ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ケイエスミラクル


ヨミ: ケイエスミラクル
掲示板をミル!
5カキコ!

ケイエスミラクルとは、日本の元競走馬である。
奇跡の結晶としか言いようのない、そんな。 


概要


日本ではミスタープロスペクター系が「アメリカダートの短距離専門だろ?」くらいの認識の時期に輸入されただが、
40戦3勝、このの他には重賞で活躍したが一頭もいない三流種Stutz Blackhawkも近親にCrafty Prospectorがいるくらいという地味過ぎる血統で、なんと3万ドルという安さであった。
日本にわざわざ輸入する理由がないレベル…は言いすぎかもしれないが、異系種としての期待を込めて輸入するったって限度があるぞっていう感じであった。
のちの快速を血統的に見ると、Never BendDr.Fagerという快速の血が入ったことが良かったのかもしれない。

とまあ、けちょんけちょんに言ってしまったのだが、このアレさは血統のみにあらず。生まれつき日本脳炎を患いデビュー出来るかおぼつかないという状態だったのである。
さん、騙されちゃったのォ!!ってレベルであったがなんとかこれは治。いやあ、3万ドル駄にならずよかったよかった…と思ったのもつかの間、
デビュー前に深刻な脚部不安を発症。もうだめだぁ…おしまいだぁ…と思われたがこれも奇跡的に快方に向かった。
二度も奇跡を起こしたことから、彼の名は冠名のケイエスに、ミラクルをつけることとなったのであった。

デビューしたのは1991年4月。ここは2着に敗れるが2戦勝利。その後札幌競馬レコードで4身、続くレースでは9ぶっちぎり一躍話題の的となった。
ちなみに1200mでこれだけぶっちぎるということは、スピードが違いすぎるということである。展開のアヤ何もない
9身ちぎった時は条件戦なのに単にされる圧倒的な支持を受けた。そんな勢いのままセントウルステークスに臨んだがなんとブービー負け。
これで人気も一旦冷めてしまったのだが、オープンのオパールステークスをレコード勝ち。スワンステークスに向かった。
ここは勝ちが集中していた1200mではなく1400mで、メンバーダイイチルビーダイタクヘリオスがいるなど強だったことから
5番人気とやや低めに見られたが、ダイイチルビー以下をねじ伏せてレコード勝ちを収める。こりゃ短距離の新誕生かと言うことで、次走のマイルチャンピオンシップでは3番人気になったのだが
京都1600mなら本気出すと言ったかどうかは知らないが、例によって爆走して押し切ったダイタクヘリオスに敗れて3着に終わった。
脚に疲れが見えたため、本来ならここで休養する予定だったのだがマイルGⅠでも勝負になったんだからスプリントGⅠならただ貰いだろうというの意向で
当時年末開催のスプリンターズステークスへ向かうこととなった。ここでは勝ちが集中しているスプリント戦でダイイチルビーレコードで負かしたスピードがあるなら
充分勝てるだろうと一番人気に推された。レースでも素晴らしいスピードを見せ、4コーナーくも先頭に並びかける勢いで進出。
これはダイイチルビーとの戦になるぞと思われたが…荒れた中山馬場に脚を取られたか、生まれつきの体質の弱さが、一年で10戦したことに耐えられなかったか
彼の脚は砕けてしまった。せめて、生きて種入り出来れば…当時はミスタープロスペクター直系はレアだし、スピードは充分示した、生きてくれ…
三度奇跡を願ったかはわからないが、三度奇跡が起こり彼を救うことはなかった。予後不良殺となった。

ちなみに、このは彼が勝ったスワンステークス以降、重賞を勝つを所有することはなかった。
彼を大事に使っていれば、もっと勝てていたかもしれないが…所詮たらればの話である。
とにかく後に残ったのは、8ヶの間にレコードを3回作った、当時としては奇跡のような快速が呆気く消えていったという、悲しい事実のみである。 


関連動画



■sm6308519[ニコ動]

■sm320414[ニコ動]


関連商品


ケイエスミラクルに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


ケイエスミラクルに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 12/11/06 14:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ