ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クライマックスシリーズ


ヨミ: クライマックスシリーズ
掲示板をミル!
186カキコ!

クライマックスシリーズとは、2007年より日本プロ野球で行われているプレーオフ制度である。通称「CS」。

この制度の土台となった、2004年から2006年パ・リーグプレーオフについても本記事で解説する。


概要


セントラル・リーグセ・リーグ)とパシフィック・リーグパ・リーグ)それぞれにおいて、上位3チーム(Aクラス入りしたチーム)が、日本シリーズ出場権をかけて争う短期決戦である。これを制したチーム同士で、日本シリーズが開催される。

2006年までのセ・リーグ2003年までのパ・リーグは、レギュラーシーズン優勝したチームがそのまま日本シリーズ出場となっていたが(※2004年から2006年にかけてのパ・リーグに関しては後述)、このCS導入によって、2位や3位のチームにも日本一になれる機会が与えられることになり、Aクラス入りに新たな価値が生じた。
同時に、優勝チーム条件で日本シリーズに出れるわけではなくなったため、優勝決定後も決して気を抜けない状況となった。

優勝を逃した後であっても、ファンCS出場の可性が残されている限りを向け続ける。また球団にとっても、CSが地元で開催されれば多くの入場者を獲得できるため、行効果は非常に大きなものである(NPB自体の収益となる日本シリーズと異なり、CSの収益はレギュラーシーズン同様に球団のものとなる)。
CSが導入されたことで消化試合が大幅に減り、終盤戦からポストシーズンにかけて新たな盛り上がりを見せていると言えよう。

一方で、レギュラーシーズンで3位以内に入りさえすればどんなチーム条件で出場可となるため、可性だけで言えばリーグ優勝できなかったチームどころか、勝率5割未満(借持ち)のチーム日本シリーズに出場し、そのままチームが「日本一」になることもあり得る(もっとも、交流戦が導入されている以上「優勝チームが借持ち」になる可性もゼロではないが)。そのため、「日本一」という称号はもう相応しくないのでは、あるいは出場条件が緩いのではと摘するもある。
また、すでに導入から10年以上経った制度ではあるものの、それ以前、優勝チーム同士で日本シリーズを行うことが当たり前だった時代が圧倒的に長かったこともあり、どれだけぶっちぎりで優勝しても数試合負けただけで日本シリーズに出れなくなることについては、否定的な意見も少なからず存在する。
このあたりについては、まだ議論の余地があるだろう。

なお、CS導入以降レギュラーシーズン2位以下のチーム日本シリーズに出場した例は以下の6回である。

チーム レギュラーシーズン順位 優勝チームとのゲーム 日本シリーズ結果
2007年 中日 2位 1.5 日本一
2010年 ロッテ 3位 2.5 日本一
2014年 阪神 2位 7.0 敗退
2017年 DeNA 3位 14.5 敗退
2018年 ソフトバンク 2位 6.5 日本一
2019年 ソフトバンク 2位 2.0 日本一

また、レギュラーシーズン3位のチームファーストステージを制するケースはこれ以上に多く、特にパ・リーグでは2010年から2015年まで連続して3位のチーム2位チームを破ってファイナルステージに進出していた。セ・リーグ2016年以降は全て3位のチーム2位チームを破ってファイナルステージに進出している。

その他、CS出場経験のないチーム2016年DeNAがAクラス入りしたことで消滅。また、同年にDeNAファイナルステージに進出したことで、ファイナルステージ出場経験のないチームオリックスのみとなった。さらに翌2017年にはDeNACSを制して日本シリーズに進出したことで、CS導入後日本シリーズに出場していないチームオリックスのみとなった。

2020年新型コロナウイルスで開幕が大幅に遅れたため、セ・リーグCSの開催を中止し優勝チームがそのまま日本シリーズに進出する形となった。一方のパ・リーグは短縮という形を取り、従来のファイナルステージに相当する優勝チーム2位チームの試合のみ3勝先取制(優勝チームアドバンテージ1勝は例年通り導入)で実施した。


全体の流れ



出場チームの決定


クライマックスシリーズに参加できる球団は、開催予定日2日前までに各リーグで3位以上(Aクラス)のチームである。
もし、3位に位置するチームが複数現れた場合、
セでは

  1. レギュラーシーズン勝利数が多いチーム
  2. 当該チーム同士の対戦で勝利数が多いチーム
  3. 前年のレギュラーシーズンで成績が上位だった方のチーム

を優先順位として3位進出チームを決める。
一方、パでは

  1. 当該チーム同士の対戦で勝利数が多いチーム
  2. 交流戦を除いた120試合での勝率
  3. 前年のレギュラーシーズンで成績が上位だった方のチーム

を優先順位として決めている。


ファーストステージ


2009年までの名称は「第1ステージ」。どちらも2位チームの本拠地球場で開催される。
3試合2勝先取制。


ファイナルステージ


2009年までの名称は「第2ステージ」。どちらも優勝チームの本拠地球場で開催される。
4勝先取制だが、優勝チームには予めアドバンテージとして1勝が与えられるため、開催されるのは最大でも6試合まで。
なお、導入初年度となった2007年の第2ステージ2006年までのパリーグ単独のプレーオフセカンドステージと同様5試合、3勝先取制で行われ、アドバンテージは与えられなかった。

全日程終了後、セのファイナルステージ勝利チーム VS パのファイナルステージ勝利チーム日本シリーズが開催される。

詳細は日本シリーズを参照。


ルール


基本的なルールレギュラーシーズンと同様であり、延長12回までで再試合はし。指名打者DH)はパ・リーグのみ採用。予告先発は両リーグで採用(2017年まではパ・リーグのみだった)。

引き分けが発生して勝敗数が並んだ場合は、レギュラーシーズンにおける上位チームがそのステージの勝者となる。
たとえば、ファーストステージにおいて2戦終了時に2位チームが1勝1分となった場合は、3戦は行わず2位チームファイナルステージに進出する(仮に3戦を行って3位チームが勝ったとしても、勝敗数が同じ(1勝1敗1分)にしかならないため)。

不良などで試合中止、あるいはノーゲームとなった場合の予備日は、ファーストステージは1日、ファイナルステージは2日用意されている。パ・リーグの場合は必要に応じてダブルヘッダーを行うこともある。それを含めても勝敗数が同じで決着がつかなかった場合は、引き分け発生時同様、上位チームがそのステージの勝者となる。


各年の対戦結果


太字日本一になったチーム


次へ»
最終更新日: 20/11/16 19:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ