ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クリヴァク級フリゲート


ヨミ: クリヴァクキュウフリゲート
掲示板をミル!
1カキコ!

クリヴァク級フリゲートとは、ソビエト海軍で開発されたフリゲートである。
ソ連海軍での区分は警備艦。
クリヴァク級はNATOコードネームで、正式名称は1135号計画「ブレヴェースニク(ミズナギドリ)」。


概要


ソ連では水上艦は有空母機動艦隊に対抗するため対水上艦打撃を重視していた。しかし1960年代に入り潜水艦発射巡航ミサイルやら潜水艦発射弾道弾搭載潜水艦の実用化に伴い『対潜水艦も重視しようぜー』という話になった。そこで開発されたのがクリヴァク級である。
元々は大対潜艦と分類されており、規模や任務的には米海軍ノックス級フリゲート海上自衛隊のやまぐも護衛艦に相当する。

その船体設計は優秀であり、多数の生艦が存在する。また、1960年代の設計でありながら現在もそのが現役どころか建造中という息の長い船である。

冷戦期にはソ連海軍ワークホースとして大量建造され、対潜やパトロール・警備任務に東奔西走した。
特にクリミア半島で起こったソ艦艇衝突事件の「ベズザヴェートヌイ」の活躍が名高い。これについては後述する『献身者』のエピソードを参照。

特筆すべき点としては推進方式としてCOGOG方式を採用している。低速用と高速用、どちらもガスタービンエンジンを採用しているのであるが、推進スクリューが固定ピッチプロペラなのである。何が言いたいのかというと、低速用ガスタービンに逆転器を組み込み、バックする際はプロペラをわざわざ逆回転させてるのである。ガスタービンはその構造上高回転になるので減速機という歯車の塊を使って減速しまくらないといけないのであるが、その中に逆転器まで押し込むというめんどくさいことをしてるのである。エンジンの回転数が低ければ逆転もそんなに難しい話ではないので、普通固定ピッチプロペラを使う場合は低速用機関は回転数が少ないディーゼルを使うちなみにオールガスタービン艦はCOGAG、COGOGを問わず普通減速機に逆転器など仕込まず、可変ピッチプロペラを使って羽の向きを逆にしてバックする。。どういう技術を使ってあの高回転ガスタービンを逆回転させてるのであろうか……、まさに、おそロシア


クリヴァクⅠ&Ⅱ


ロシア側呼称、1135号計画『ブレヴェースニク』(Ⅰ)1135-M号計画『ブレヴェースニクM』()。
その兵装は、艦直前にでんと控えるRPK-4(NATOコードネームSS-N-14サイレックス)対潜ミサイルの4連装ランチャー。RPK-4は日艦が装備するアスロックの5倍の射程を持ち、小の対潜フリゲートとしては破格の武装と言える。

11番艦『ジャールキィ』日本語で『温』という意味。なんでこんな名前つけるんだろう……。懸垂と固定のソナー二種類を統合した『MGK-365 謀略のズヴェズダーM1』に換装。そして13番艦『レニングラーツキイ・コムソモーレツ』後に『リョーフキイ』に名していると15番艦『プィールキイ』はRBU-6000を取っ払って対艦ミサイル『3M24ウラン』の4連装発射機を置く計画だったが没になりこの部分はスペースとなってしまった。但しソナーは前述のズヴェズダーに交換され、対潜水艦ミサイルRPK-4も対水上艦攻撃も可な上航続距離も増えたURPK-5ラストルーブに交換された。
この三隻は特にNATOコードネームクリヴァクⅠ級』もしくは『クリヴァク級』として区別される。ロシア側も11353号計画(ジャールキイ)、11352号計画(レニングラーツキイ・コムソモーレツ、プィールキイ)と区別している。

クリヴァク級はⅠ級の武装を強化したモデルで、の76㎜100に換装、ソナーなど電子装備も高性なものに換装されている。

性能諸元

全長 123.5m
全幅 14m
排水量 基準: 3,300t
満載: 3,575t
乗員 192
武装
レーダー
ソナー
最大32kt
搭載機 なし(は飛行甲のみあり)
21(Ⅰ)、11隻(

クリヴァクⅢ


KGB配下の警備隊向け仕様ロシア側呼称、11351号計画『ネレーイ』。警備隊とは日本で言えば海上保安庁みたいなもののはずであるが、100積んでたり対潜ロケット対空ミサイルは残してたりフルスペック3次元レーダーと可変深度ソナーを搭載したりと一体みんな誰と戦っているんだ状態である。極東に怪物がいるに受けたんだろうか。

全長 123m
全幅 14m
排水量 3,700t
乗員 192
武装
レーダー
ソナー
最大32kt
搭載機

Ka-27PS 捜索救難ヘリコプター1機
※対潜ヘリKa-27PLやKa-29の運用も可

8隻

改クリヴァクⅢ(タルワー級)


クリヴァク級は警備向けに開発されたはずなのだが、前述の通りやたらと重武装かつヘリの運用も有していたことから「これをベースに本格的な戦闘艦作れないかな」と開発されたが、ロシア海軍が関心を示さなかった(この時点では)ため、インド海軍への輸出用として開発が進められた。
ロシア側呼称は11356号計画。インド側呼称はタルワー級。こちらもまとめてクリヴァク級と呼んだり、クリヴァク級とする場合もあるらしい。

艦上構造物をステルスデザインで一新しており、今までのクリヴァク級とは一線を画す近代的な外見となった。
兵装も全面的に変更され、共通しているのはもはやRBU-6000と533mm長魚雷管くらいになっている。

全長 124,8m
全幅 15,2m
排水量

3,620t(基準)
4,035t(満載)

乗員 180
武装
レーダー
ソナー
  • HUMSA』固定ソナー
  • SSN-137可変深度ソナー
最大32kt
搭載機

Ka-28 対潜ヘリコプター1機
インドドゥルーブ汎用ヘリKa-31期警ヘリの運用も可

6隻


アドミラル・グリゴロヴィチ級(改タルワー級)


アドミラル・ゴルシコフ級フリゲートの開発遅延艦隊所属艦の老朽化に悲鳴を上げたロシア海軍タルワー級をベースに暫定的な新艦として開発した。ロシア側呼称は11356R/M号計画。

基本的にタルワー級を踏襲しているが、こちらは本仕様だけあってC4Iや武装はフルスペックかつ最新のものとなっている。
特にP-800対艦ミサイルの搭載で、キーロフ級以来長らく不在だった長距離水上打撃を獲得した。

当初は9隻を建造予定だったが、ゴルシコフ級完成処が立ったのか2015年には6隻に減らされ、さらにガスタービンの製造元であるウクライナロシアへの輸出を拒否したことによって3隻はインドへの売却が決定した。


次へ»
最終更新日: 17/02/04 12:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ