ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クリスチアン


ヨミ: クリスチアン
掲示板をミル!
23カキコ!

クリスチアン(Christian)とは、小説銀河英雄伝説』及びそのメディアミックスに登場する人物である。階級は大佐

曽我部和恭OVA) / 遠藤大智Die Neue These


概要


自由惑星同盟の軍人。ドワイト・グリーンヒル大将が率いたクーデターである救軍事会議メンバーの一人として登場する。

同じ救軍事会議エベンスと同じく、過思想を持った青年将校であると思われるが、救軍事会議においてどの程度の地位にあったのかは明示されていない。


スタジアムの虐殺


宇宙797年6月22日、救軍事会議が第11艦隊の喪失、統制経済限界露呈、さらにはトリューニヒトの内通者が救軍事会議内部にいるという噂などによって内憂外患の動揺状態にあった隙を狙って、野党議員のジェシカ・エドワーズがハイネセン記念スタジアムで大規模なクーデターに対する抗議市民集会を開催した。当然救軍事会議としては視することができず、集会を解散させジェシカを拘禁するため、3000人の武装兵とともにクリスチアンを派遣する。

クリスチアンは集会に乱入すると入口をかため、武を誇示して高圧的に取り締まろうとした。もともと反戦的言論に対する嫌悪の感情が強かったらしく、集会に参加していた市民たちを並べさせ、ブラスターを向けながら平和的な言論が暴力にまさるという考えをしているのかと問い、肯定されると暴力ふるい、命乞いをする相手に「死ぬ覚悟もないくせに、でかい口をたたきやがって」と肯定した時以上に暴力を振るうという行為を行ない、平和軍事によってのみたもたれる。武器なき平和などありえない」と集会の参加者たちに言わせようとしていた。

しかし彼は、そのあまりの傍若人ぶりに怒ったジェシカにより、「ルドルフの不肖の子」「いる資格のないところからでておいき」としく罵られる。それは主観的にはルドルフが作った帝国を打倒するための正義行動をとっているつもりのクリスチアンを憤させるのには十分であり、彼は情のままにジェシカを撲殺した。

反発した市民たちによる暴動により、事態はなし崩し的に武弾圧に流れ込み、最終的に市民20000人、軍人1500人の犠牲を出すという大惨事を招いた。クリスチアンは「本格的な衝突」になった時点で「群衆の足もとに消えた」とされており、暴動の勢いのまま、市民たちによって殺されたものと思われる。


Die Neue Theseでの扱い


原作若干役回りが異なり、アスターテ会戦戦没者の慰霊祭という、かなり序盤の段階で登場する。ヤンの場の空気を刺すような態度を叱責した原作の名もない准将の役回りがクリスチアン大佐に変更されており、さらには騎士団の団員であるという設定が追加され、ヤンの官舎を襲撃する団員たちの指揮官もクリスチアンが担っている。この時点では、トリューニヒトに近い過国家主義的将校となっている。

乱編(およそ原作2巻分)では救軍事会議メンバーとして、原作通りスタジアムの集会の鎮圧に登場、武装した兵隊だけでなく装甲車も引き連れてスタジアム内に突入する。

またジェシカに対してした理由も変わっており、自身の行いをルドルフに例えられたことよりも、すでに暴力を受けて血だらけの状態でありながら、まっすぐに乱れぬ瞳でジェシカが彼を糾弾しつづけたことで、「……その瞳……何様のつもりだ!!?と警棒が折れる勢いでぶん殴って撲殺した形になっている。


関連項目



最終更新日: 20/08/11 01:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ