ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グロック17


ヨミ: グロックジュウナナ
掲示板をミル!
30カキコ!

グロック17とは、オーストリア製の自動拳銃である。開発したグロック社は元々軍用ナイフスコップ機関銃のベルトリンクなどを製造していた会社であり、同社初のであると同時に大ベストセラー品である。バリエーショングロック18該当項目を参照。


概要


口径は9mm9mmパラベラム弾に代表される9mm×19弾が使用される。標準的なモデルでは装弾数は17発。

特徴として挙げられるのは特殊プラスチック製のフレーム(ポリマーフレーム)である。ポリマーフレーム自体はヘッケラー&コッホVP70(ただし強度を補うため金属製のインナーフレームが一部仕込まれている)が既にあったが、そのが商業的に失敗だったこともありグロック17は「世界初のプラスチックを用いた」という誤解と共に広まることとなった。

発表当時はハンマーもなくおもちゃのような外見から「ダサいうえ変わり者の」と酷評されたものの、軽量で携帯のしやすさから現在では様々な警察・捜機関で扱われている。映画ゲームなどの登場作品も較的多い。

後に様々なモデルが製造され、知名度を上げた。

また映画ダイ・ハード2」で「グロック拳銃はX線でも感知しない」とのセリフありこれによっても知名度を上げたが、これは誤りである。実際はスライドや身が金属製であるため金属探知やX線検に容易に引っかかる。とは言えフレーム自体はX線検では写らないことから一拳銃と分からないというのはあったようで、グロック社も後にプラスチック部品にX線に写る造影剤を添加するようになったらしい。


シリーズ構成


スタンダード コンパクト サブコンパクト サブコンパクト
(スリムシリーズ
コンペティション
(競技用) 
9×19mm 17 19 26 34
.40 S&W 22 23 27 35
10mmオート 20 29
.45 G.A.P. 37 38 39
.45 オート 21 30 36 41
.380 オート 25 28 42
.357 SIG 31 32 33

その他


ダイハード

ダイハード2で登場したグロックは実は架空銃である。主人公ジョン・マクレーンはグロック17ではなく「グロック7」と呼んでいる。(見たはまんまグロック17の1stモデルであるがw)

またマクレーンは「お前の給料じゃ買えない」と発言したがグロックは約500ドルで購入でき、軍用拳銃での1番安い部類に入る。

この2つからダイハード2に登場するグロックは「グロック17をベーステロリストがX線に映らない様に改造したグロック7」と考えるのが妥当かもしれない。※注※この項は筆者の推測です。

ダークナイト

 映画ダークナイト」で悪役ジョーカーメインアームとして使用したグロックは「フルオート改造をし、30連マガジンを装備したシルバースライドのグロック17(関連動画参照)」でありグロック18Cではない。その為、グロック18Cに間違われる事が多いが、前述した外見から多くの銃器が登場するこの映画でも異色を放っている。

世界初のポリマーフレーム??

前述の通り世界初のポリマーオートVP70なのであるがVP70の製造会社H&Kグロック社で意見が食い違っている。H&K社はVP70を世界初のポリマーフレームであるとしているがグロック社はカタログで「グロック17が登場するまでポリマーフレームは存在していなかった」とVP70を全になかった物としている。

VP70は重量が金属フレームと変わらず、ただ安く抑えれるからポリマーにしただけで、ポリマーのメリットを十分考えて製作したグロックとは設計思想が異なる。

正確には「単純にフレームがポリマーのVP70が初めてだが実用的なポリマーフレームグロックが最初」となる。

グロックの数字

グロックの17という数字は装弾数が17発だからという説とグロックを発売する際取得した特許が17個だったからという2つの説があり実際はである。そしてバリエーションは17から順に37まで1つづつ数字で数えている。これは銃火器の中でもかなりしい事でグロック社が元々銃器メーカーでなく、他の銃器メーカーと異なるネーミングをしているからである。しかしもう既に21種類のバリエーションが出ており、全て非常にややこしくなっている。銃器専門ですら全てのバリエーション璧答えれる人は少ない程である。


関連動画



■sm3971958[ニコ動]

■sm481618[ニコ動]


関連商品


■azB0003JAFHQ
■azB002DR3H12


外部リンク



関連項目



最終更新日: 17/08/22 10:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ