ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


クレジットカード


ヨミ: クレジットカード
掲示板をミル!
161カキコ!

[画像を見る][画像を見る]

クレジットカードとは、手持ちのお金くても買い物が出来る不思議なカードである。仕組みは、謎です


事例


何勘違いしてやがるんだ?まだの買い物は終わってないぜ!(ひょ?)

速攻魔法発動!クレジットカード!!
社会的信用を担保に効果発動、こいつは限度額の範囲内ならいくらでも買い物が出来るカードだ。
そしてその額だけ、銀行口座から引き落としされる!

あいくぜ!
まず一枚ドロー!楽天カード
二枚目ドロー!ファミマTカード
三枚ドロー!ビックカメラSuica
四枚ドロー!三井住友VISAカード
五枚ドロー!JCBカード
六枚ドロー!ライフカード

:もうやめてあなた!うちはカード破産寸前よ!!


概要


クレジットカードの「クレジット」とは英語で「信用」「信頼」を意味し、カード会社が会員にその信用を元としたサービスを供与するということで、「クレジットカード」という名が付けられた。

カード会員は会社から与えられた「信用」(利用・限度額)の範囲で、カードを加盟店での決済に用いて商品を購入する「ショッピング」、それにカードを用いてカード会社から現を借りる「キャッシング」のサービスを受けることが可。利用した代は後日、カード会社毎に定められた締め日・支払日に基づいて会員に請される。

カード会社が会員に信用を与えて良いか見定めるため、クレジットカードの入会にあたってはカード会社が個々に実施する「」を受ける必要がある。
定収があるもの、クレジットを長期にわたってきちんと利用しているもの(良いクレジットヒストリーがある、という)、定住歴が長いもの、同居家族が多いもの……など、「行方をくらましたり、支払いを怠る危険性が少ない人」が審では良く評価される。
無職フリーターはクレジットカードを持ちにくい、と言われるのはこのためである。
ただし、大学生に関してはこの限りではない。むしろ「学生カード」を発行するカード会社があるなど優遇する動きがある。カード会社にとって「青田買い」の意味合いがあるからと言われている。
またこのことから、日本においてはクレジットカードの収得が可になるのは高校生を除く18歳以上のものとされており、更に未成年者の申し込みに際しては、親権者の同意をめているカード会社が多い。

カード会社の収入は、カード取扱店舗から得られる「加盟店手数料」と、カード会員から得られる「利手数料」及び「年会費」に二分される。
このうち「年会費」に関しては、1990年代以降、一般カードではカード会員に課さない(年会費無料)ものが増加している。そして「年会費」がかかるカードは、かからないカードべてそのサービスが充実しているケースが多い。
また、日本の場合、利用代に前者の「加盟店手数料」(サーチャージ)を加盟店が上乗せして会員に請することは禁じられているため(海外では認めているもある)、会員は「年会費」がかからないカードを用いて「利手数料」がかからない支払方法を選択する限り、現払いと同等の負担でカードを利用することが可である。

クレジットカード会社は会員に対して利用を促すため、クレジットカードの利用額に応じて「ポイント」を与え、それを貯めると金券電子マネー等を含む品に交換できるシステムを採用しているところが多い。「利手数料」がかかる利用方法をしない限り、「現払いよりもカード払いのほうが得」といわれる所以である。


利用枠(限度額)


クレジットカードには「ショッピング」と「キャッシング」のサービスがあり、共に各々の利用内で利用が可であることを先に述べた。今日では
全体の利用」=「ショッピング」⊇「キャッシング
と、キャッシングがショッピングと同じかそれより少なく設定されており、またショッピングを上限まで利用しているときは、それで全体の利用が占められるため、キャッシング不可能になるカードが一般的である。

例えば「限度額50万円、キャッシング10万円」のカードであった場合、キャッシングを上限の10万円まで利用している場合はそのカードでのショッピング利用は40万円しかできず、またショッピングを45万円利用していれば、キャッシングは5万円までしかできないことになる。

ただし、この両サービスは、同じカード会社が提供するサービスでありながら、日本においては適用される法律が異なっている。ショッピングは商品代分割払いを規制する割賦販売法、キャッシング銀行信用金庫等以外の貸業者(カード会社のほか消費者融など)が行う貸業を規制する業法が適用される。

以前は、クレジットカードの利用の決定はカード会社の裁量に委ねられていたが、多重債務者対策として法的に規制を設けるべきというが強まったことにより、2010年には正された両法が施行され、現在ではこの法に準拠してカード会社は利用を定めなければならなくなっている。

特に貸業法については規制内容が強く、「貸付総額は総年収の1/3以内とすること」(総量規制)が原則とされたため、収入がない専業主婦などは自分名義のカードではキャッシングが利用できなくなった。ただし、収入がある配偶者名義のカード家族カード、それに貸業法が適用されない銀行信用金庫等が直接発行するカードに関してはこの限りではない。

また、この法正により、カードのキャッシングがなくなるか削減されそれを利用できなくなった利用者が、ショッピングを用いて商品を購入し、その商品を売却して現を得ようとする、「ショッピング化」の利用が増加したといわれている。それを事業とするところも現れ、ネット上に多く広告を載せるようになったほどである。

しかしながらカード会社の会員規約はショッピングに関し、購入商品の保有権はード会社への支払いが終了するまでード会社にあると定めていることから、カード会社に保有権がある商品を勝手に売却するこの行為は禁止されている。換性の高い商品を連続で購入したり、先述した現化業者の利用が発覚するなど不審な利用があった場合は、カード会社がカードの利用を停止したり、強制退会のうえその利用代を利用者に即時請することができることも、この規約で定められている。

今日日本では、一般カードの場合の利用は概ねショッピングが10~100万、キャッシングが5~50万円程度に定められている。キャッシングに関しては先述の貸業法正の影もあって、を設定しない(キャッシングが利用できない)会社も存在する。ただしゴールドカードプラチナカードの場合、この倍以上の与信が設定されているものもあり、Diners Clubのように明確な利用を定めていないカードも存在する。


支払方法


先述したとおり、クレジットカードの支払方法には「利手数料」が利用者に課せられるものと、課せられないものが存在する。

利手数料」がかかる支払い方法とは、カード一回の利用代を一定の回数で分割して支払う「分割払い」、あるいはカードの利用回数や一回ごとの利用代にかかわらず、その利用残高に基づいてに一定の額を支払う「リボルビング払いリボ払い」である。カード会社が広告等で、これらの支払い方法を宣伝したり、その利用者を優遇するキャンペーンを実施したりするのは、この「利手数料」を会員から徴収したいためである。カード会社の中には、「一回払い」を「リボルビング払い」に変更できるサービス提供していたり、その支払い方法を「リボルビング払い」に限定したカードを発行しているところもある。

一方、カード会社がおのおの定める締め日ごとの毎の利用代を翌ないし翌々に一括して支払う「一回払い」、それにボーナスの時期にまとめて支払う「ボーナス一括払い」の場合は、利手数料が課せられない。また分割払いのうち、「二回払い」に関しては利手数料を課さないカード会社もある。

日本におけるショッピング時のクレジットカード利用は、そのどを「一回払い」が占めている。

おここまでの記述はカードの「ショッピング」に関することであり、「キャッシング」に関してはその支払い方法にかかわらず何らかの利手数料が課せられる。また昨今では出資法正の影を受け、「キャッシング」利用の際にはATMの利用手数料を利用者に課すカード会社が多い。


クレジットカードが使えないことが多い業態


クレジットカードを導入するにあたっては、カードリーダー等の設備投資のほかに、売上に応じてクレジットカード会社が徴収する「加盟店手数料」(詳細後述)が必要になってくる。そのため、一部の業態ではクレジットカードを嫌う傾向がある。

なお、店が手数料を客に負担させるのは基本的にどのクレジットカード会社でも、クレジットカード加盟店規約違反また、三井住友カードグループでは、1回払い・リボルビング払い時におけるカード利用は◯◯円以上から」等の利用制限(下限設定)を行うのもクレジットカード加盟店規約上禁止している。

もし手数料を商品代に上乗せしたり、下限設定を行い、客からカード会社にその件をチクられた場合、クレジットカード会社は規約違反した加盟店に対し是正勧告を行うが、もしそれが悪質だった場合、最悪のケースの場合契約解除 すなわち垢BANとなることもある。特にJCB等はそのことに対しかなり厳しい態度を取ることで有名である。

ここでは日本国内での事情について挙げる。


加盟店手数料相場



次へ»
最終更新日: 17/11/28 02:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ