ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グリペン


ヨミ: グリペン
掲示板をミル!
103カキコ!

グリペン(JAS39 Gripen)とは、スウェーデンで開発された戦闘機である(グリペンはスウェーデン語グリフォンの意)。


概要


サーブ37ビゲンの後継機として1980年から開発が始まり、1996年に部隊運用が開始された。

1980年代において戦闘機開発は巨額の予算と高度な技術を必要とするものであり、小国スゥェーデンではもはや難しいのではないか。という意見もあり当初は外からの輸入も視野にあったらしい。

結果的に自産業総動員のような形でJAS(ヤース)グループが形成される。JASとは、Jact(戦闘)/Atack(攻撃)/Spanning(偵察)の意味もあり、マルチロール(多的任務)化を的とし、高額な原因ともなるアヴィオニクス(電子機器)をシンプルなものにする一方、当時の条件の一つでもあったステルスについてあまりこだわらない形とした。これが可なのもスウェーデン空軍が基本的には迎撃を体としているため、という形もある。ステルスが必要なのは基本的には侵攻・攻撃の場合となるからであるため。

機体形状はビゲンのカナード+デルタ形状を踏襲。機体下にさまざまな兵装を搭載することが可である。

またドラケンビゲンから続く系譜として高速道路を利用した離発着も兼ね備えている。ただし前作のビゲンが任務の多用途化・航続距離延長のために機体が大化、スラストバーサー(逆噴射装置)を搭載したが故に距離離陸に必要な滑走路の補強などを必要としたため、グリペンはこれをあきらめて、航続距離との引き換えに機体の軽量・小化を実現することで短距離離陸を実現した。

また高い整備性も相変わらずで数人の地上クルーにより、着陸から離陸までターンアラウンド時間は極めて短い。

1996年に部隊運用が開始された。単座のA型と複座のB型、それぞれに良を施したCとDが存在する。

現在さらに発展したグリペンNG(Next Generation)が開発中

これはエンジンF/A-18E/Fに搭載しているF414Gエンジンの搭載、AESAの搭載、機体脚部分の設計見直し/位置を変更することによりハードポイントの増加、燃料搭載量の40%増加などを行っている。

現在購入可な新造機の中では購入代に加え維持・整備費も安く済むため、老朽化したF-5MIG-21などの代替として数カに輸出されている。


グリペンE


を向上させた最新2019年12月1号機がスウェーデン空軍に引き渡された。他にブラジル空軍も採用を決めている。スウェーデン空軍グリペンE1号機を受領 運用評価試験へ[外部] 2019.12.26

スイスが進める戦闘機購入計画にも立補していたが、2019年スイスが実施したテスト飛行に間に合わせることができず、脱落した。スイスの戦闘機購入計画 グリペンEが脱落、F35Aなど4機へ[外部] 2019.6.17


日本における知名度について


日本において見ることがかなわない機体にもかかわらず知名度は高い。というのも、「群青の空を越えて」というPC用アダルトゲームの中で登場したりするわけで、ドラケンといい、妙なところで知名度が高い機体と言えるだろう。

それ以外に、人気フライトシューティングゲームエースコンバット」でも初代からちょくちょく出ており、6作エースコンバットZERO」ではライバル機にまで上り詰めている。なおこちらでは、ドラケンビゲンといった他の欧州戦闘機もよく出る。

他にも欧州戦闘機が出てくる日本ゲームはあるが、やはりグリペンを有名にした立役者と言えばこの二つが挙がるだろう。


関連動画



■sm3424385[ニコ動]


関連商品


■azB000I0S78E
■az4863203144
■azB00061HGXC
■az4758010528
■az4048668625


関連項目



最終更新日: 19/12/28 17:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ