ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クリス・ジェリコ


ヨミ: クリスジェリコ
掲示板をミル!
19カキコ!

クリス・ジェリコとは、カナダ・マニトバ州ウィニペグ出身ニューヨーク育ちのプロレスラー
本名はクリストファーキース・アーヴァイン。

現在は、アメリカプロレス団体・WWEに所属している。


概要


Y2J

1970年11月9日に生まれ、1990年カナダのカルガリーでデビューをする。
将来を期待されていたものの、カルガリー地区の買収問題等が原因でその地を離れることに。
離脱後は戦場メキシコ日本のWAR、そしてカナダ本土などにめて行った。
当時のリングネームは、ライオンライオンハートなどが有名。

様々な苦労を経て、1996年にはアメリカに戻りWCWに参戦。
今は亡きエディ・ゲレロクリスベンワーらとタイトル争いを繰り広げ、1997年6月にはシックスを破って世界クルーザー級王座を初奪取。その後王座は転落するものの、以後クルーザー級王座に通算4度就く。

レスラー構成の都合上、クルーザーの上を行くことは難しく、不満を募らせたジェリコ1999年7月契約満了を待って8月にはWWEへと移籍。移籍後すぐに甘いマスクを買われて「Y2J」の称でトップグループ入り。
12月12日にはチャイナ女子)を破りいきなり王座ナンバー2のインターコンチネンタルIC王座を獲得する(この王座は一時期チャイナと同時保有していたこともある)。その後もカートアングルクリス・ベノワクリスベンワー)とのマッチを制し、ベノワとは1月ロイヤルランブルで行われたラダーマッチで決着し、再びIC王者となった。

2001年には、ザ・ロックとのWCW王座戦勝利し、2か後の12月には"ストーンコールド"スティーブオースチンWWF世界ヘビー級王座をかけて対戦、見事タイトル奪取して史上初のヘビー級統一王座となった。
名をあげたジェリコは、その後もトップヒールとして活躍。レッスルマニア19では、HBKことショーン・マイケルズと対戦。祭典の中でもTOP10には入る名勝負となった。

2003年からはトリッシュ・ストラタス、クリスチャンとの三角関係ストーリーが展開し、2004年3月レッスルマニア20で一年以上続いたトリッシュとの恋愛ストーリーが裏切りという形で幕を閉じた。

2005年2月4日RAWテレビショーさいたまスーパーアリーナ大会ではRAWオープニングマッチで同じく日本での修行を経験したクリス・ベノワサブミッションマッチで対戦。敗れはしたが初の日本でのテレビショーオープニングを飾った。同年のRAWで、GMエリック・ビショフから解雇通告を受けるという設定で退団、自らが所属するロックバンド・Fozzyの活動に専念する。

2年後の2007年11月WWEに復帰。”Welcome to Monday Night RAW is JERICHO”とマイクパフォーマンスをし、観客を賑わせた。復帰後はベビーフェイスとして活躍し、同年の12月PPVアルマゲドンにてランディ・オートンWWE王座をかけて対戦しウォール・オブ・ジェリコを見せたりと奮闘したが、JBL乱入により反則勝ちでタイトル獲得は逃した。
王座戦後はJBLと抗争を繰り広げ、翌年の2月WWE日本演で来日。
日本ツアーにおける有明コロシアム大会で再びオートンとタイトルマッチをしたが惜しくも敗戦。
復帰後は、フェイスバスター生技・コードブレイカーをフィニッシャーとして使い始めた。

3月に行われたジェフ・ハーディとのIC王座戦で通算8回の同王座を獲得。
6月PPVナイト・オブチャンピオンズでのマイケルズの乱入をきっかけにジェリコヒールターングレートアメリカン・バッシュアンフォギヴェン、ノーマーシーで対戦し長期抗争となった。

9月PPVでは、負傷を理由に欠場したCMパンクに変わって世界王座戦に出場し、世界ヘビー級王者となる。
獲得後はバティースタとの2度の防衛戦でも勝利し、11月PPVでは復帰したジョン・シナタイトルマッチシナには敗れ、惜しくも王座墜落となった。

2009年に入ってからは、映画レスラー演の俳優(元プロボクサーでもある)ミッキー・ロークとの抗争に入り、レッスルマニア25ではロディ・パイパー、リッキー・スティムボート、ジミー・スヌーカと対戦。
ウォール・オブ・ジェリコ、エンズイギリ、コードブレイカータップフォール。しかし試合後、観客席で見ていたミッキー・ロークがリングに上がりパンチで殴り倒された。

4月下旬のトレードでスマックダウンに移籍しレイミステリオとの長期抗争に入り、6月PPVのザ・バッシュで決着。
その後は、エッジと統一タッグ王者となり、他のタッグチームと抗争。 7月PPVでは、怪で離脱したエッジに変わってビッグショーが新たにパートナーとなりタイトル防衛。
12月のTLCDXタイトルを奪われるまで長期に及んで防衛ロードを繰り広げた。
また、ゲストホスト制となったRAWにおいてシャキール・オニールがゲストとして登場した放送では、観客から”クリスティーナコールが起こった。

2010年ではエリミネーション・チェンバーアンダーテイカーから世界ヘビ王座を奪取したが、レッスルマニア明けのSDタイトル行使権を実行したジャック・スワガーによりベルトを奪われた。
その後はドラフトによりRAWに再び移籍。次世代のスパスタ発掘番組『NXT』シーズン1ではルーキーウェイド・バレット導、ウェイド自身はランキング1位となりWWEデビューにこぎつけた。後にウェイドはデヴィッドオタンガらNXT1期生とともに反スーパースター集団「NEXUS」を結成。NEXUS分裂後はSD戦場にし、ウェイメンバーから成るユニット"コア"のリーダーとして活躍していた(現在コアは解散している模様)。

その後WWEとの契約が満了し、契約更改に向けた両者のスケジュールが合わなかったため再度離脱。
再びFOZZYの活動を中心とし、WWE本線への合流を狙っていた。

活動が一段落した2012年、再度WWE契約を結び復帰を果たす。
本格的な復帰はロイヤルランブルからで、懸りな技術でシェーマスとの優勝争いを大いに盛り上げた。
RR後はRAWに所属。WWE王者であるCMパンクとの抗争を経て、レッスルマニアでの王座奪還を狙っている。 
その後はFOZZYの活動とWWEの活動を行して行い行ったり来たりの状態であったが、2017年11月5日新日本プロレス大阪大会にてケニー・オメガのUS王座戦後のモニターに登場、2018年1.4東京ドーム大会のシングルマッチアピールし、同大会でUS王座戦が組まれることとなった。
試合では、手な技はいもののクレバーな試合運びでオメガを追いつめるも、椅子に向けての片翼の天使フォール負け。試合後は「もう日本に戻ってくることはい!」と言い放ってこれっきりかと思われたが…

翌日の後楽園ホール大会で内藤哲也の試合後に突如乱入内藤を滅多打ちにして去っていった。
その後5月福岡大会でも乱入し、試合後の内藤を襲撃。大流血に追い込んで、内藤の持つIWGPインターコンチネンタル王座への挑戦をアピールした。
6月大阪大会で内藤突。机や椅子を駆使したしい試合の末、レフェリーブラインドをついた金的攻撃からコードブレイカーを決めて勝利IWGPインターコンチネンタル王座を奪取した。

2019年の1.4東京ドーム大会で内藤哲也相手に防衛線を行うも敗北王座を奪取される。
その後、元バレットクラブコーディー・ローデスヤングバックスケニー・オメガらが立ち上げた新団体AEWに参戦。
初代AEW世界王座決定戦でアダム・ペイジに勝利し、初代王者にいた。

11月新日本プロレス大阪大会中に、突如会場VTRで登場。棚橋弘至相手2020年1.5東京ドーム大会での対戦要を行った。


必殺技



ウォール・オブ・ジェリコ


聖書に由来する、自身の名前を関した必殺技。いわゆる逆エビ固め。
プロレス技の中でもオーソドックスかつポピュラーな技だが、抜群のタイミングで繰り出すことで二の必殺技として成立させている。


コードブレイカー


2007年から使い出したフィニッシャー。
相手の顔面に膝を当てがいつつ後方に倒れ、首や顔にダメージを与える。
飛んできた相手を迎撃したり、走り込んで決めたりとバリエーションが様々


ライオンサルト


セカンドロープからのムーンサルトレス


ジューダスエフェクト


AEW参戦にあたって新たに開発した技。
回転式のバックエルボー


その他


プロレスラー以外に、ミュージシャンとしても活動しており、自身のバンド「Fozzy」を結成している。

日本戦場としていたこともあってか今でも「週刊ゴング」を読しており、平仮名であれば読み書きする事ができ、

流暢な日本語も話せる。 

2009年7月7日・8日のスマックダウン日本武道館大会でも日本語でのマイクパフォーマンスを行った。

上記以外にも、プライベートで頻繁に来日しており、その度にCDショップへ行き、日本ヘヴィメタルバンドCDを買い漁っている事で知られており、過去に都内のHMVCDを視聴している姿が撃された事もある。

(ちなみに、好きな日本人アーティストは「X JAPANラウドネス」とのこと。) 


I am the best in the world at what i do.



Welcome to RAW is JERICHOOOOOOOOOOOOO



関連動画



■sm1770372[ニコ動]

■sm1391513[ニコ動]
■sm1517216[ニコ動]
■sm1717367[ニコ動]

■sm31387500[ニコ動]

関連商品


■azB0000508Q8
■azB000069AX4

■azB0006LY0Z4
■azB0046CZP1C

関連項目



最終更新日: 19/11/11 16:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ