ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グランクラス


ヨミ: グランクラス
掲示板をミル!
28カキコ!

GranClass

グランクラスとは、東北北海道新幹線北陸新幹線提供されている特別車両である。グリーン車よりもさらに上位の座席とサービス提供する車両という位置づけで、航空機ファーストクラスやかつての国鉄の三等級制時代の一等のような物に相当する。(あくまでほぼ近い存在であり、JRの分類では二等相当と定義付けている。)


概要


東北新幹線の高速化の一環として投入されたE5系新青森側10号に設定されたもので、当初は「スーパーグリーン車(仮)」として案内されていた。「グランクラス」の名称は2010年5月に正式発表されている。
名称はフランス語において「大きな」を意味する「Gran」と英語の「Class」を掛けあわせた造である。

通常のグリーン車よりも上位のサービスであるため、利用料自体もグリーン車より高く設定されている。(通常のグリーン車+5000円前後)
一部車両にはシートサービスのみで+3000円前後もある。ちなみにグランクラスはグリーン車と違い、割引がほぼなく、国会議員が持っているJRグリーン車パスの使用も不可である(特急分、全額払う必要がある)
掛けがバックシェルタイプで、先頭車両が15mのロングノーズで室内が狭くなったことで、それを逆手にとって新幹線ではしい1&2シートを採用して定員を18名とした。座席シートは、一つのボタンによって背もたれや座布団、レッグレスト・フットレストが作動する。これをシートピッチ1,300mm間隔で配置。この数値は航空機内線ファーストクラスシートピッチと同等である。座席後部にはシェルがあるため、リクライニングシートの背もたれを最大まで倒しても後ろの座席に全く影がない構造となっている。

シートの開発には世界シートメーカーRECAROが携わっているグランクラスのシートJR東日本川崎重工業日立製作所との共同開発。また、グランクラスには専任のアテンダントが配置されており、様々なサービスが展開されているなすの」「あさま」及び短区間は座席シートのみで、サービス省略されている。

グランクラスの運用開始はE5系デビューする2011年3月5日で、E5系10号には「はやぶさ」をモチーフにしたマークの他に「G」をモチーフにしたグランクラスマークも付けられている。

また、北陸新幹線E7系/W7系においても設定され、金沢側12号がグランクラスとなった。E7系/W7系グランクラスのシート川崎重工業トヨタ紡織トヨタ紡織鉄道車両シートを開発したのはこれが初。との共同開発。このE7系2014年3月15日ダイヤ正より「あさま」に先行投入された。

2016年に開業した北海道新幹線を走行する「はやぶさ」「はやて」でもグランクラスサービス提供されている。(但し、北海道新幹線区間のみを走行する列車シート営業のみ)

2017年3月に、2018年度より上越新幹線にもE7系が導入され、グランクラスの営業も行うことが発表された。


営業列車


東北新幹線 北陸新幹線 北海道新幹線
列車 サービス開始日 列車 サービス開始日 列車 サービス開始日
はやぶさ 2011年3月5日 あさま 2014年3月15日 はやぶさ 2016年3月26日
はやて 2011年11月19日 かがやき 2015年3月14日 はやて
やまびこ はくたか
なすの 2012年3月17日

なすの」と「あさま」、一部の「はやて」「やまびこ」では座席サービスのみの営業となる。この場合、割安な料が設定される(後述)。

さらに一部の列車は座席サービス提供されていない。


料金の比較


営業キロ 100キロまで 200キロまで 300キロまで 400キロまで 500キロまで 600キロまで 700キロまで 701キロ以上
グリーン 1030円 2060円 3090円 4110円 4110円 4110円 4110円 5140
グランクラス料 JR
JR西
6170 7200円 8230 9250円 10280
JR 6420 7890 - - -

関連動画



■sm13425409[ニコ動]

■sm12765291[ニコ動]


関連コミュニティ


■co50153


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/11/09 20:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ