ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クラゲ


ヨミ: クラゲ
掲示板をミル!
74カキコ!

クラゲ水母、海月)とは、 に生息する透明で分が多くに漂っているなど一定の特徴を持つ生物の総称である。

曖昧さ回避

概要


クラゲは他の一般的な生き物と違って『クラゲとは◯◯◯◯科の生物である』のような紹介はできない生き物である。

なぜかというと元々日本人は古くからクラゲを『で漂っている透明でプカプカ浮いて触手が生えている生き物』のような大雑把な意味で幾つかの生物にクラゲと命名していたからである。

そのため、同じ「クラゲ」と名前の付く生き物でも生物学上の分類としては全く違う生き物だったりする。(例:カミクラゲはヒドロ綱であり、エチゼンクラゲは鉢綱)

現在日本でも海水浴場でプカプカ浮いているゼリーみたいな透明な生き物して「あ、クラゲがいる!」と言ったりするので、だいたいクラゲとはそんな感じの透明でプカプカ浮いている生き物のことだと覚えていても日常生活では困らない。

ほとんどのクラゲと呼ばれる生物は体の90以上が分でできている。

中を漂う幻想的な姿に見せられるものも多く、水族館などではそれなりに人気がある。多くの種類が存在し、自ら発する種、特に見たが綺麗な種などはときどきテレビなどにも取り上げられる。

ボストン大学名誉教授下村脩は、クラゲから前述の発するたんぱく質を取り出す研究で2008年ノーベル化学賞を受賞した。この研究にはのべ100万匹のクラゲが使用されたといわれている。

アバ茶を飲まされる危機を回避するのには必須である。ただし、地球防衛組織全滅することもあるので注意が必要である。


クラゲの被害


エチゼンクラゲカツオノエボシなどのようにを持つクラゲは少なくない。というよりも基本的に人体に有であるかどうかは別としてクラゲは触手のに毒針を射出する刺胞を持っており、これにより捕食をしたり外敵から身を守ったりしている。

先に挙げたエチゼンクラゲカツオノエボシは刺されると人間でも痛が走るため、海水浴の際にはクラゲに触らないように気をつけなくてはならない。お盆を過ぎると大量発生して海水浴などを中断させる原因となる。

近年はになると日本海側で巨大なエチゼンクラゲが大量発生して問題になっている。漁をする際にそのでもって同時に網にかかったを売り物にできなくするなどの被害が発生している。

キロネックスイルカンジといった世界トップを争うような強を持つクラゲも存在するので注意していただきたい。ちなみに電気クラゲことカツオノエボシはクラゲのように見えるがヒドロの群体である。

・・・というカツオノエボシがまるでクラゲではないような説明をよくにするが、スタイルが特殊というだけでカツオノエボシは歴としたクラゲである。刺胞動物門ヒドロ鋼にも当然クラゲと呼ばれるものは多数存在し、その中で群体として生活するもののひとつがカツオノエボシである。

は死んだクラゲにも残っており、触れると危険なことには変わりはないので不用意に砂に打ち上げられたクラゲ(カツオノエボシ含む)に触ってはいけない。

万一でクラゲに刺されてしまった場合の応急処置は、タオルなどで触手を取り除き、患部をで洗うことである。皮膚に刺胞毒針が残っているため痛くても決して擦ってはいけない。


ニコニコ大百科に記事のあるクラゲ・クラゲ類の一覧



審議中



クラゲのキャラクター



関連動画



■sm905525[ニコ動]

■sm3711196[ニコ動]
■sm689802[ニコ動]
■sm9851090[ニコ動]


関連静画


■im782017(静画)
■im1136884(静画)


関連商品


■azB000FHVTT4
■az4484004062
■azB00005HVX7


関連項目



最終更新日: 19/09/05 17:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ