ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グルンガスト


ヨミ: グルンガスト
掲示板をミル!
49カキコ!

グルンガスト(Grungust)とは、「スーパーロボット大戦シリーズに登場する機動兵器である。
メカニックデザインを担当したのはに宮武一氏。スレードゲルミルのみ富士幸氏。

当記事ではグルンガスト以外にも、同機体の可変形態及び生機体についても記述する。


グルンガスト


バンプレスト作品に登場するロボット。初出は「第4次スーパーロボット大戦」及び同作のリメイク版にあたる「スーパーロボット大戦F」。
(以下、第4次とFを総括して「旧シリーズ」と記述。)
スーパー主人公の、後半ステージからの専用機体として登場した。テーマ曲は「Time to come」など。
作品によっては「闘士」「闘士グルンガスト」の異名でも呼ばれる場合がある。
リアル主人公の場合は、グルンガストの代わりに「ヒュッケバイン」が登場しており、両機は対の関係と扱われることが多い。

あらゆる戦況で戦えるように、人形態たるグルンガストを基本に戦闘機形態・ウィングガストと重戦車形態・ガストランダーの3種類の形態へ変形できる機構を持つロボットである。機構的にはダイターン3とよく似ている(一応、旧シリーズではダイターン3の搭乗者である破万丈がグルンガスト開発の資援助を行っている)。
そのため、基本的には人で戦うものの状況に応じて戦闘機による中戦や戦車戦も展開できるようになっているため、高い戦闘を備えながらも全体的にバランスの良い機体に仕上がっている。

スーパーロボット大戦F」以降、αシリーズOGシリーズでも同様にグルンガストの名前を持つ機体が登場するため、これらの系列の機体と区別するためにこちらの(無印版)グルンガストを「式」と呼ぶ場合もある。

や体からビーム・熱線を照射する、腕が飛ぶ、変形する、が必殺武器等、往年のスーパーロボットの要素を色濃く反映している。

頭部形状に、獅子、虎バリエーションがあるとされ、現時点でデザインが起こされているのは1号機)と獅子2号機)。単にグルンガストという場合は頭部の1号機をす事が多い。また、頭部は弐式に採用されている。
1号機と2号機は頭部形状の他カラーリングも異なり、2号機は体の配色となっている。また、外観上の相違点に加え、2号機にはT-LINKシステムが搭載されているため念動フィールドを展開することも可


スペック


式番号 SRG-01
全長 48.7m
重量 357.0t
搭乗人員 1人
移動タイプ ・陸(※1)
装甲材質 VG合
ブラックホールエンジン(旧シリーズ
プラズマリアクターOGシリーズ
開発者 テスラライヒ研究所
(旧シリーズジョナサン・カザハラ、ロバート・H・オオミヤ)
ニコラヴィルヘルム研究所(スパロボV
パイロット イルガルト・カザハラ(※2)
シャルロッテ・ヘイスティング(※3)

武装・必殺技


ウィングガスト


グルンガストが戦闘機形態に変形した姿。移動運動性に優れるようになる。

弐式などの生機体にも戦闘機形態への変形機構が備わっていることが多い(Gホーク)。

武装


ガストランダー


グルンガストの戦車形態。
運動性が低下する代わりにこちらは耐久に優れ、足を止めたまま長距離の射撃戦を展開できる。

生機には戦闘機形態と違い、こちらへの変形機構は搭載されていない。

武装


登場作品


第4次スーパーロボット大戦 / 第4次スーパーロボット大戦S

記念すべきデビュー作品。同作25話から使用可
主人公専用の機体として、主人公父親から誕生日プレゼントとして主人公へ渡される。

計都羅喉・暗殺は最初の段階では使用できないが、ゲームがさらに進行すると解禁される。
本作に登場する機体の中でも最上級の戦闘を誇る機体で、特に計都羅喉・暗殺の攻撃(初期値)はなんとゲッター1のストナーサンシャインを上回る。誕生日の設定次第では、主人公が魂や奇跡を使用可になるので、これらの精神コマンドを併用すれば敵戦艦ボスユニットを一撃で葬ることさえ可(特に「F」の頃は「熱血」「魂」にクリティカルヒットが乗る時代だった上、「魂」の効果が『ダメージ2.5倍』ではなく『3倍』だった)。

また、同作のカラオケモードでもヒュッケバイン共々活躍。必殺技『計都羅喉・暗殺』でゲスト軍が誇る機動兵器ライグ・ゲイオス」をっ二つにり捨てている(ゲーム中でも再現する事は不可能ではない。)
他にもPS版「第4次S」ではグルンガストの変形ムービーも登場した。

スーパーロボット大戦F

基本的には上述の第4次と同じだが、こちらは「F完結編」からの登場。
やはりこちらでも屈の強さを持つ機体となっており、計都羅喉・暗殺が最初から使用可
主人公が「魂」を使えるのも相変わらずで、グルンガストの初陣にて登場するオーラシップ「ゲア・ガリング(HP:42000)」を一の元に両断してしまえる強さを速見せつけてくれるほか、改造次第では空母ドロスバラン・シュナイル、果てはヴァルシオンすらも一撃で倒せる可性を持っている。

スーパーロボット大戦αシリーズ

「グルンガスト弐式」「グルンガスト参式」「スレードゲルミル」など、グルンガストの系譜を受け継ぐ機体が様々登場するが、グルンガスト(無印版=式)自体は登場しない。
一応設定上では存在しており、2機が製作されたのち1機が「グルンガスト」としてゲーム中にも登場している。

スーパーロボット大戦OGシリーズ

シリーズと同じ流れで、イルガルト・カザハラの誕生日プレゼントとしてジョナサンから贈られた。
ウィングガスト形態に変形しないとが飛べなくなったものの攻撃の高さは旧シリーズそのままで、序盤からラストまで戦の1機として充分活躍してくれるほか、いまいちパッとしなかった感があるガストランダーが、力武器「ドリルアタック」がかなり強化されて登場しているため気が上がるまでの繋ぎとして運用できるようになっている。
OG2からは調整を受け使いにくくなったが、それでも中々に使い易い。)
グルンガストシリーズが色々と登場する本作でも、元祖グルンガストの貫といったところか戦闘や使い勝手の良さはイルムのエースボーナス(「」の消費SPが45になる)と合わせて全く引けを取らない。

また、OGシリーズではイルム以外にも、乗せかえが可パイロットを任意で代わりに乗せる事も可
シリーズからの縁で、イルムを乗せたまま使い続けているプレイヤーも多いかと思われるが。

スーパーロボット大戦V

スパロボ25周年記念として特別出演。あくまで特別出演のためか、本作では旧作と異なる設定であり、「ニコラヴィルヘルム研究所」に所属し、オリジナルキャラクターシャルロッテ・ヘイスティング」がテストパイロットを務めている。
「F」以降の仕様なのか、PV1で「ファイナルビーム」を披露している。


グルンガスト改(OG版)


グルンガストという機体自体は『スーパーロボット大戦α』が初出だが、弐式のプロトタイプとして位置づけられるα版と異なり、こちらは開発経緯からして異なり、純1号機の強化・修機になっている。
背面に新飛行ユニット「ラウンデル・ウィング」を搭載し、機動火力の向上が図られている (OGシリーズではウィングガスト以外では飛行不可だったが、になったことでグルンガスト形態でも飛行出来るようになった)。 同時にプラズマリアクターも換装され、計都羅睺・暗殺をえる『計都羅睺・五殺』が新たな必殺技として追加となった。

同作でグルンガストフル改造すると得られるボーナス「全搭載武器の攻撃+200」。最終戦まで機体として運用するならば、フル改造を一考してはどうだろう。

武装・必殺技


次へ»
最終更新日: 18/08/31 18:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ