ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グレートネイチャー(カードファイト!! ヴァンガード)


ヨミ: グレートネイチャー
掲示板をミル!
2カキコ!

この記事では、TCGカードファイト!! ヴァンガードクラン(組織)の1つであるグレートネイチャーを扱う。
他のグレートネイチャーについては単語記事を参照。


概要


惑星レイ最高の頭と言われる、知性を持った動物たちの総合大学森林地を含めた広大な土地の中に様々な学科が存在している。
在籍ユニットハイビーストが中心。他にはワービーストワイルドドラゴンが少数存在。

特徴としては「ユニットパワーを+4000する代わりに、そのユニットエンドフェイズに退却する」効果。これにより高いパワーでのアタックを行うことができる反面、何も考えずに使うといたずらカードを消耗してしまう諸刃の剣である。
これをドロップゾーンからの復活やサーチ・ドロー効果で補うのがグレートネイチャーの戦い方である。

初登場から単独デッキが構築可になるまでが非常に長く、1年以上かかっている。これは扱いの難しかったぬばたまに次ぐ長さである。
そのためか当初はどうにも不遇という立場が拭えなかった。

アニメではアジアサーキット編に登場したチームSITジニアスの3人が使用。
ヴァンガードG」以降はチームトリニティドラゴン長良ケイも使用している。


各期におけるグレートネイチャー


1期

ブースターパック第2弾「魂乱舞」にて4種収録。これだけである。

2期

ブースターパック第7弾「王爆進」にて単独デッキが構築可になる。以降2期の全てのレギュラーパックに収録される。
収録カードは多かったが、素のパワー11000のグレード3が存在せず、防御面でやや不安を抱えている。
ちなみに、試験的にメインデッキに入るグレード4学問の体現者 シルベストが登場したが、現在は使用不可能

3期

ブースターパック第13弾「絶禍繚乱」にて4パックぶりに収録。
ここでパワー11000の《特別名誉博士 シャノアール《学園の処罰者 レオパルド“Я”》が登場したことで防御面の不安は解決。両者のシナジーから、1ターン異常なほど手札が増える爆発を持ったクランとして注されるようになった。

4期

ブースターパック未収録。だが、プロモーションパック「レギオン祭」に収録された双闘1種が凄まじいアドバンテージ獲得を持つ。
以後、ブレイクライドユニットである《特別名誉博士 シャノアールと、双闘ユニット魔法科学者 テスターフォックスの組み合わせがグレートネイチャーの定番となる。

5期

ブースターパックG2弾「風華」にて収録。
Gペルソナブラスト持ちの《全智 マーナガルム》が、リアガードガード制限を与える強な効果を持っており、それをを代表格として、Gニット関連のカードが多数収録された他、双闘安価《熱血教授 グルタイガーが登場し、双闘もしやすくなった。


デッキの基本軸


非名称軸

登場時期の関係上、リミットブレイク持ちのグレード3が豊富。
《武装教官 バイソン《双筆の闘士 ポラリスなど、独自の損失補填を持ったユニットが多い。
特にブレイクライドユニット《特別名誉博士 シャノアールはあらゆるデッキに入りうるポテンシャルを持っているが、彼女を使用していると、ヴァンガード彼女である間はヴァンガードパンアップ効果をリアガードに与えられないのが難点となる。
グレートネイチャーには厳しい名称縛りがないため、損失回復効果を持つ以下のカード群をパーツとして採用することになる。

はむすけ互換

カウンターブラスト1で、自身と同名のカードをサーチするユニット
グレード1~3のユニットが「はむすけ」であるが、グレード0のクリティカルトリガールーラー・カメレオンもこの互換。
パワーは低いが、手札の損失を減らしつつ場をけることができるため、後続につなげやすい。

ボーカル・チキン系列

こちらはスペリオルコール。自身ではなくグレード3→2→1→3と、それぞれ対応するカードを呼び出す
パワーは高めだが、手札で損失を補うわけではない為防御面は劣る。しかし、グレード1リコーダー・ドッグ》からグレード3《ポーカル・チキンを呼び出すことができ、速攻性が高い。
また、ヴァンガードでは機しないグレード3を多く採用するため、デッキバランスには気を付けたい。

双闘軸

基本的に魔法科学者 テスターフォックスが中心となる。
双闘の手間こそ必要だが、布が一度完成してしまえば山札に必要なカードを戻しつつ大量の手札増強、同時にカウンターコスト払い戻しが可になる。
もう一つの双闘《熱血教授 グルタイガーも、ヴァンガードと同名カードが必要になることが欠点にはなるが効果は強。両者ともに、テスターフォックスレギオンメイト幻想科学リサーチャー・フォックスとの相性が抜群なのもポイントである。

ロックス

リヴィエール式連携ライドであり、切り札は真理の守護者 ロックス》
カウンターコスト2とペルソナブラストという非常に重いコストを払う上に、連携ライドに成功したターンでなければ払い戻しの類が一切ないが、パワー+4000だけでなくクリティカル+1をリアガードに与えることができるのが特徴。

レオパルド

メインデッキに入る「レオパルド」は、両者ともに退却したリアガードドロップゾーンからコールし直すことができるため、損失を抑えながらパワー+4000の恩恵を得ることができる。
《学園の処罰者 レオパルド“Я”》登場当初は、先述の《特別名誉博士 シャノアールと組み合わせ大なアドバンテージを得る戦法が流。この構築だと《学園の狩人 レオパルド》が入らないが、そちらはエンドフェイズに効果が発動するため、専用Gユニット《学園特務捜レオパルド・チェイサーをはじめとしたGユニットとの相性がいい。

ビッグベリー

実質的な越軸デッキボーナス持ちの《名物博士 ビッグベリーが中心となる。
ビッグベリーボーナスをはじめ、「ユニットを退却させずにエンドフェイズまでのパワー+4000と何かしらのメリット効果を加える」が登場しはじめている。
パーツとしては、ブーストされた時にリアガードスタンドさせた上でパワー+4000と自壊効果、ドローを与えるクレヨンタイガーが優秀。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 15/10/15 07:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ