぃは、「おっちゃんを殴るならクックルーを殴れ!」と発言。クックルーへの当たりがやわらかくなってきたかと思われた矢先の衝撃的な事件であった。ただし、その後のアルゴングレート戦で、クックルーのスクルトの範囲にチャッスが含まれていないことを受け、「実は熱いものを秘めてるのかね」と評価の見直しが進んでいると思わしき一言も残している。

 


関連動画



■sm4657635[ニコ動]

■sm4972784[ニコ動]
■sm5549894[ニコ動]
■sm5814330[ニコ動]
 

関連商品


■azB000BD50AG
■azB000FO2AC2


関連コミュニティ


■co83679
■co5107
■co423


関連項目



最終更新日: 11/05/02 00:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ